忍者ブログ

時代を見通す日本の基礎情報

日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the

九電に年間数千万件の攻撃サイバー戦争、身を潜める毒蛇

全世界をネットワークが覆う現在、サイバー空間は陸・海・空・宇宙に続く「第5の戦場」と位置づけられる。特に、インフラ企業へのサイバー攻撃は、兵器が使われる戦場と違って目には見えないが、人間生活を破壊する。こうした戦いは将来の危機ではなく、すでに進行している。


 1日あたり数万件-。昨年1年間、九州電力とそのグループ企業へのサイバー攻撃は、計数千万件に達した。


 攻撃は多岐に渡る。ウェブサイトの改竄など表面化しやすいものだけでなく、アクセスを集中させて標的システムを誤作動させる攻撃や機密情報の盗み見-。


サイバー攻撃を監視する九州電力のサイバーセキュリティ対策室(一部画像を処理しています。九州電力提供)サイバー攻撃を監視する九州電力のサイバーセキュリティ対策室(一部画像を処理しています。九州電力提供

 九電の能見和司情報通信本部長は「攻撃件数は近年、増加している。電力の安定供給に万が一があってはいけない。あらゆる可能性を想定し、対策を常に更新している」と語った。


 インフラ企業として、最も警戒すべきは、外部から侵入し、誤作動させるシステム乗っ取りだ。


 信号や航空管制の混乱、ダムから下流への放水、原発のメルトダウンなど、最悪の事態が想定される。米政府高官は2014年3月、「重要インフラのうち、特に電力、金融、輸送・物流、通信は脅威に直面している」と指摘した。


「万能の剣」


 ウクライナでは2015、16年と2年連続で、サイバー攻撃が原因とみられる停電が発生した。16年12月の攻撃では、コンピューターウイルスが、変電所のスイッチや回路遮断機を操作した形跡も見つかったという。


 ウクライナ保安庁は、クリミア半島をめぐる対立を背景に「ロシア政府によるサイバー攻撃だ」と結論付けた。


 北朝鮮とみられるサイバー攻撃も増加している。


 2009年7月、米韓に対する大規模サイバー攻撃が発生した。標的はホワイトハウスや米国務省、韓国の青瓦台(大統領府)など政府機関と大企業だった。世界中から大量データが送られ、システムに負荷をかけた。数日にわたる波状攻撃だった。


 2014年、米ソニー・ピクチャーズ・エンターテインメントが攻撃を受けた。同社は北朝鮮を取り上げたパロディー映画を、一時上映中止に追い込まれた。


 今年5月、世界で約30万件の被害を出した大規模サイバー攻撃が発生した。企業などのシステムに侵入、データを暗号化し、復旧と引き換えに金銭を要求するランサム(身代金)ウエア」だった。日本国内でも600件の攻撃が確認された。


この攻撃について米のセキュリティソフト企業シマンテックは、北朝鮮傘下とされるハッカー集団「ラザルス」の可能性が高いとする報告を公表した。


 実際、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は「サイバー戦は、核・ミサイルとともに軍事能力を担保する万能の剣だ」と強調する。


 北朝鮮にとってサイバー攻撃は、日常的に国外から資金を集める手法であり、敵国を混乱させる武器でもある。


 米国土安全保障省は、北朝鮮による一連のサイバー攻撃を毒蛇に例え、「HIDDEN(隠れた)COBRA」と命名した。


事業継続の障害


 九州のインフラ企業も、毒牙に備える。


 九電の場合、発電所や送電システムへの外部からの侵入を防ごうと、データ伝送を一方向に制限する装置を取り付けている。同様の装置は、国際原子力機関(IAEA)なども、採用を推奨している。


 次に危惧されるのが、メールやUSBメモリを経由してのウイルス感染だ。


 九電は2016年4月、サイバーセキュリティ対策室を新設した。同室のスタッフが24時間態勢で、サイバー攻撃に目を光らせる。危険が確認されると、全社員のパソコンに警告を表示しする。

年数回の大規模訓練もある。グループ会社を含めた全社員に、訓練用の“ウイルスメール”を送る。差出人や文章など、思わず開きたくなるように設定しており、実際のウイルスメールと遜色ないという。訓練用メールに対し、受け取った社員が、適切な対応が取れているかを確認する。


 同室長の岡山秀行氏は「業務用パソコンがウイルスに大規模感染すれば、資材調達や資金決済に大きな影響が出る。事業継続の大きな障害となる」と語った。


 ただ、対応に万全はない。九電がいくら態勢を整えても、同社のネットワークにつながる外部事業者が増えれば、サイバー攻撃のリスクが膨らむ。


 九電の能見氏は、再生可能エネルギーの普及や、IT(情報技術)を駆使した次世代送電網「スマートグリッド」に警戒の目を向ける。


 九州各地に誕生した大規模太陽光発電所(メガソーラー)は、すべて九電の送電網とつながっている。これらの発電所システムが乗っ取られ、電力の需給バランスを乱される恐れがある。


 九電幹部は「外部にこれほど多くの発電施設がある状況は未経験だ。社内の備えはできても、社外だと難しい。今後の大きな課題になる」とこぼす。


 能見氏は「ゼロリスクはあり得ない。だからこそ、日々、対策を重ねるしかない」と語った。


 国立研究開発法人「情報通信研究機構」によると、2016年、国内のネットワークに向けられたサイバー攻撃件数は、約1281億件で過去最高だった。ここ数年をみると、前年比2倍以上のペースで増えている。


PR


自宅のWi-Fiを強化する10の方法速度やセキュリティーを向上させよう!




速度やセキュリティーを向上させよう! 自宅のWi-Fiを強化する10の方法
Image: Flat Design/Shutterstock.com

Wi-Fiの登場はインターネットの発展に大きく貢献しました。誰もLANケーブルでデスクトップに縛り付けられたくはなかったし、そこから解放された我々は日々快適なインターネットライフを送っています。


しかし一方で、Wi-Fiは不満のもとにもなっています。きっとあなたも、速度が遅い、電波が悪いなどの理由で、イライラすることが多いのではないでしょうか。そこで、自宅のWi-Fiをパワーアップする方法を10個、ご紹介します。

1. 最新のWi-Fiテクノロジーを使う

170823wifi_setup2
Image: Production Perig/Shutterstock.com

ネットワークの速度と信頼性を高めるには、何よりも最新のハードウェアを使うことです。ルーターのハードウェアの基本については過去の記事で紹介していますので、まずはそちらをご覧ください。特に知っておいてほしいのは、ワイヤレス「A」「B」「G」「N」は古い規格で、「AC」が最新であることです。


ChromecastやスマートフォンなどのデバイスへHD動画をストリーミングしているなら、AC規格のWi-Fiを使用しましょう。古いN規格よりも高速に大量のデータを移動できるため、スタッタリングやバッファリングが軽減されます。後継の「AX」は2019年登場予定なので、それを待たずに今からACを導入しても損はありません。速度アップの恩恵にフルであずかるには、ルーター側もデバイス側もAC規格に対応している必要があるのでご注意ください。


照明や各種スイッチなど、家庭内のスマート化も進んでいるため、Wi-Fiは家の隅々まで飛んでいることが不可欠になってきました。現在あまり性能のよくないルーターが1台しかなく、2台目をリピーターにする方法を学ぶ気がないなら、ワイヤレスメッシュネットワークシステムの導入を検討してみては?


ワイヤレスメッシュネットワークとは、家の各所に複数の小型ルーターを置いて家中をWi-Fiで覆うシステム。Luma、Eero、Googleといった企業がそのためのルーターを発売しています。通常1台が基地局として機能し、その他の複数台を家中のさまざまな場所に設置します。スマートフォンアプリからすべてのセットアップがかんたんに行え、また訪問したサイトや接続中のデバイスなど、ネットワークのあらゆる状況をモニターできるようになっています。

2. 自分のルーターの癖を知る

170823wifi_setup1
Image: Phonlamai Photo/Shutterstock.com

ルーターの見た目がお洒落じゃないからといって、テレビ台の裏に隠してはいけません。シグナルを強くするには、壁や障害物のないオープンな空間に置かなければならないのです。あなたのルーターにとって最適な位置にテーブルなどの置き場が見つからなければ、壁への固定も検討してください。ルーターの固定用穴がうまく使えなければ、サードパーティー製のブラケットも販売されています。アンテナは垂直に立ててできるだけ高い位置に置くのがいいようです。米Lifehackerのコメントには、屋根裏がベストだった、という人もいました。それから、家中に届かせたいのであれば、家の中心に置くことも忘れずに。


ルーターはインターネット回線が来ている壁の近くに置きがちです。でも、長いイーサネットケーブルとケーブルクリップをいくつか用意するだけで家中の電波が改善されるのであれば、やってみない手はないでしょう。

3. 最適なワイヤレス・チャンネルを選ぶ

Screenshot: Google Play via Lifehacker US

近所のルーターとの干渉で、シグナルが減衰することがあります。ワイヤレスルーターは複数のチャンネルで動作するので、できるだけ干渉の少ないチャンネルを選びましょう。最適なチャンネルは、Network Analyzer LiteWi-Fi Analyzerなどのツールで見つけられます。

4. 他の家電からの干渉を減らす

干渉の原因はルーターに限りません。コードレス電話や電子レンジなどの家電もシグナルに影響するのです。デュアルバンドルーターを買うか、コードレス電話の帯域を変えるという手もあります。ハードウェアを買い替えたくなければ、ルーターと家電の距離をできるだけ遠ざけてみましょう。

5. セキュリティーを改善してWi-Fi泥棒を阻止する

170823wifi_setup3
Image: ranjith ravindran/Shutterstock.com

詮索好きなお隣さんや悪意ある攻撃からWi-Fiを守る方法はたくさんあります。シンプルな対策と適切なパスワード保護の組み合わせで、情報の洩れをおおかた防ぐことができます。


あなたのインターネット回線からデータを盗むご近所さんには、クローキングが有効です(ただし、テックに詳しいユーザーであれば、フリーネットワークスキャナーを使って比較的簡単に発見できてしまいます)。


Wi-Fiネットワークがみえなければ、接続されることもありません。つまり、SSIDを隠し、接続したいときに手入力すれば、ルーターを守ることができます。そのためには、ルーターのファームウェアセッティングから設定を変更しましょう。SSIDを隠すと、新しいデバイスの設定時にはSSIDを手入力しなければなりません。


また、パスワード保護に関して、ルーターのデフォルトの管理者名とパスワードはすぐに変えるべきです。さらに、WPA2パスワード保護を有効にしてください。暗号化されているので、旧式のセキュリティープロトコル「WPA」や「WEP」よりも安全です。

6. 重いアプリケーションをコントロールする

ビデオチャット、オンラインゲーム、Netflixなどのヘビーユーザーが家庭内にいる場合、帯域幅を食いつぶして、他の人のインターネットを遅くしている可能性があります。そんなときには、QoS(Quality of Service)が便利です。他のアプリケーション(ビデオゲームなど)よりも特定のアプリケーション(たとえばビデオチャット)を優先して、必要な帯域幅を重要なアプリケーションに割り当てられます

7. DIYでWi-Fiを強化する

Video: YouTube

シンプルなDIYでも、Wi-Fiの範囲を広げることができます。いちばんのオススメは、錫箔を使ったこちらのハックビールの空き缶料理用のざるでも同様の効果が得られるので、ぜひ試してみてください。目を見張るほどの効果はなくとも、ちょっとの努力で少しでも範囲を広げたいときには有効です。


それか、少しお金をかけられるのであれば、こんな方法も。アンテナの向きを調整できるほとんどのルーターやPCネットワークカードは、RP-SMAコネクター付きのアンテナを使っています。RP-SMAアンテナ延長ケーブルや指向性アンテナを買うことで、Wi-Fiのパフォーマンスを向上できるでしょう。

8. ちょっとしたハックでシグナルを強化する

Image: puruan/Shutterstock.com

ルーターをハックして、DD-WRTファームウェアをインストールするという方法もあります。セキュリティーやその他のさまざまな機能を強化できるほか、送信電力を高めることもできます。危険を伴う可能性もありますが、たいていのルーターは、70mWの電力アップには問題なく対応できるでしょう。それだけで、かなり遠くまでWi-Fiが届くようになるはずです。

9. 古いルーターをWi-Fiリピーターとして使う

1411501301391396494
image: Linksys

ここまでの方法でダメだったら、中継器が必要ということでしょう。買ってもべらぼうに高いものではありませんが、新たにハードウェアを買うのに抵抗があるなら、前述のDD-WRTファームウェアを古いルーターに入れることで、中継器として利用できます。もちろん正規の中継器ほどの効果は期待できませんが、あと少しだけ広げれば家の隅まで届くという状況なら、これで安く済ませることができるでしょう。


あるいは、1台のルーターにイーサネットケーブルで別の1台をつなげることで、アクセスポイントをもう1つ作ることができます。

10. 定期的に再起動するように設定する

1411501301438442638
Image: papanooms/Flickr

ルーターの再起動が頻繁に必要になる場合、この対策がオススメです。熱、ファームウェアが古い、ダウンロードしすぎなど、原因が何であれ、問題をかんたんに解決する方法は、1日に1回程度、自動的に再起動させること。これはDD-WRTファームウェアでもできますし、昔ながらのタイマー付きコンセントを使ってもいいでしょう。これをしておけば、自分で再起動をする頻度が格段に減るはずです(特に、屋根裏にルーターを置いている人には助かるでしょう)。




これらの方法で、家庭内Wi-Fiの速度、信頼性、セキュリティーを向上できます。それができたら、こちらの記事を参考に、Wi-Fiの賢い使用法をチェックしてみてください。もはやWi-Fiは、ネットサーフィンのためだけにあるのではないのです。


Top 10 Ways to Boost Your Home Wi-Fi | Lifehacker US


Image: Flat Design, Production Perig, Phonlamai Photo, ranjith ravindran, puruan/Shutterstock.com, Google Play, Linksys, papanooms/Flickr



速度やセキュリティーを向上させよう! 自宅のWi-Fiを強化する10の方法
Image: Flat Design/Shutterstock.com

Wi-Fiの登場はインターネットの発展に大きく貢献しました。誰もLANケーブルでデスクトップに縛り付けられたくはなかったし、そこから解放された我々は日々快適なインターネットライフを送っています。


しかし一方で、Wi-Fiは不満のもとにもなっています。きっとあなたも、速度が遅い、電波が悪いなどの理由で、イライラすることが多いのではないでしょうか。そこで、自宅のWi-Fiをパワーアップする方法を10個、ご紹介します。

1. 最新のWi-Fiテクノロジーを使う

170823wifi_setup2
Image: Production Perig/Shutterstock.com

ネットワークの速度と信頼性を高めるには、何よりも最新のハードウェアを使うことです。ルーターのハードウェアの基本については過去の記事で紹介していますので、まずはそちらをご覧ください。特に知っておいてほしいのは、ワイヤレス「A」「B」「G」「N」は古い規格で、「AC」が最新であることです。


ChromecastやスマートフォンなどのデバイスへHD動画をストリーミングしているなら、AC規格のWi-Fiを使用しましょう。古いN規格よりも高速に大量のデータを移動できるため、スタッタリングやバッファリングが軽減されます。後継の「AX」は2019年登場予定なので、それを待たずに今からACを導入しても損はありません。速度アップの恩恵にフルであずかるには、ルーター側もデバイス側もAC規格に対応している必要があるのでご注意ください。


照明や各種スイッチなど、家庭内のスマート化も進んでいるため、Wi-Fiは家の隅々まで飛んでいることが不可欠になってきました。現在あまり性能のよくないルーターが1台しかなく、2台目をリピーターにする方法を学ぶ気がないなら、ワイヤレスメッシュネットワークシステムの導入を検討してみては?


ワイヤレスメッシュネットワークとは、家の各所に複数の小型ルーターを置いて家中をWi-Fiで覆うシステム。Luma、Eero、Googleといった企業がそのためのルーターを発売しています。通常1台が基地局として機能し、その他の複数台を家中のさまざまな場所に設置します。スマートフォンアプリからすべてのセットアップがかんたんに行え、また訪問したサイトや接続中のデバイスなど、ネットワークのあらゆる状況をモニターできるようになっています。

2. 自分のルーターの癖を知る

170823wifi_setup1
Image: Phonlamai Photo/Shutterstock.com

ルーターの見た目がお洒落じゃないからといって、テレビ台の裏に隠してはいけません。シグナルを強くするには、壁や障害物のないオープンな空間に置かなければならないのです。あなたのルーターにとって最適な位置にテーブルなどの置き場が見つからなければ、壁への固定も検討してください。ルーターの固定用穴がうまく使えなければ、サードパーティー製のブラケットも販売されています。アンテナは垂直に立ててできるだけ高い位置に置くのがいいようです。米Lifehackerのコメントには、屋根裏がベストだった、という人もいました。それから、家中に届かせたいのであれば、家の中心に置くことも忘れずに。


ルーターはインターネット回線が来ている壁の近くに置きがちです。でも、長いイーサネットケーブルとケーブルクリップをいくつか用意するだけで家中の電波が改善されるのであれば、やってみない手はないでしょう。

3. 最適なワイヤレス・チャンネルを選ぶ

Screenshot: Google Play via Lifehacker US

近所のルーターとの干渉で、シグナルが減衰することがあります。ワイヤレスルーターは複数のチャンネルで動作するので、できるだけ干渉の少ないチャンネルを選びましょう。最適なチャンネルは、Network Analyzer LiteWi-Fi Analyzerなどのツールで見つけられます。

4. 他の家電からの干渉を減らす

干渉の原因はルーターに限りません。コードレス電話や電子レンジなどの家電もシグナルに影響するのです。デュアルバンドルーターを買うか、コードレス電話の帯域を変えるという手もあります。ハードウェアを買い替えたくなければ、ルーターと家電の距離をできるだけ遠ざけてみましょう。

5. セキュリティーを改善してWi-Fi泥棒を阻止する

170823wifi_setup3
Image: ranjith ravindran/Shutterstock.com

詮索好きなお隣さんや悪意ある攻撃からWi-Fiを守る方法はたくさんあります。シンプルな対策と適切なパスワード保護の組み合わせで、情報の洩れをおおかた防ぐことができます。


あなたのインターネット回線からデータを盗むご近所さんには、クローキングが有効です(ただし、テックに詳しいユーザーであれば、フリーネットワークスキャナーを使って比較的簡単に発見できてしまいます)。


Wi-Fiネットワークがみえなければ、接続されることもありません。つまり、SSIDを隠し、接続したいときに手入力すれば、ルーターを守ることができます。そのためには、ルーターのファームウェアセッティングから設定を変更しましょう。SSIDを隠すと、新しいデバイスの設定時にはSSIDを手入力しなければなりません。


また、パスワード保護に関して、ルーターのデフォルトの管理者名とパスワードはすぐに変えるべきです。さらに、WPA2パスワード保護を有効にしてください。暗号化されているので、旧式のセキュリティープロトコル「WPA」や「WEP」よりも安全です。

6. 重いアプリケーションをコントロールする

ビデオチャット、オンラインゲーム、Netflixなどのヘビーユーザーが家庭内にいる場合、帯域幅を食いつぶして、他の人のインターネットを遅くしている可能性があります。そんなときには、QoS(Quality of Service)が便利です。他のアプリケーション(ビデオゲームなど)よりも特定のアプリケーション(たとえばビデオチャット)を優先して、必要な帯域幅を重要なアプリケーションに割り当てられます

7. DIYでWi-Fiを強化する

Video: YouTube

シンプルなDIYでも、Wi-Fiの範囲を広げることができます。いちばんのオススメは、錫箔を使ったこちらのハックビールの空き缶料理用のざるでも同様の効果が得られるので、ぜひ試してみてください。目を見張るほどの効果はなくとも、ちょっとの努力で少しでも範囲を広げたいときには有効です。


それか、少しお金をかけられるのであれば、こんな方法も。アンテナの向きを調整できるほとんどのルーターやPCネットワークカードは、RP-SMAコネクター付きのアンテナを使っています。RP-SMAアンテナ延長ケーブルや指向性アンテナを買うことで、Wi-Fiのパフォーマンスを向上できるでしょう。

8. ちょっとしたハックでシグナルを強化する

Image: puruan/Shutterstock.com

ルーターをハックして、DD-WRTファームウェアをインストールするという方法もあります。セキュリティーやその他のさまざまな機能を強化できるほか、送信電力を高めることもできます。危険を伴う可能性もありますが、たいていのルーターは、70mWの電力アップには問題なく対応できるでしょう。それだけで、かなり遠くまでWi-Fiが届くようになるはずです。

9. 古いルーターをWi-Fiリピーターとして使う

1411501301391396494
image: Linksys

ここまでの方法でダメだったら、中継器が必要ということでしょう。買ってもべらぼうに高いものではありませんが、新たにハードウェアを買うのに抵抗があるなら、前述のDD-WRTファームウェアを古いルーターに入れることで、中継器として利用できます。もちろん正規の中継器ほどの効果は期待できませんが、あと少しだけ広げれば家の隅まで届くという状況なら、これで安く済ませることができるでしょう。


あるいは、1台のルーターにイーサネットケーブルで別の1台をつなげることで、アクセスポイントをもう1つ作ることができます。

10. 定期的に再起動するように設定する

1411501301438442638
Image: papanooms/Flickr

ルーターの再起動が頻繁に必要になる場合、この対策がオススメです。熱、ファームウェアが古い、ダウンロードしすぎなど、原因が何であれ、問題をかんたんに解決する方法は、1日に1回程度、自動的に再起動させること。これはDD-WRTファームウェアでもできますし、昔ながらのタイマー付きコンセントを使ってもいいでしょう。これをしておけば、自分で再起動をする頻度が格段に減るはずです(特に、屋根裏にルーターを置いている人には助かるでしょう)。




これらの方法で、家庭内Wi-Fiの速度、信頼性、セキュリティーを向上できます。それができたら、こちらの記事を参考に、Wi-Fiの賢い使用法をチェックしてみてください。もはやWi-Fiは、ネットサーフィンのためだけにあるのではないのです。


Top 10 Ways to Boost Your Home Wi-Fi | Lifehacker US


Image: Flat Design, Production Perig, Phonlamai Photo, ranjith ravindran, puruan/Shutterstock.com, Google Play, Linksys, papanooms/Flickr


" dc:identifier="http://zero.indiesj.com/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88/%E8%87%AA%E5%AE%85%E3%81%AEwi-fi%E3%82%92%E5%BC%B7%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B10%E3%81%AE%E6%96%B9%E6%B3%95%E9%80%9F%E5%BA%A6%E3%82%84%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%86" /> -->

Bluetooth端末はたった10秒でハッキングされる恐れがある




スマホのBluetoothを常にオンにしている人は、少し考え直した方がいいかもしれません。


最近、セキュリティ調査会社Armisは、発見したスマホの脆弱性を「BlueBorne」としました研究者は、Bluetooth接続を利用して「サムソンのGalaxy Phones」や「グーグルのPixel」「LGのWatch Sport」それにカーオーディオのシステムにも侵入することができました


ほかにも脆弱なデバイスはあります。特に iOS 10以上にアップグレードしていないiPhoneとiPad、そのほか多くのAndroid、Microsoft、Linux製品です。BlueBorneは、Bluetooth接続されていないデバイスでも、たった10秒あればハッキングできるのです。


GoogleとMicrosoftは脆弱性を解消するためのセキュリティパッチを配布しました。ここ数日スマホをアップデートしていない人は、今すぐアップデートした方がいいでしょう。今すぐです。


この問題はさらに大きな問題に発展します。まずは、Bluetoothを常にオンにするのはやめましょう。


Wiredでは、Bluetoothをオンにしたままだと、常にほかのデバイスから接続されるのを待っているオープンな状態だと指摘しています。たとえば、Fitbitと同期したり、ワイヤレスのヘッドフォンで音楽を聞いたりするのは素晴らしいことです。しかし、その時のデバイスは、接続しようと企む悪質なものも同じように接続できる状態になっているということ。もちろん、ヘッドフォンやカーオーディオと接続するのにBluetoothを使うのはいいのですが、使っていない時はBluetoothはオフにしたほうがいいでしょう。


BlueBorneは、Bluetoothがオンになっているデバイスを常時スキャンしており、そのような脆弱なデバイスを見つけると、すぐさまハックします。一旦接続されると、ハッカーはそのデバイスをコントロールできるようになり、デバイスのデータを盗むこともできます。


また、このアタックはデバイスからデバイスへと広まっていきます。したがって、ハッカー(アタッカー)はこのような悪事を働くために、スマホのBluetoothの範囲である約10メートル以内にいなければなりません。しかし、BlueBorneに感染したほかのデバイスがあれば、さらに距離を稼ぐことができるのです。


の特定の脆弱性はすでに修正されていますが、別の類似したものが出てくるのは時間の問題です。


1番簡単にスマホを守る方法は何かというと、とにかくBluetoothをオフにすることです。Wiredでは、スマホのBluetoothをオンにしたままなのは、家の玄関の鍵をかけていないのと同じようなものだと言っています。家の鍵をかけていなければ、泥棒が家に忍び込んで盗んでいくのはかなり簡単といえるでしょう。







戸締まりをスマホでチェックできる小さなデバイス:「リーフィマグ







戸締まりをスマホでチェックできる小さなデバイス:「リーフィマグ」
ギズモード・ジャパンより転載:多分閉めたと思うんだけど...。いや、ちょっと不安。 と思ってしまった方は、やはり情報を残して確認できるソリューションが必要かもしれません。いや、僕がそうなんですよ。窓とか玄関の鍵とか、閉めたはずなんだけど何度も確認しちゃう......。確認するために戻ってみたら、やっぱり閉まっていて安心! 心配性なんです。 こういった時に、開閉や戸締まりをチェックできるものがあればなぁ〜。でも、スマートキーとか本格的なものになると高いしな! といったところにジャストフィットしそうなのが、スマート窓センサー「leafee mag(リーフィマグ)」です。お値段2138円とお手頃

磁石の力で反応する距離センサーで、両面シールでペタリと貼ればOK。センサー間の距離が離れている状態だと「開いてる」。センサー間の距離が詰まれば「閉まっている」といった情報をスマホに送ってくれます。窓の開閉はもちろん、上の画像のように鍵部分に取り付ければ、鍵が閉まっているか否かの確認もできます。 


スマホとはBluetoothでつながり、開けっ放しの時には設定した時間で通知する機能もあります。これも安心できますね。ただ、Wi-Fi対応ではないので遠隔地からリアルタイムに家の戸締まりの変化を確認するといったことはできませんけど、家を出た時の戸締まりをちゃんと目で、スマホで確認できるというのは、心配性の僕らにとっては果てしない安心感に繋がります。 心の安穏を得るために、いくつかポチっておこうかしら


        
  • 1
  • 2
  • 3