忍者ブログ

時代を見通す日本の基礎情報

日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the

中国は、ソ連と同じ冷戦敗北の軌道に入っているのか

習近平氏が率いる中国は、ソ連と同じ運命を辿るのか(ロイター)
Messenger

 【湯浅博の世界読解】

 米ソ冷戦の到来は、時間をかけてジワジワと始まった。そして、時代に鋭敏なチャーチル元英首相が1946年、欧州を分断する「鉄のカーテン」がソ連により降ろされたと、その到来を告げた。あのソ連崩壊から四半世紀が過ぎて、今度は対中「新冷戦」の到来が語られている。

 本欄でも米中冷戦の気配を紹介はしたが、ペンス米副大統領の4日の発言によって熱を帯びてきた。ここでは中国研究の第一人者、米クレアモント・マッケナ大学のミンシン・ペイ教授の見解から、米ソ冷戦と比較しながら新冷戦の行方を展望しよう。
米ソ冷戦初期のころ、ソ連がやがて米国を追い越すことになると考えられていた。共産主義が欧州に浸透し、ソ連経済は今の中国のように年6%近い成長だった。ブレジネフ時代には550万人の通常兵力を持ち、核戦力で米国を追い抜き、ソ連から東欧向けの援助が3倍に増えた。

 だが、おごるソ連システムに腐食が進む。一党独裁体制の秘密主義と権力闘争、経済統計の水増しなどどこかの国とよく似た体質である。やがてソ連崩壊への道に転げ落ちていった。

ソ連共産党が91年に崩壊したとき、もっとも衝撃を受けたのが中国共産党だった。彼らはただちにソ連崩壊の理由を調べ、原因の多くをゴルバチョフ大統領の責任とみた。しかし、ペイ教授によれば、党指導部はそれだけでは不安が払拭できず、3つの重要な教訓を導き出した。

 中国はまず、ソ連が失敗した経済の弱点を洗い出し、経済力の強化を目標とした。中国共産党は過去の経済成長策によって、一人当たりの名目国内総生産(GDP)を91年の333ドルから2017年には7329ドルに急上昇させ「経済の奇跡」を成し遂げた。
他方で中国は、国有企業に手をつけず、債務水準が重圧となり、急速な高齢化が進んで先行きの不安が大きくなる。これにトランプ政権との貿易戦争が重なって、成長の鈍化は避けられない。しかも、米国との軍拡競争に耐えるだけの持続可能な成長モデルに欠く、とペイ教授はいう。

 第2に、ソ連は高コストの紛争に巻き込まれ、軍事費の重圧に苦しんだ。中国もまた、先軍主義の常として軍事費の伸びが成長率を上回る。25年に米国の国防費を抜き、30年代にはGDPで米国を抜くとの予測まである。だが、軍備は増強されても、経済の体力が続かない。新冷戦に突入すると、ソ連と同じ壊滅的な経済破綻に陥る可能性が否定できないのだ。

第3に、ソ連は外国政権に資金と資源を過度に投入して経済運営に失敗している。中国も弱小国を取り込むために、多額の資金をばらまいている。ソ連が東欧諸国の債務を抱え込んだように、習近平政権は巨大経済圏構想「一帯一路」拡大のために不良債権をため込む。

 確かに、スリランカのハンバントタ港のように、戦略的な要衝を借金のカタとして分捕るが、同時に焦げ付き債務も背負うことになる。これが増えれば、不良債権に苦しんだソ連と同じ道に踏み込みかねない。

かくて、ペイ教授は「米中冷戦がはじまったばかりだが、中国はすでに敗北の軌道に乗っている」と断定している。日本が首相訪中の手土産として、一帯一路に乗ることがないよう祈るばかりだ。(東京特派員)





PR

習近平氏が率いる中国は、ソ連と同じ運命を辿るのか(ロイター)
Messenger

 【湯浅博の世界読解】

 米ソ冷戦の到来は、時間をかけてジワジワと始まった。そして、時代に鋭敏なチャーチル元英首相が1946年、欧州を分断する「鉄のカーテン」がソ連により降ろされたと、その到来を告げた。あのソ連崩壊から四半世紀が過ぎて、今度は対中「新冷戦」の到来が語られている。

 本欄でも米中冷戦の気配を紹介はしたが、ペンス米副大統領の4日の発言によって熱を帯びてきた。ここでは中国研究の第一人者、米クレアモント・マッケナ大学のミンシン・ペイ教授の見解から、米ソ冷戦と比較しながら新冷戦の行方を展望しよう。
米ソ冷戦初期のころ、ソ連がやがて米国を追い越すことになると考えられていた。共産主義が欧州に浸透し、ソ連経済は今の中国のように年6%近い成長だった。ブレジネフ時代には550万人の通常兵力を持ち、核戦力で米国を追い抜き、ソ連から東欧向けの援助が3倍に増えた。

 だが、おごるソ連システムに腐食が進む。一党独裁体制の秘密主義と権力闘争、経済統計の水増しなどどこかの国とよく似た体質である。やがてソ連崩壊への道に転げ落ちていった。

ソ連共産党が91年に崩壊したとき、もっとも衝撃を受けたのが中国共産党だった。彼らはただちにソ連崩壊の理由を調べ、原因の多くをゴルバチョフ大統領の責任とみた。しかし、ペイ教授によれば、党指導部はそれだけでは不安が払拭できず、3つの重要な教訓を導き出した。

 中国はまず、ソ連が失敗した経済の弱点を洗い出し、経済力の強化を目標とした。中国共産党は過去の経済成長策によって、一人当たりの名目国内総生産(GDP)を91年の333ドルから2017年には7329ドルに急上昇させ「経済の奇跡」を成し遂げた。
他方で中国は、国有企業に手をつけず、債務水準が重圧となり、急速な高齢化が進んで先行きの不安が大きくなる。これにトランプ政権との貿易戦争が重なって、成長の鈍化は避けられない。しかも、米国との軍拡競争に耐えるだけの持続可能な成長モデルに欠く、とペイ教授はいう。

 第2に、ソ連は高コストの紛争に巻き込まれ、軍事費の重圧に苦しんだ。中国もまた、先軍主義の常として軍事費の伸びが成長率を上回る。25年に米国の国防費を抜き、30年代にはGDPで米国を抜くとの予測まである。だが、軍備は増強されても、経済の体力が続かない。新冷戦に突入すると、ソ連と同じ壊滅的な経済破綻に陥る可能性が否定できないのだ。

第3に、ソ連は外国政権に資金と資源を過度に投入して経済運営に失敗している。中国も弱小国を取り込むために、多額の資金をばらまいている。ソ連が東欧諸国の債務を抱え込んだように、習近平政権は巨大経済圏構想「一帯一路」拡大のために不良債権をため込む。

 確かに、スリランカのハンバントタ港のように、戦略的な要衝を借金のカタとして分捕るが、同時に焦げ付き債務も背負うことになる。これが増えれば、不良債権に苦しんだソ連と同じ道に踏み込みかねない。

かくて、ペイ教授は「米中冷戦がはじまったばかりだが、中国はすでに敗北の軌道に乗っている」と断定している。日本が首相訪中の手土産として、一帯一路に乗ることがないよう祈るばかりだ。(東京特派員)





PR
" dc:identifier="http://zero.indiesj.com/%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AF%E3%80%81%E3%82%BD%E9%80%A3%E3%81%A8%E5%90%8C%E3%81%98%E5%86%B7%E6%88%A6%E6%95%97%E5%8C%97%E3%81%AE%E8%BB%8C%E9%81%93%E3%81%AB%E5%85%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B" /> -->

中途半端な制裁決議案採択、石油供給停止に踏み込めず効果薄 正恩氏、「習政権の弱腰」に高笑いか

中国・習近平政権の「弱腰」が、北朝鮮を率いる金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を増長させ、核・ミサイル開発を促進するかもしれない。国連安全保障理事会は2日、北朝鮮に対する制裁決議案を採択したが、制裁対象の拡大にとどまり、北朝鮮にとって痛手となる中国からの石油供給制限は盛り込めなかった。北朝鮮の反発だけを呼び、さらなる威嚇行動の「誘い水」となる可能性もある。
この制裁では、金正恩氏率いる北朝鮮を弱体化できない(ロイター)
この制裁では、金正恩氏率いる北朝鮮を弱体化できない(ロイター)【拡大】


 「これまでも言ってきたとおり、さらなる挑発行動に対処するため、あらゆる選択肢がテーブルの上にある

 安保理の会合で米国のニッキー・ヘイリー国連大使はそう述べた。だが、言葉の勇ましさとは裏腹に、全会一致で採択された決議は、資産凍結や渡航を禁止する制裁対象の追加という中途半端な内容にとどまった。

 新たな制裁対象には、北朝鮮の工作機関「偵察総局」の幹部ら14人のほか、核兵器やミサイルの運用を担当しているとみられる朝鮮人民軍の「戦略軍」、正恩氏の秘密資金を扱う「朝鮮労働党39号室」と関連がある高麗銀行など4企業・団体が含まれる。


 米国は、北朝鮮が中国に石油を依存していることを踏まえ、石油の取引制限も含めた強力な制裁決議を目指してきた。ただ、北朝鮮が3週連続で弾道ミサイルを発射して頻度が高まっている中、中国との協議は長期化が予想されるため、制裁リストの拡充を優先させたとみられる。

 今回の制裁決議は北朝鮮にとって致命的な内容となっておらず、今後は制裁決議に反発を強める可能性が高い。

 現に北朝鮮の国営メディア、朝鮮中央通信は2日、「朝鮮の核はこの地上に核脅威が存在する限り、瞬間も放棄することができず、億万金とも換えられない民族の生命、最高の利益である」との個人の論評を伝えた。

 正恩氏の高笑いが聞こえてきそうだ。

夫の背中をナイフで切り騒動に中国人女優キティ・チャン

 中国人女優、張雨綺(キティ・チャン)が実業家で富豪として知られる夫と痴話げんかの末、ナイフを振り回して夫の背中を切りつけてケガを負わせるという騒動が話題になっている。彼女は、今年2月に日本で公開された日中合作映画『空海 -KU-KAI- 美しき王妃の謎』や2008年4月公開の日本映画『少林少女』をはじめ、『ミラクル7号』や『人魚姫』などのヒット作への出演で知られる。
写真

中国女優に何が?

 彼女は以前から「キレやすい」性格として知られ、撮影中も気にくわないことがあると、しばしば激昂してわめきまくるという噂もあったが、今回は恐怖のあまり怖気づいた夫が警察に通報していた騒動の後、夫はチャンとの離婚を発表している。ニュースサイト「新浪網」が報じた。

 チャンは9月下旬、上海の自宅で夫と口論となり、カッとなって近くにあった果物ナイフで夫の背中を斬りつけ、約1cmの傷を負わせたという。夫の通報で警官が駆けつけ、騒ぎは収まったが、夫は3日後、代理人を通じて、中国語版ツィッター「微博(ウェイボ)」で、離婚を宣言した。チャンの反応は報じられていない。

 チャンは2011年、映画監督の王全安氏と結婚したが、王氏が2014年9月に買春容疑で逮捕されたことがもとで、翌年7月に離婚した。

 その約2年後の2016年10月、チャンは知り合ってわずか2カ月の実業家男性、袁巴元氏と結婚した。この際、チャンはウェイボ上で袁さんとのツーショット写真を公開し「知り合って10日で恋に落ち、70日で結婚」とのメッセージを添えて、スピード婚だったことを明らかにしている。

 袁さんは中国の有名大学出身で、金融業界でコンサルタントなどを務めたのち、現在は不動産やアパレル、投資会社など幅広くビジネスを展開。同年7月、自身が運営する会社のイベントにチャンを招いたのが出会いのきっかけだったという。 チャンは2017年10月、双子の女の子を出産した。

 日本で彼女の人気が高まったのは『少林少女』の公開がきっかけで、当時のインタビューでは、「撮影現場は日本語が飛び交っていて、無声映画を見ているみたいだった」と語り、日本語空間では何が進行しているのか分からない状態だったことを告白している。

 今回の騒動について、ネット上では「実業家の夫とのケンカは有名。前夫の王さんの車を蹴り上げていたとの目撃談も話題になったこともあり、もともとキレやすい性格であることは知る人ぞ知る話」などの声が書き込まれている。


南シナ海での米艦と中国艦の異常接近写真 米ニュースサイトが公表

9月30日、米海軍が撮影した、イージス駆逐艦「ディケイター」(左)に異常接近する中国海軍の駆逐艦の映像。米ニュースサイト「ジー・キャプテン」に掲載された=同サイトから引用
9月30日、米海軍が撮影した、イージス駆逐艦「ディケイター」(左)に異常接近する中国海軍の駆逐艦の映像。米ニュースサイト「ジー・キャプテン」に掲載された=同サイトから引用

:
ワシントン=黒瀬悦成】海洋問題を専門とする米ニュースサイト「ジー・キャプテン」は3日、
南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島周辺で9月30日に「航行の自由」作戦を実施していた
米イージス駆逐艦「ディケイターに中国海軍の駆逐艦が異常接近した様子を米海軍が撮影した画像を掲載した。

 画像は上空から撮影されたもので、米艦が左舷前方から至近距離で割り込んできた中国艦との衝突を避けるため右方向に回頭する様子が連続写真で掲載されている。

 米海軍広報官は「海軍は写真を公表していない」と述べるにとどめたが、複数の米当局者は米CNNテレビに対し、問題の画像は本物であると確認した。

 中国海軍はこれまで、南シナ海で「航行の自由」作戦を実施中の米艦船の追尾や監視を繰り返してきたが、今回のように衝突の恐れがある危険な動きを仕掛けてきたのは極めて異例。米軍関係者からは、米海軍が今回の画像を公開して「世界に中国海軍の無責任ぶりと職業意識の欠如を世界にさらすべきだ」(デンマーク元国防次官補代理)との声が上がっていた


韓国の視覚障害柔道運転免許所持で資格に疑惑

ジャカルタ・アジアパラ大会のメダリストを含む韓国の視覚障害者の柔道選手4人が運転免許証を所持している事実が11日に発覚し、選手の資格認定への疑惑が浮上している。障害者スポーツを管轄する韓国文化体育観光省は、選手の帰国後に再度、視力検査を実施する方針を示した。韓国の聯合ニュースが伝えた。

 韓国では運転免許証の取得には眼鏡やコンタクトレンズを使用した状態で両目で視力0・5以上が必要で、選手の一人は視力検査で1・5、別の選手が1・0で免許証を取得していた。再検査で視力が基準に満たない場合、免許証の取り消しなどの措置を検討する。

 パラの柔道は視覚障害者で争われ、視力に応じて3クラスに分かれる。国際大会出場には、専門医の診断書を提出して国際視覚障害者スポーツ連盟の認定を受ける必要がある。文化体育観光省の関係者は「運転免許の視力検査の基準と、連盟のクラス分けの基準には差があるが、あまりにも格差が大きいので事実関係を確認する必要がある」と述べた。(共同)