忍者ブログ

時代を見通す日本の基礎情報

日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the

なぜ?竹島に住む韓国のマスコット犬に動物虐待疑惑もともと独島にいなかった犬だろう」

2018年1月4日、韓国・ソウル新聞によると、竹島(韓国名:独島)のマスコット犬とされ、竹島で暮らす「サプサル犬」が繁殖防止のための去勢手術を受けたことが明らかになった。 

「韓国サプサル犬財団」と「独島警備隊」によると、現在竹島で暮らす第6世代の1歳になるサプサル犬のつがいは子孫を残すことができない。サプサル犬財団の関係者によると、2012年独島に連れてきた第4世代のサプサル犬から繁殖を制限するために雄に去勢手術を行っているという。 

天然記念物第368号に指定されたサプサル犬は1999年3月から竹島に入り警備隊とともに暮らしている。記事は「当時サプサル犬財団は日本植民地時代に、日本が韓国の在来犬であるサプサル犬を毎年数十万匹ずつ射殺した歴史を勘案し、サプサル犬を独島の守護神として象徴化しようと言う事になり独島警備隊に雌雄一対を寄贈した」と経緯を紹介した。 

以後、竹島に渡った1〜3世代のサプサル犬のつがいは現地で旺盛な繁殖力を誇り、1999年10月に第1世代が7匹の子孫を残したのを皮切りに2011年までの10年余りの間に、毎年その数を増やした。 

サプサル犬財団が竹島のサプサル犬の雄を対象に去勢手術を実施したのは、竹島で3匹以上を育てるのが現実的に難しいという判断からだった。竹島にはサプサル犬の管理担当要員がおらず、増え続ける個体数の管理が困難なうえ、サプサル犬が海ツバメやウミネコなどの卵を食べつくしてしまう点が環境部と環境活動家らから問題視されていた。 

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「犬や猫は人為的にコントロールしなければ、個体数が爆発的に増えるからな」「個体数の管理は必要なこと」「去勢は必要だと思う」「去勢は動物虐待じゃなくて動物保護と言えると思う」など、去勢処置に理解の声が寄せられた。 

その一方で、「動物虐待じゃないのか?」「去勢するんだったら、生まれた子供の里親を探した方がいい」など、去勢に反対する意見もみられた。 

その他に「もともとサプサル犬は独島にいなかった犬だろう」とするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)
PR

米紙記事に中国が反発=中国軍の戦闘能力では台湾武力統一は困難

2018年1月6日、米ボイス・オブ・アメリカによると、米紙ワシントン・ポストは5日、記事「中国は本当に台湾を奪取できるのか?」を掲載した。 

蔡英文(ツァイ・インウェン)政権誕生以来中国本土は台湾にさまざまな圧力をかけている。昨年末には李克新(リー・カーシン)駐米中国公使が「米軍艦艇が高雄に寄港することがあれば、その日こそ人民解放軍によって武力統一が行われる時となる」と発言し、注目を集めた。 

しかし本当に人民解放軍には台湾を奪取する能力があるのだろうか。米国の専門家はさまざまな課題を指摘している。侵攻作戦を行った場合、中国は初日に2万6000人、以降1日ごとに1万5000人を上陸させる能力があるが、台湾は15万人の陸軍を速やかに動員することが可能で勝利は難しい。また米軍が参戦した場合、原子力潜水艦は中国の揚陸艦艇にやすやすと大打撃を与える力を持つという。 

中国メディアの環球網は6日、ワシントン・ポストに反論する記事を掲載した。台湾政府ですら中国軍の能力を正確に測る力を持っていないのに、米国の専門家がどこまで理解しているのかと指摘した上で、中国統一を阻害し中台の対立を煽る記事だと批判している

●起業したいけど具体的に何をしたらいいかわからない人が自分のビジネスを見つけるためのワーク(新着

ビジネス、マネー
□□□

●起業したいけど具体的に何をしたらいいかわからない人が自分のビジネスを見つけるためのワーク(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63433

ビジネスの本質を知り、

ビジョンを明確にする方法。


自己分析ワークシートやビジネスアイデアワークシートもあるので、

実際に書き出してみることで

頭の中を整理し、自分のビジネスを発見できるかもしれません!

また、会社設立についてや、

補助金・助成金の情報収集についても

わかりやすく解説しています。

  読む -> http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63433



●【FX全知識】FXトレーディングカレッジ<完全版>|メガバンク出身のプロが徹底解説◆動画50本超、PDF700ページ超の国内No1の無料学習コンテンツ(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63432

【概要】
『FXトレーディングカレッジ』は、メガバンク出身のプロが監修し作成した、FXについてゼロから学べる完全無料のWeb総合コンテンツです。記事だけではなく、動画をふんだんに盛り込み、初心者でも理解できるように難しい用語等を使わずに分かりやすく丁寧に説明しております。当コンテンツを一通り学習して頂ければ、これからFXを始める初心者の方でも最速で稼ぐスキルを身に付けることができます。

【紹介】
こんにちは、FXトレーダーのT-yaです。

当レポートに興味を持ってくださり
ありがとうございます!

《誰よりも分かりやすく説明する!!》

をモットーに、オリジナルイラストやアニメーションなどを使用して
初心者の方でも理解できるよう1つも手を抜かず丁寧に作成致しました。

また、内容の方も、大手銀行での為替ディーラー業務の経験を活かし、
他の人では真似できない例なども盛り込んでおります。

これからFXを始める方、また始めたけどまだよく分からないという人は、
是非当コンテンツを手に取って頂ければと思います。

◆コンテンツ内容
「FXトレーディングカレッジ 学習プログラム<完全版>」

第1章 FX入門講座(全8回):FXの仕組み、チャートと為替レートの見方、通貨ペアの種類、注文方法等
第2章 FX初心者講座(全25回):FXで稼ぐための基礎スキル、テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析等
第3章 FX中級者講座(全10回):高勝率のエントリー手法、大衆が負ける理由、トレンド把握スキル、メンタル等


高いお金を払って、その辺のFX塾やスクール、書籍に手を出す必要はありません。

まずは、当コンテンツでFXについて勉強しましょう!

  読む -> http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63432

起業したいけど具体的に何をしたらいいかわからない人が自分のビジネスを見つけるためのワーク(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63433

●【FX全知識】FXトレーディングカレッジ<完全版>|メガバンク出身のプロが徹底解説◆動画50本超、PDF700ページ超の国内No1の無料学習コンテンツ(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63432

●21歳天然女子が年収2500万円稼ぐ秘密(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63431

●【必殺】メールアドレス1つでTwitterのアカウントを大量生産する方法(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63426

●【門外不出の情報…】YouTubeの激ヤバリサーチ法を徹底解説!初心者の為にもアカウント開設の手順や応用の激ヤバリサーチ法まで徹底解説します!(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63425

●頭っから詐欺!と決めつけるのはもったいない!内職商法に騙されず、優良在宅ワークを見極めて、毎月確実に現金をもらうための3つのポイント(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63424

●【真のYouTuberへ】 YouTube動画のアクセスを一気に上げるタグ攻略法(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63423

●【極秘】YouTube動画を1発で再生数UPする方法!(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63422


出会い系で出会うための極意(新着)


出会い系攻略【タイプ別ギャル編】(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63429

出会い系サイトでギャル限定で特徴から好かれる方法など、細かく書いています。このレポートでギャルのことを知って、あなたもギャルとイチャイチャしてください。

ギャルって意外と素直です。特徴をつかめば簡単にあなたの虜になります。可愛いギャルとSEXするには、ギャルの本質を知らないといけません。

ギャルの本質を知ってあなたの思い通りに出会い系を攻略してください。

  読む -> http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63429



●出会い系サイト完全攻略マニュアル(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63418

出会い系完全攻略マニュアルは出会い系サイトで
会えない・ホテルに連れていけない・ヤレないを
解決できるマニュアルです。

手順に沿って実行してもらえれば、必ずあなたの
思い通りの女性に変身します。

テクニックやノウハウを40ページにわたり盛り
込んでますので、手に取ってみてください。

  読む -> http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63418



●出会い系で出会うための極意(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63339

出会い系で女性との出会いに困らなくなった40代オヤジです。
私が出会い系サイトで身につけた出会えるノウハウを一冊にまとめた
”出会い系で出会うための極意”
をPDFファイルで無料配布します。

出会い系での出会うのにいちばん重要な事は、
出会える出会い系を使う事です。

この極意でお勧めしている出会い系サイトは登録無料で
ポイント代も1ポイント10円という料金設定です。
財布をいためる事無くリアルな出会いに繋げる事が可能です。

そんな出会いに必要なノウハウが詰まった
”出会い系で出会うための極意”
を無料でダウンロードして読む事ができます。

  読む -> http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63339










出会い系攻略【タイプ別ギャル編】(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63429

●出会い系サイト完全攻略マニュアル(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63418

●出会い系で出会うための極意(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63339

●【神様の正体】神様が与えてくれた5つの課題(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63169

●もうこれ一冊ですべてうまくいく!「成功者の99%は皆やっている儀式」(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63164

●鍼灸師の視点から見た恋愛成功のコツ(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/62916

●自分中心と他者中心の感覚の違い(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/62868

●「秘密にしてね」これだけで女を口説く極悪マニュアル(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/62847

米外交専門誌が示す「認めたくない未来」北朝鮮攻撃は避けられないのか 先送りすれば死者は5倍以上との説も

核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への対応について、米外交専門誌「ナショナル・インタレスト」(電子版)は、「選択肢は予防戦争しかない」との衝撃的なレポートを発表した。近く北朝鮮を攻撃し戦争が始まった場合の死者は約140万人だが、開戦を回避してもいずれ「偶発的核戦争」が起こり、5・5倍の約770万人が犠牲になる恐れがあるというのだ。同誌の「戦争への計算式」は、誰もが認めたくない未来を示している。(岡田敏彦)


4日、米韓合同空中訓練のため韓国・光州の空軍基地から飛び立つ米軍の最新鋭ステルス戦闘機F22。戦争が起こった場合「一番槍」となる可能性が高い(AP)4日、米韓合同空中訓練のため韓国・光州の空軍基地から飛び立つ米軍の最新鋭ステルス戦闘機F22。戦争が起こった場合「一番槍」となる可能性が高い(AP

 140万人が…


 レポートでは、北朝鮮対応の選択肢を「核抑止」と「予防戦争」の2択だと指摘する。「核抑止」とは、北朝鮮と米国が互いに核兵器を持つことで戦争を回避する考え方だ。
敵対する2国の間で核戦争が始まれば、先制攻撃を受けた国でも地下などにある極秘の核ミサイル発射基地が複数生き残り、そこから報復の核ミサイルが発射されて2国とも壊滅するとの考え方(相互確証破壊)が基礎にある。
一方の「予防戦争」とは、北朝鮮が核弾頭搭載の弾道ミサイルを実戦配備するなど核兵器による攻撃能力を持つ前に、軍事的攻撃で核を無力化しようというものだ。


 どちらを選ぶべきなのか。レポートの著者のケビン・ジェームス氏は、まず現在の北朝鮮の核攻撃能力を分析。米シンクタンク、科学国際安全保障研究所のデビッド・オルブライト氏によるデータから「北朝鮮が2018年時点で持つ核兵器は、20キロトンの核弾頭25発」とし、以降毎年4発を製造し増えていくと想定した。また今後数年間で250キロトンの核弾頭を搭載した、米国にも到達する大陸間弾道ミサイルの実戦配備も可能になるとの考え方を基礎としている。


 これを前提に、2018年に予防戦争を行った場合はどうなるか。


ジェームス氏は「金正恩政権の破壊を目的に予防戦争を行った場合は、北朝鮮が韓国と日本へ核攻撃を行う、もしくは攻撃を試みることにつながる」とし、20キロトン弾頭のミサイルは半数が韓国を、残る半数が日本を標的に発射されると想定。一方で韓国に配備された高高度防衛ミサイル(THAAD)や日米のイージス艦に配備されたSM-3、空自の迎撃ミサイルPAC3などで迎撃される可能性や、機械的な故障もふまえ、半数が失敗、残る半数が目標上空で爆発したとの仮定で死者数を算出した結果、日本と韓国で140万人が死亡すると予測する。


 第二次大戦時の広島と長崎での原子爆弾による死者数(広島14万人、長崎9万人)を遙かに上回る大惨事となる。「予防戦争」など決してあってはならない、と誰もが思うだろう。しかし予防戦争を行わなかった場合の結果は、さらに悲惨な事態につながるとジェームス氏は強調する


 判断ミスが核戦争に


 予防戦争を行わない場合、北朝鮮は核・ミサイル開発を放棄せず“話し合い”も空しく北朝鮮の核保有・核開発が続くとジェームス氏はみる。これはもうひとつの選択肢である「核抑止」の状態だが、大きなリスクが潜んでいる。偶発的に核戦争が始まる危険性だ。冷戦時代、米国とソ連は核抑止の状態にあったが、危機一髪の事態を何度も経験している。


 今年9月20日、「核戦争を防いだ旧ソ連軍人死去」とのニュースが報じられた。旧ソ連軍中佐のスタニスラフ・ペトロフ氏が今年5月、モスクワ郊外の自宅で死去していたことがわかったのだ。ペトロフ氏は米弾道ミサイルの警戒任務中の1983年9月26日、5発のミサイルが発射されたとする警報を受信したが、ミサイルの数の少なさなどから警報システムの誤作動と判断し上官に報告しなかった。実際にミサイルは発射されておらず、同氏の判断により米ソは核戦争に突入する危機を免れることができたとされる。


 より緊迫した事態が、962年のキューバ危機の際に発生している。


米国とわずか150キロしか離れていないキューバにミサイル基地を建設しようとしたソ連(現ロシア)が、4隻の潜水艦を近海に派遣した。潜水艦には強力な米空母艦隊を葬り去ることのできる核兵器(核魚雷)が搭載されており、発射の権限は艦長に一任されていた。艦長の階級は中佐。日本の企業でいえば課長級にあたる士官が、核兵器使用という世界の運命を左右する攻撃の権利を“握らされた”のだ。


 ピーター・ハクソーゼン著「OCTOBER FURY」(邦題「対潜水域」)などによると、米海軍は4隻を無力化(浮上)させようと公海上で模擬爆雷による“攻撃”を実施。ソ連の潜水艦は無線交信不可能な潜水状態を余儀なくされ、外界の情報は途絶える。4隻のうちの1隻「B-59」の艦長は、すでに米ソの戦争は始まったと判断。しかしB-59には艦長のほかに政治将校と、副艦長にして部隊司令のヴァシリイ・アルヒーポフの3人が乗っており、この艦だけは核兵器の使用に3人全員の意見一致が必要だった。


 艦長と政治将校が核兵器使用を主張するなか、アルヒーポフだけが使用を拒否。浮上してモスクワに指示を仰ぐべきだと主張した。結局、米艦隊が蝟集(いしゅう)する海域に浮上し“降参”する形となったが、乗組員は核戦争が起きていないことを知り安堵する。もしアルヒーポフが何らかの事情で乗艦していなかったら、キューバ危機が米ソの核戦争に直結した可能性は否定できない。


 警報システムの誤作動という技術的問題、あるいは軍事的な状況の誤認、またヒューマンエラーなどが偶発的核戦争の原因となる。


 問題の先送り


 ジェームス氏によると、システムの信頼性を分析する工学手法である「信頼性工学」に基づいて専門家が推定した、偶発的な米ソ核戦争の発生確率は「年間2%」で、ジェームス氏もこれを妥当と判断する。つまり「核抑止」を選べば、年間2%の核戦争の危険を甘受しなければならないということだ


一方で北朝鮮の核兵器は年に4発ずつ増え、戦争となった場合の日韓の被害も甚大となる。さらに数年後には、北朝鮮は米本土に到達する250キロトンの核弾頭を搭載する大陸間弾道弾も開発する可能性が高い。ジェームス氏は「2020年の戦争では360万人、2048年の戦争では3420万人が(日米韓で)死亡する」と指摘。「今後30年間の年平均では750万人の死者につながる」との結果を導き出した。また、今後30年間で偶発的核戦争の起こる可能性を25%と仮定した場合、年平均で死者数は440万人としている。


 無謀な賭け


 この「計算」にジェームス氏は注釈をつけている。予防戦争の場合の死者数は「非常に悲観的な見積もり」で、核抑止を選んだ場合の死者数の推定値は「極めて楽観的」だというのだ。例えば核兵器が目標に到達、爆発する確率を50%のまま計算していることなどで、実際には確率は高まり、威力も増す可能性がある。


 さらに「2%」は米ソ間での確率であり、相手が北朝鮮の場合は「偶発的な核戦争が起こる確率はおそらくはるかに高い」と分析。予防戦争を行わず、核抑止の道を選ぶことは、「北朝鮮の早期警戒システムが決して故障しない方に賭けること」であり、「核兵器を扱う北朝鮮軍将校は米国のミサイル攻撃の警報を受けても命令に従わず、あいまいな本能で真偽を判断すること」に賭けることだとしたうえで「継続的な幸運を必要とする賭けは無謀で愚かだ」と指摘する。



 そのうえでオバマ前政権の無策を批判し「米国の政策の目標は、今後より強力になる北朝鮮による偶発的核戦争のリスクを除去すること」で「予防戦争はその目標を達成できる唯一の方法」と結んでいる。