忍者ブログ

時代を見通す日本の基礎情報

日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the

「桑田佳祐を絶対許さない」長渕剛の怒りが大爆発!

厚生労働省認定(指定医薬部外品) プロキオン(1ヶ月 60粒入り)【精力増強有効成分 オキソアミヂン配合 精力剤 勃起薬】

桑田佳祐長渕剛。今も高い人気を誇る2人ですが、深い因縁があったということをご存知ですか? 話は1983年にまでさかのぼります。

【サザンのライブで衝突】


たまたま居酒屋であった2人は初対面ながら意気投合し、桑田が1983年8月にナゴヤ球場で行われたサザンのライブに長渕をゲストとして呼びました。サザンのライブということもあり、長渕が最初に出て歌う予定だったのですが、説明不足だったのか「俺がサザンの前座なんて聞いていない、前座なんて出来ない!」と長渕はキレました
その後、カーテンコールで再び長渕をステージに上げた際、興奮していた桑田がビールを長渕の頭に浴びせたことでさらに激怒。このときから2人の間に大きな遺恨が残ります。


【長渕がドラマで罵倒?】


1988年ドラマ「とんぼ」で長渕が主演を務めましたが、このドラマ内で長渕演じる主人公がサザンの『みんなのうた』を『おい、なんだそれ? 消せ!こんなクソみたいな曲消せコノヤロー! 日本人なめくさったようなコノヤロー!』と罵倒しているシーンがお茶の間に流れました。このシーンのアイデアは長渕によるものではないかという説もあります。

【桑田佳祐の反撃】


しかし、桑田も1994年、『すべての歌に懺悔しな』リリースで反撃に出ます。この曲は長渕剛と矢沢永吉の2人を揶揄しているのではないかという憶測を生み、週刊誌も騒ぎ立てました。

揶揄していると言われた歌詞の一部を紹介すると

■「女に媚を売る」(国生さゆりとの不倫報道を連想させる)
■「大学出たって馬鹿だから 常識なんかは通じねェ」(長渕には大学の在籍歴がある)
■「スーパースターになれたのは、世渡り上手と金まかせ」(長渕のシングル曲「SUPER STAR」を連想させる)
■「クスリにゃ目がない バカヤロ様」(長渕は後に大麻違反容疑で逮捕)
■「どこかでパクった小言を連呼する」(当時、長渕の作品が相田みつをの詩を引用していると話題になっていた)
■「テレビにゃ出ないと言ったのに ドラマの主役にゃ燃えている」(長渕は当初テレビ出演はしないと発言していた)
■曲の最後に桑田が「いらっしゃい」と呟く(長渕が東京ドームライブにおいて開口一番呟いた言葉と同一)


この曲の発売後、矢沢は「お互いクリエイター。全然気にしてないよ。それより桑田君の方は大丈夫か」とさすがはYAZAWAという大人の対応を見せたのですが、長渕は過去に因縁もあり、猛反発します。
講談社の雑誌『Views』の中では「自身との間で過去にあった因縁」として、「俺は桑田佳祐を絶対許さない」というコメントが大きな波紋を呼びました
この他にも週刊誌が大騒ぎし、桑田佳祐がボディーガードを雇ったという話も出てきました。

【大麻で捕まった長渕


その後、収集がつかないと思わていましたが騒動は意外な形で幕引きとなります。長渕が1995年に大麻取締法違反容疑で逮捕されたのです。
逮捕前に桑田が「クスリにゃ目がない バカヤロ様」と歌っていたこともあり、スポーツ紙や週刊誌では「桑田が長渕逮捕を予知?」と書かれていました。
騒動は沈静化しましたが、しっかりとした和解には至らずに来ていましたが、2014年の紅白では対面はしなかったものの、両者とも出演を果たしました。その紅白では安倍首相への批判ともとれる桑田のちょび髭が大炎上する一方、長渕は魂の熱唱で株を上げた形となりました。

一応の終息はしましたが、まだ完全な雪溶けはしていません。今後、関係に進展はあるのでしょうか。桑田と長渕、2人の音楽活動はもちろんのこと、両者の"戦い"にも注目していきたいです

PR