忍者ブログ

時代を見通す日本の基礎情報

日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the

六代目山口組総本部家宅捜査に見る警察の狙い振込詐欺はなぜ無くならないのか?

 ヤクザにとって家宅捜査とは、日常茶飯事の出来事である。連日のようにどこかしこで組員が逮捕されており、その度に警察当局は関係先として組事務所に家宅捜査をかけている。そういった背景から見れば、六代目山口組傘下組織の幹部が特殊詐欺に関与していた疑いがあるとして逮捕され、その関係先として9日に兵庫県神戸市篠原にある六代目山口組総本部に家宅捜査が入ったこと自体、特段珍しいことではないと言えるだろう。

 ただ特殊詐欺の関係先として、家宅捜査を行ったという一点を除いては、である

 オレオレ詐欺から始まった振り込め詐欺は、「特殊詐欺」という法的にも新たな罪名を生み出したほどの社会的被害を与え、今なお裏社会の重要な資金源となっている。特殊詐欺と言えば、どうしても半グレと呼ばれる、ヤクザではなく、かと言ってカタギではない不良層のアンダービジネス的イメージが強いが、その背景には、必ずヤクザの存在が見え隠れしているのだ。

 現役の幹部が直接、現場に出て指揮を執るケースもあれば、ヤクザ独自のネットワークやヤクザが抱えるバックボーン。暴力や人脈があるからこそ、成り立っている側面もある。
 こうした背景に気がついてるからこそ、警察当局ではヤクザの資金源を根底から断つ意味も含めて、六代目山口組総本部へと家宅捜査をかけてみせたのではないだろうか。

 「今回の家宅捜査を、これまでの通り一遍的な家宅捜査だと考えない方が良いのではないでしょうか。警察当局ではこれを機に突き上げ捜査を展開し、六代目山口組上層部に対する使用者責任まで視野に入れているのではないかという話まで出ています」(犯罪事情に詳しいジャーナリスト)

 既に関東の組織に対しては、配下の幹部らが特殊詐欺に関与していたとして、トップに対する使用者責任を追及して見せているのだ。
 その事例からもこの関係者が口にするように、六代目山口組上層部にまで焦点を定めていたとしても決しておかしくはないと言えるのではないだろうか。

 それでも特殊詐欺を根絶させることができるか、と言えばそれは不可能に近い。手を替え品を替えしながらも、年々巧妙化し特殊詐欺は存在し続けている。
 おそらくそれは今後一層、法的に特殊詐欺を厳罰化したとしても変わらないだろう。何故ならば、それだけ儲かるビジネスとして現世に根付いてしまっているからだ。

 特にヤクザ社会は、近年稀に見る取り締まりの強化により、徹底的に収入源を途絶えられてしまっている。その反動で、背に腹はかえられず儲かるビジネスとして定着してしまっている特殊詐欺に手を染める組員らがいたとしても、おかしくはないのではないだろうか。

 いつの世も行き過ぎた締め付けは、必ずどこかに歪みを生じさせてしまう。特殊詐欺こそが、現代のそうした歪みそのものなのかもしれない

PR