忍者ブログ

時代を見通す日本の基礎情報

日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the

地球温暖化、平均気温4℃上昇で生物種の40%が絶滅!?

ニホンウナギの絶滅危惧種指定が話題になっているが、絶滅しそうなのはウナギだけではない。実は1年に4万種という、恐竜絶滅期以上の超スピードで“種の絶滅”が進んでいることが判明。人類は、史上最悪の“第6の大絶滅期”真っただ中にいたのだった!

◆平均気温4℃上昇で生物種の40%が絶滅!?【気候変動】

サンゴ

温暖化や開発などでサンゴが失われると、そこに生息する生物もともに絶滅の危機にさらされる

 気候変動も、生態系に大きな影響を与えている。世界自然保護基金ジャパンの気候変動・エネルギー担当、山岸尚之氏は「よく言われるホッキョクグマだけでなく、温暖化で多くの生物が絶滅の危機にさらされる可能性がある」と危惧する。

「気温の変化に対して、高山や島などの限られた地域に住む生き物、開発で生息域が分断されている生き物、植物などは逃げる場所がありません。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告では、温暖化対策を何もしなかった場合、樹木や草木をはじめ、リスなどのげっ歯類、ゴリラなどの霊長目までが温暖化のスピードについていけなくなると予測されています。日本でも、昨年の環境省報告によると、クマゲラなどの希少な鳥類、カモシカ、ツキノワグマなどが生息するブナ林が2℃上昇で39%減少、3℃以上で68%減少すると危惧されているのです」

 山岸氏は「CO2濃度の上昇が海水の酸性化を招き、海の生物にも致命的な影響を与える」という。

「海水の酸性化が進むと、サンゴや貝類、カニやエビなどの甲殻類が殻をつくれなくなります。IPCCの最新の知見では、温暖化対策を何もしなかった場合には甲殻類の2割以上、軟体動物や暖水サンゴの約5割の種が影響を受けるとされています」

 温暖化による海面上昇も、大きなリスクとなる。

「亜熱帯・熱帯地域の海岸沿いの浅瀬に生い茂るマングローブ林は、多くの小魚が育つ『海の揺りかご』ですが、海面上昇で消失する恐れがあります。ウミガメが産卵場所とする砂浜もなくなります」(山岸氏)

 IPCCは「平均気温が4℃上昇すると、全生物の40%以上の種が絶滅する」と警告している。

 温暖化は人類にも大変な脅威だ。IPCCは、このままでは30億人以上が水不足に、洪水被害が毎年1500万人、食糧危機や貧困も深刻化すると警告している。

PR

『怪人百面相想像もつかないほど最先端の顔認識技術

デジカメで顔にピントを合わせたり、監視カメラで逃亡犯の顔を見つけたり、さまざまな場所で活躍する顔認識技術。その技術をエンタメ活用するアプリを紹介

◆“顔”で遊ぶアプリはこう顔を認識する!

怪人百面相

怪人百面相

 スマホに写る顔がみるみるうちにモナ・リザや柴犬に変わっていく……。そんなカメラアプリがある。なぜスマホで撮った顔を、自然に別の顔に変化させることができるのか? 実は、これらのアプリには、最先端の「顔認識」の技術が使われている。変装カメラアプリ、『怪人百面相』の開発者であるヤフーの吉田一星氏に聞いてみた。

「顔認識技術自体はさまざまなところで使われています。例えば、“笑顔にならないと開かない冷蔵庫”が昨年グッドデザイン賞を受賞しました。また、カリフォルニア大学サンディエゴ校で教育に応用しようと実験された例も面白い活用方法だと思います。授業の内容がわからないと学生が困った顔になるので、その表情によってビデオの再生をゆっくりにするなど、理解度に応じた教育を機械で実現すべく研究されているようです。ほかに身近なところでは、防犯やセキュリティ、自動販売機で顔から年齢、性別などを判別して、マーケティングに生かすとか、20歳未満にたばこを売らないようにするなどといった使い方が実際にされています」

 そして、吉田氏が開発した『怪人百面相』では、小さなスマホからは想像もつかないほど最先端の顔認識技術が使われているという。

「『怪人百面相』で使っているのは、通常の顔認識よりもより精密に認識する“フェイストラッキング”という技術です。この技術は顔の特徴点をより多く抽出することで、リアルタイムでの表情の動きの認識を可能にしています」

 単純な顔認識自体は、スマホに標準搭載されている機能であり、さまざまなアプリにも活用されているが、これは単に目や口などを大まかに検出するだけ。

「“フェイストラッキング”では、約40か所のポイントを抽出して、アプリ内の変装用のマスクと合わせて、顔が変化するような仕組みになっています(下部写真参照)。画面に写した顔の輪郭、眉、目、鼻、口を詳細に認識。内蔵されているモナ・リザや犬、お面などのマスクにも同様に認識ポイントが埋め込まれており、それが合わさることで“変装”ができます。スマホの限られたスペックの中で実現するのは非常に難しかったのですが、“機能学習”という技術を使って、数万パターンの写真を覚えさせました」

 顔の向きや照明、男女など、あらゆる写真を覚えさせることで、どんな人がアプリを使っても、リアルタイムで顔を認識するようになっているのだという。「スマホの処理能力でここまで精密に動作する例がほかにないのがウリ」と吉田氏。

 この『怪人百面相』の顔認識技術をきっかけに、リアルタイムで顔を認識し、加工を施せるエンタメツールの開発をもくろんでいるという。

「アバターと同期させたり、顔を変えて動画配信させたりするツールを作りたいですね。そうすれば例えば、おじさんでも美女に変身して放送ができます(笑)」

 実現したら、画像も女性のネカマが登場することになるわけか……。とはいえ、現段階では本人の輪郭に基づいた変身しかできず、オッサンがやってもゴツい美女になってしまうようだ……無念!?

⇒【写真】顔の特徴の抽出 http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=446584


怪人百面相

黄色の点がついているのが、顔の特徴の抽出箇所。アプリ内に内蔵されている変装マスク以外にも、検索やカメラロールの画像からマスクをつくることも可能

怪人百面相】
iPhone用のみ。Android用は現在開発中。変装したまま動いたり表情を変えたりもできるが、変装した顔をスムーズに動かすには、iPhone4S、iPod Touch5th以降推奨。
【セール】在庫あり!3WAY LEDライト(携帯電話充電器付)XLN-288A 非常用・手回し充電多機能ライト ラジオ・携帯充電・携帯手回し充電・警告灯・計画停電【快適生活】
【セール】在庫あり!3WAY LEDライト(携帯電話充電器付)XLN-288A 非常用・手回し充電多機能ライト ラジオ・携帯充電・携帯手回し充電・警告灯・計画停電