忍者ブログ

時代を見通す日本の基礎情報

日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the

●起業したいけど具体的に何をしたらいいかわからない人が自分のビジネスを見つけるためのワーク(新着

ビジネス、マネー
□□□

●起業したいけど具体的に何をしたらいいかわからない人が自分のビジネスを見つけるためのワーク(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63433

ビジネスの本質を知り、

ビジョンを明確にする方法。


自己分析ワークシートやビジネスアイデアワークシートもあるので、

実際に書き出してみることで

頭の中を整理し、自分のビジネスを発見できるかもしれません!

また、会社設立についてや、

補助金・助成金の情報収集についても

わかりやすく解説しています。

  読む -> http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63433



●【FX全知識】FXトレーディングカレッジ<完全版>|メガバンク出身のプロが徹底解説◆動画50本超、PDF700ページ超の国内No1の無料学習コンテンツ(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63432

【概要】
『FXトレーディングカレッジ』は、メガバンク出身のプロが監修し作成した、FXについてゼロから学べる完全無料のWeb総合コンテンツです。記事だけではなく、動画をふんだんに盛り込み、初心者でも理解できるように難しい用語等を使わずに分かりやすく丁寧に説明しております。当コンテンツを一通り学習して頂ければ、これからFXを始める初心者の方でも最速で稼ぐスキルを身に付けることができます。

【紹介】
こんにちは、FXトレーダーのT-yaです。

当レポートに興味を持ってくださり
ありがとうございます!

《誰よりも分かりやすく説明する!!》

をモットーに、オリジナルイラストやアニメーションなどを使用して
初心者の方でも理解できるよう1つも手を抜かず丁寧に作成致しました。

また、内容の方も、大手銀行での為替ディーラー業務の経験を活かし、
他の人では真似できない例なども盛り込んでおります。

これからFXを始める方、また始めたけどまだよく分からないという人は、
是非当コンテンツを手に取って頂ければと思います。

◆コンテンツ内容
「FXトレーディングカレッジ 学習プログラム<完全版>」

第1章 FX入門講座(全8回):FXの仕組み、チャートと為替レートの見方、通貨ペアの種類、注文方法等
第2章 FX初心者講座(全25回):FXで稼ぐための基礎スキル、テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析等
第3章 FX中級者講座(全10回):高勝率のエントリー手法、大衆が負ける理由、トレンド把握スキル、メンタル等


高いお金を払って、その辺のFX塾やスクール、書籍に手を出す必要はありません。

まずは、当コンテンツでFXについて勉強しましょう!

  読む -> http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63432

起業したいけど具体的に何をしたらいいかわからない人が自分のビジネスを見つけるためのワーク(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63433

●【FX全知識】FXトレーディングカレッジ<完全版>|メガバンク出身のプロが徹底解説◆動画50本超、PDF700ページ超の国内No1の無料学習コンテンツ(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63432

●21歳天然女子が年収2500万円稼ぐ秘密(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63431

●【必殺】メールアドレス1つでTwitterのアカウントを大量生産する方法(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63426

●【門外不出の情報…】YouTubeの激ヤバリサーチ法を徹底解説!初心者の為にもアカウント開設の手順や応用の激ヤバリサーチ法まで徹底解説します!(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63425

●頭っから詐欺!と決めつけるのはもったいない!内職商法に騙されず、優良在宅ワークを見極めて、毎月確実に現金をもらうための3つのポイント(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63424

●【真のYouTuberへ】 YouTube動画のアクセスを一気に上げるタグ攻略法(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63423

●【極秘】YouTube動画を1発で再生数UPする方法!(新着)
 http://www.sugowaza.jp/reports/get/6516/63422

PR

2018年 正恩政権の行方



 北朝鮮体制は1990年代に200万人以上が餓死したともいわれる経済難に直面しても大規模な反乱は伝えられず、崩壊しなかった。そこには、徹底した統制社会と、苦境の中、住民の自助努力で発達した独特の経済があった金正恩(キム・ジョンウン)政権が核・ミサイル開発を加速させ、国際社会がこれまで以上に厳しい制裁を科す中、体制は2018年も維持していけるのか。(時吉達也、ソウル 桜井紀雄)
                  ◇
 □Q 反乱の可能性は

 ■エリート層使い統制

 金正恩朝鮮労働党委員長の祖父、金日成(キム・イルソン)主席の時代から中国や旧ソ連派の粛清を重ね、反乱の芽を摘んできたのが金体制だ。金委員長も叔父の張成沢(チャン・ソンテク)氏を処刑し、異母兄の金正男(ジョンナム)氏を暗殺したとされる。軍部隊も「反乱を起こせる勢力」と見なし、幹部を頻繁に入れ替え、骨抜きにしてきた。
 住民は、忠誠心の高い核心階層など3階層51区分に身分を分け、相互監視によって統制。義務教育で金一家の礼賛と米国への敵愾(てきがい)心を植え付けてきた。慶応大の礒崎敦仁准教授は「(大量の餓死者が出た)1990年代も体制は揺るがなかった。国民が不満をためることと、不満をネットワーク化させて爆発させるのは次元が違う」と指摘する。
 龍谷大の李相哲教授が金委員長を支える新勢力として注目するのは、金正日(ジョンイル)総書記の死去直前に30代のエリート層を中心に選抜して組織したとされる「先軍革命小組」だ。金委員長の異母姉の金雪松(ソルソン)氏が管理しているともいわれ、世論統制を担っているという。「政権には平壌のエリート層を掌握すれば、国は安泰だとの意識が強い」(李氏)
 礒崎氏は、昨年9月の核実験以降、政権が長期的に経済を見据える姿勢を示していることに着目する。一方、核・ミサイルによる挑発を続ければ、米との軍事衝突を誘発しかねない。李氏によると、制裁で利権が奪われることに幹部層にも失望感が出ているともいい、政権基盤を揺るがす可能性も否定できない。
                  ◇

 □Q 経済制裁 影響は

 ■穀倉地帯で餓死恐れ
 経済難による配給制度の崩壊は、住民らが独自に物を売り買いする「ジャンマダン(市場)」を拡大させ、金正恩政権もこれを追認、現金が物を言う社会が経済成長をもたらした。
 北朝鮮国内の協力者と取材を進めるアジアプレスの石丸次郎氏によると、生産性の向上で、地方でも白米を食べる家庭が増えた。各地に高層ビルが林立する裏にも居住権を事実上売買する新興富裕層「トンジュ」による投資の容認がある。
 昨年後半、日本沿岸に北朝鮮漁船の漂着が相次いだ背景にも、1カ月のイカ漁で1年半分の食糧が買えるという「一獲千金」が狙えるため、漁師が無理を押して海に出る実情があった。
 社会主義経済が立ち行かなくなったゆえに国に頼らない経済活動がここ5年で活性化した。逆にタダ同然で供給されてきた電気や水道といったインフラは「金正日時代より悪くなった地域が多い」(石丸氏)。
 医療や教育、軍部隊の状況も悪化。軍将校の月給をジャンマダンで働く女性らは1日で稼ぐという皮肉な“格差”が生まれた。病院では薬が出せず、教師は生徒の親に賄賂をねだる。軍部隊ではガソリンを横流しするといった不正も横行。
 制裁強化で輸出商品がだぶつき、エビやカニなど高級食材も国内市場に出回り始めた。石丸氏は「今年1~2月から打撃が表面化するのは避けられず、食糧を無理に供出させられ、穀倉地帯の農場で餓死者が出る恐れがある」とみている。
                  ◇
 □Q 地方住民 生活は
 ■楽しみは韓流ドラマ
 「日帝(日本帝国主義=戦前の日本統治)時代にはこんなことは起こらなかったのに」。物資配給をめぐるトラブルの最中、そんな言葉を漏らした一家の住宅は翌朝、もぬけの殻になっていた。東京大の伊藤亜人名誉教授に脱北者の一人が明かしたこの出来事は、「不満分子」として通報された平壌住民に地方への即時追放が待ち受ける統制の厳しさを象徴する。
 生活実態の聞き取り調査を続けてきた伊藤氏は「地方の生活水準は平壌とは比較にならないほど劣悪だ」と指摘する。配給制度が事実上崩壊する中、平壌では勤務先を通じた「機関配給」が不定期に与えられる一方、地方には届かない。
 新婚夫婦は住宅を割り当てられるまでの数年間、別の世帯との同居を余儀なくされるほか、冬の寒さをしのぐため違法な山林伐採などを行い燃料を自給する。
 厳しい生活環境の中、住民を支える娯楽の1つが“韓流”だ。北朝鮮情報を伝えるニュースサイト「デイリーNKジャパン」の高英起(コ・ヨンギ)編集長によると、急速に普及する携帯電話などを通じ、韓国のドラマや音楽が流入。女性が恋人の男性を呼ぶ際の「オッパ(お兄さん)」など、普段あまり使わない韓国の言葉や外来語が浸透しつつあるという。
 「地方住民は生活の糧や、日々の楽しみを見つけることだけを考え暮らしている。不満の矛先を政治に向ける、という思考に至っていない」。高氏はそう強調する。

ドイツ「大西洋の狼」の“開店休業”に見える儚い実力




ドイツ海軍の潜水艦(Uボート)6隻全てが運用不能になっていたことがこのほど明らかになった。背景にあるのは予算不足による予備部品の不足。ほぼ同型の潜水艦を使っている韓国海軍の潜水艦はより大規模に欠陥や故障が多発しており、解決策は見えていない。(岡田敏彦)


 最後の1隻が…


 軍事専門サイト「ディフェンス・ニュース」などによると、ドイツ海軍のU-35潜水艦が10月15日、ノルウェー沖を航行中に潜行しようとしたところ、後部のX字型の操舵翼の1枚が故障し、修理のため造船所戻りを余儀なくされた。


 U-35はスウェーデン南東部とデンマークの間にあるスカゲラク海峡での演習に参加する予定だった。


 問題はこのU-35が、ドイツ海軍で唯一まともに動けた潜水艦だったことだ。


 残る5隻の状況は、U-31はドッグで定期検査修理中。U-33とU-36は来春までの予定で修理中で、U-32とU-34は故障し整備が必要なものの、入れるドックがなく、ドックの空き待ちという状態。ただ1隻、稼働状態で残っていたU-35が故障したことで、ドイツ潜水艦隊は“沈黙”するはめに。


 ディフェンス・ニュースによると、ドイツ海軍のスポークスマンのヨハネス・ダムレセ氏は「予算削減の圧力でスペアパーツの調達に問題がある」と指摘。「冷戦中はそうした予備部品の確保を重視していたのだが」と述べているという


 冷戦の終わり


 第一次、第二次の両世界大戦で、Uボートはドイツ海軍の主力だった。第二次大戦では連合軍の商船約3千隻、空母2隻、戦艦2隻を沈め、英首相チャーチルは「私が本当に恐れたのはU-ボートだけだ」と言うほど、心胆を寒からしめた。「大西洋の狼」とあだ名されたのも伊達ではない。


第二次大戦終結後、その建造技術は米ソが手中に収め、現在の戦略原潜へと発展していく。


 潜水艦戦のエース(エース・オブ・ディープ=深海のエースと呼ばれる)のオットー・クレッチマーら有能な潜水艦乗りも戦後の西ドイツ海軍に復帰し、後継を養成。北大西洋条約機構(NATO)の一員として冷戦時代に軍務を続けた。


 ところが21世紀のいま、事情は大きく変わった。第二次大戦時には300隻体勢を目指したドイツ潜水艦隊が、いまや6隻。しかも全艦動けず“開店休業”状態とは、誰が予想できただろうか。


 この状況を決して見過ごせないのが、ドイツから遠く離れた韓国海軍だ。


 安価版の韓国


 韓国の潜水艦は、ドイツの潜水艦(212級)の低性能安価版の“輸出型”である214型。しかもドイツ側は設計図一式を売却しただけで、大小の部品も船体も韓国製なのだ。


 韓国海軍の潜水艦といえば、製造不良や欠陥による故障続きで韓国マスコミに叩かれてきた。


 1番艦の「孫元一」(ソン・ウォニル)は2006年に進水したが、スクリューなどから異音が発生。敵の聴音探知で位置が暴露されるため潜水艦にとっては致命的な欠陥だが、スクリューだけ修理すればいいというレベルではなく、推進軸を交換する事態となった。また2番艦の「鄭地」(チョン・ジ)と3番艦の「安重根」(アン・ジュングン)を含め、3隻とも艦橋周辺のボルトが緩んだり折れたりする事故が複数回発生。韓国SBSテレビ(電子版)によると、連続潜行期間は、開発時の触れ込みの「数週間」を遙かに下回る「数日」だった。原因は燃料電池の不良だとされている。


武器の本質


 武器には、その国の国力や戦況にあった性能が求められる。第二次大戦時のドイツでは、日本帝国海軍(IJN)にもU-ボートに乗ってインド洋を荒らし回って欲しいとの願いから、日本にU-ボートの製造を打診し、数隻を日本に供与している。


 しかし大型の航洋型潜水艦を運用していた日本帝国海軍にとってU-ボートは小型に過ぎ、運用方法が大きく異なった。またドイツの溶接技術など一部の特殊な製造方法は戦時下で短期間に導入することは難しいことなどから「日本製U-ボート製造」は幻に終わった。


 一方、第二次大戦時のドイツ・四号戦車や、名設計士のクルト・タンクが設計したFw190戦闘機は「軍馬」と称された。メンテナンスの体勢が整えられない過酷な戦場で、荒々しい使い方をしても故障しなかったからだ。


 完璧な整備体制を整え、精密機械を常に最高の状態で作動させ得る組織力とは、国家の力を持ってしても常に得られるわけではない。重要なのは、国力と国の情勢にあった兵器を取得することだ。


 こうした例で最も有名なものの一つは、ドイツとソ連の機関銃の比較だろう。零下数十度の酷寒地での戦いでは、ドイツの機関銃は作動部のオイルが凍って動かなくなったが、ソ連の機関銃は問題なく撃てたとされる。ソ連のものは、悪く言えば最初から公差が大きく「ガタ」があったので、オイル無しでも使えたのだ。自国の機械加工の精度と、使用環境を踏まえたうえでの設計だった。


翻って韓国を見れば、そもそも貧弱な海軍しか持たない北朝鮮相手に潜水艦など必要ない。また“精緻な作り”のドイツ製品をライセンス生産できる工業技術的な素地にも乏しい。一口に機械生産といっても、セルフタッピングねじで樹脂部品を締め上げれば完成する安価な家電とはわけがちがうのだ。


 しかも本家ドイツは交換部品の不足(生産間隔の長期化によるものとされる)がボトルネックだとしているが、韓国海軍では、交換部品も韓国産なのだ。


 雨漏りが〝直せない〟


 スマートフォンの爆発などで世間を騒がせた韓国工業製品だが、その基礎的な技術水準は、同じく主要工業製品の乗用車で見て取れる。


 現地紙の中央日報(電子版)や左派紙ハンギョレ(電子版)によると、2013年8月には現代自動車と傘下の起亜自動車が製造するサンタフェとグレンジャー、アバンテで雨漏りが発生。サンタフェではフロントガラスと車体の接合部やトランク、リアランプ接合部など7カ所で雨水が侵入し消費者からクレームが集中した。


 同社では対策を講じたが、2年後の15年12月には再び天井やトランクからの雨漏りが発覚。加えて、新たに発売したばかりの高級車ジェネシスでも雨漏りが見つかった。


 さらに2年後の今年7月には韓国GMの中型セダンでも車両後方上部のブレーキランプ部からの防水不良が発覚。現地紙の毎日経済新聞などが報じたもので、ここから侵入した水が車内の天井やシートを濡らすという。もはや水は「天敵」のようだ


主要輸出産品の乗用車ですら、水圧のかからない状況で水漏れする-。ドイツの“ホンモノ”さえ故障がちでデリケートな潜水艦が、韓国の技術水準で手に負えなくとも不思議はない


 そして盗まれる


 11月1日には、韓国造船大手の「大宇造船海洋」が北朝鮮のハッキングを受け、最新鋭のイージス艦や潜水艦の設計図などの機密約60件を盗まれていたことが発覚した。朝鮮日報(電子版)によると、盗まれたのは昨年4月のことで、イージス艦「栗谷李珥」(ユルゴク・イ・イ)と、ドイツ設計の214型を韓国が独自に大型化した新潜水艦「張保皐3」(チャン・ボゴ3)の設計図などが奪われた。なかでも「張保皐3」のコールドローンチ技術の流出は韓国で問題視されている。これは潜水艦の垂直発射管からミサイルを発射する場合の技術で、陸上発射型のようにミサイルを点火発射すると発射管や潜水艦本体が熱で損傷するため、圧搾空気で船外へ放出してから点火するというもの。北朝鮮はハッキングと同時期にコールドローンチでのミサイル試射に成功しており、ハッキングで得た資料から何らかのヒントを得た可能性は否定できない。


 韓国は米国製ステルス機F-35の購入と引き替えに、最新レーダーなど数多の軍事技術の譲渡を米国に求めているが、この調子では米国が与える技術は、「既に北朝鮮が持っている」ものだけになりそうだ。


「二度と行くものか」と決意した理由韓国人の彼氏と韓国に行った友人

高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題で関係が冷却化した中韓両国は先日、同問題についての意思疎通や関係修復を進める姿勢で同意した。中国人観光客が激減して閑古鳥が鳴いているという韓国国内、この先活気を取り戻すことができるだろうか。
 
 中国メディア・今日頭条は3日「友人が韓国人の彼氏と韓国に行ってきたが、帰国したらもう2度と行かないと決意した」とする記事を掲載した。

 記事は「常に韓国ドラマに出てくるようなイケメンと付き合いたいと言っていた友人が、留学にやって来た韓国人男性と付き合うことになった」と紹介。彼氏に伴われて韓国を訪れてみたところ衣食住が自分の想像とは全く違っていた。繁華街は混雑していて、郊外はまるで農村のよう。家は狭く、地面で寝かされた」との感想を抱いたとした。

 また、韓国で一番有名な食べ物であろうキムチについては「韓国では各種の生鮮食品がとても高価であるゆえ、廉価なキムチをほとんど毎食食べることを初めて知った。でも、中国の漬物ほどおいしいとは思わなかった」との感想を残した。さらに「焼肉店では中国ほどの覇気が見られない。客をもてなすのにこの程度の量か。韓国は物価が異常に高く、高給取りでも肉を食べることが少ない」とも伝えている。

 両国の関係改善が進めば、韓国にも中国人観光客が戻って来るだろう。しかし、彼らを満足させるには「実際韓国に行ってみたら、ドラマに描かれている韓国とは全然違って失望した」という声を減らす努力が必要かもしれない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

増える新車の盗難 盗まれないために本気で守ろう! 大事な愛車

購入から5年以内の新しい車の盗難が増加傾向にある防犯のための電子キーの信号をコンピューターで解除するなど、最新装置を突破して盗む手口は年々、巧妙化。自宅の車庫の車も安心はできない。家庭でできる防衛策は、タイヤガードの利用など、“ローテク”な防犯器具との組み合わせが効果的だという。(牛田久美)


 解体し部品に→海外へ


 警察庁など4省庁19団体で作る「自動車盗難等の防止に関する官民合同プロジェクトチーム」は、盗難防止の日(10月7日)にちなんで、「本気で守ろう! 大事な愛車」と記したチラシを全国で配った。
ハンドルの全体を覆って盗まれにくくした米国製のハンドルロック(LOUPLE提供)ハンドルの全体を覆って盗まれにくくした米国製のハンドルロック(LOUPLE提供)


 盗まれた車は海外に運ばれることが多い。ただ、税関と警察庁が盗難車の輸出を差し止める仕組みを整えると、窃盗団は国内の解体施設で部品にばらして運ぶなど、イタチごっこが続いているのが実情だ。


 民間側の事務局、日本損害保険協会の実態調査では初年度登録から5年以内の車の盗難は、電子式施錠装置「イモビライザー」などが普及していったん減ったが、平成25年の24%を底に再び上昇。最新の28年は56%で半数を超えた。

窃盗団、3分かかると焦る


 盗まれる車種は一般車から高級車まで幅広い。乗用車だけでなく重機も狙われやすい。


 約17年間にわたって車両盗難の動向を見てきた損保協の鈴木毅常務理事(62)は、最新の電子機器に加えて、「原点に戻って、タイヤやハンドルを固定する防犯器具を活用しよう」と呼びかける。


 タイヤガードやハンドルロックなどは“ローテク”だが「盗みにくいと威圧感を与える。窃盗団は3分以上手間取ると焦り出すともいわれ、あきらめさせるのに効果的」という。


 防犯器具販売業「錠商」(千葉市稲毛区)のタイヤガードは、タイヤが動かないように固定する。上下2つの装置でタイヤを囲むように覆い、中心のホイールのナットを隠すのでタイヤを外すこともできない。


 開発した同社代表、清水治三郎さん(68)の本業は、金庫の鍵紛失などに対応して現場へ駆けつける、合法の“金庫破り”。依頼主は一般企業のほかに官公庁、米軍、研究機関などさまざまだ。


 窃盗犯がこじ開けようとしてあきらめた、壊れた金庫を開く依頼も多い。「どんな心理や手口で犯行に及ぶのか警察官といっしょに見てきた。自動車盗は被害額が大きく、裏をかいて防ぎたい」と3年半をかけて開発した。


タイヤガードは16年の販売開始以来、2千台超を出荷している。清水さんは「丸いタイヤを固定するのは難しかったが、窃盗団は外せず、運転者は装着しやすい防犯具になった。簡単に盗めないと思わせる視覚効果も大きい」と自信を見せる。


 ハンドルロックも、ハンドル全体を覆うタイプが注目されている。米国製「ラップ」の輸入販売会社「LOUPLE」代表、大沢光明さん(32)は「ハンドル中央のパッド部分も隠すので、ハンドルごと盗まれたり、エアバッグの盗難も防ぐ」と説明する。


 警察庁の統計によると、28年の自動車盗難は全国で1万1655件。そのうち、ドアを施錠したのに盗まれたケースは7割(8530件)を占めた。施錠だけでは、窃盗団の犯行を抑止できない。


 鈴木さんは「盗難の手口は日々進化している。イモビライザー装着車を選び、防犯器具も取り付けるなど、複合的に盗難対策をしよう」と話している