忍者ブログ
日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the
河野太郎外相は8日、ポンペオ米国務長官と韓国の康京和外相と東京都内で会談した。北朝鮮の非核化を巡り6日から7日に訪朝したポンペオ氏から説明を受けるとともに、北朝鮮に核を含む全ての大量破壊兵器と弾道ミサイルの「完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄(CVID)」を実現させるため、日米韓が綿密に連携していく方針で一致した。また、日米韓外相会談に先立ち、ポンペオ氏は安倍晋三首相と首相官邸で面会し、米朝協議で北朝鮮側に日本人拉致問題を提起したと明らかにした。
会合後に会見する(左から)ポンペオ米国務長官、河野太郎外相、韓国の康京和外相=8日午前、東京都港区(代表撮影)
会合後に会見する(左から)ポンペオ米国務長官、河野太郎外相、韓国の康京和外相=8日午前、東京都港区(代表撮影)

 3カ国外相会談終了後の共同記者会見で、北朝鮮の非核化に関し、ポンペオ氏は「北朝鮮は完全な非核化にコミットすると再度約束をした。金正恩朝鮮労働党委員長が(6月12日の米朝首脳会談で)合意した通りだ」と述べ、北朝鮮の非核化をめぐる考え方で米朝に齟齬はないと強調した。「最終的、完全に検証可能な非核化がされるまで制裁は続ける」とも明言した。北朝鮮が7日までの米朝協議について「米側が一方的非核化だけを要求した」とし、米側の対応を「強盗的な要求」と非難したことに対し、ポンペオ氏は「それを強盗(ギャングスター)と言うなら世界中が強盗になる」と反論した。


 拉致問題に関しては、6月12日の米朝会談に続き、米朝政府高官の高いレベルで提起されたことを踏まえ、河野氏は「ポンペオ氏から今回も拉致問題を提起してもらったことに感謝する」と謝意を示した。ポンペオ氏は「毎回の北朝鮮との会合で取り上げることが重要だと思っている」と話した。河野氏は「北朝鮮との関係の新たな出発を開始したいと望んでいる」と述べ、日朝交渉の実現に意欲を示した。

河野氏は日米韓外相会談に先立ち、ポンペオ氏と8日朝、都内のホテルで朝食をとりながら約1時間会談した。北朝鮮情勢に加え、悪化している米ロ関係や米国側のイラン産原油の輸入停止要求について意見交換した。同日午後には康氏とも都内のレストランで昼食をとりながら個別に会談した。


 一方、安倍晋三首相はポンペオ氏との会談で、「北朝鮮との交渉直後に日本を訪問していただいたことは、日米同盟の絆がかつてないほど強くなっている象徴だ」と歓迎した。ポンペオ氏は「核、拉致問題、そして日米、その他世界にとって、重要なあらゆる問題と取り上げた。まだまだこれからわれわれが協力してやっていかねばならない問題が山積している」と応じた

PR


2016/11/21 に公開

Scientific Proof of Life, Oxygen, Methane, Ozone, & Flowing Water. The latest test results & images from NASA/JPL.

Watch the Sands of Mars: https://www.youtube.com/watch?v=eqZOJ...




Possibility that Natalie and Mr. wood develop into a drowning accident and an event  An authority asks from Motoo hearing of circumstances by new material....

ジェームズ・ディーンが主演した映画「理由なき反抗」、巨匠レナード・バーンスタインが音楽を担当した「ウエスト・サイド物語」などに出演した往年の米ハリウッド女優、ナタリー・ウッドさん(当時43歳)の水死事故が、事件に発展する可能性を米メディアが報じている。


 発端となったのは米CBSテレビのインタビュー。事故を再捜査しているロサンゼルス郡の捜査当局者が、元夫で俳優のロバート・ワグナー(88)を「重要参考人」とみて事情聴取を求めていることを明らかにしたのだ。


 1981年11月の感謝祭の週末、ウッドさんはワグナーを含む俳優らとロサンゼルス沖へヨットで繰り出したが、行方不明となって翌日水死体が見つかった。当時は事故死とされた。


 ワグナーは映画「タワーリング・インフェルノ」などに出演。テレビドラマなどで活躍している。ビッグカップルを見舞った事故は、不明な点も多くハリウッドの謎の一つとされてきた。


 米紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)などによると、捜査当局は2011年、新情報を元に事故の再捜査を開始したが、事件と断定するだけの証拠がなく難航していた。


 転機となったのは13年。新たな検視報告書でウッドさんの右上腕や左手首などにあった生々しい傷が事故によるものではないとみられることが分かり、水死する前に何者かに襲われた疑いがあるとして、捜査当局は死因を「事故死」から不審死」としたのだ。


捜査当局には再捜査の開始以来100件以上の情報が寄せられ、新たな目撃証言も得た。


 ウッドさんが行方不明となった夜に現場のヨットに乗っていた一人は「2人の部屋から叫び声と大きな物音がした」と証言し、別の目撃者はウッドさんとワグナーが言い争う声を聞いたとしている。


 こうした新たな材料を得た捜査当局は、ワグナーについて「ウッドさんと最後に一緒にいた人物だ」とし、重要参考人として事情聴取を求めているが、ワグナーは拒否している。


 36年以上たって新たな局面を迎えるかに見える謎だが、当の捜査当局が「現時点で(誰かを)逮捕する十分な証拠があるかって? 『ノー』だ。まだ不審死の捜査をしているという段階だ」とするように慎重で、急展開はなさそうだ。


 だが、当局は「さらに新証言が出てくれば難しい案件も解決できる可能性が出てくる」と、捜査の積み上げで解決に導く自信も見せており、今後の行方に注目が集まる。(産経新聞ロサンゼルス支局長・住井亨介)


Rice media are reporting former rice Hollywood actress who appeared on the movie in which James Dean starred "the resistance without reasons" and the "waist side story" etc. by which great master Leonard Bernstein took charge of music and a possibility that a drowning accident of Natalie and Mr. wood (43 years old of those days) develops into an event.

2018年1月25日、日本新華僑報によると、近場で気軽に訪れることができ、仲介業者が多く、費用も安いことから、韓国で美容整形をする中国人は多いが、問題も少なからず起きている。

中国人が韓国で美容整形を受けた際の事故やトラブルの発生率は2005年ごろから毎年10~15%の割合で増加しており、中国メディアは韓国の一部の美容整形クリニックにはさまざまな問題があることを繰り返し伝えている。

そうした事情から、今度は韓国ではなく日本を訪れる人が増えている。その中には、韓国で最初に受けて失敗した美容整形を何とかしたいという人も多く、日本はいわば駆け込み寺になっている。

日本では美容外科医になるには外科医として7年以上の臨床経験を積む必要がある。そしてさらに美容外科医としても3年以上の臨床経験積まなければ、執刀医として美容外科手術を行えないことになっている

国際美容外科学会(ISAPS)の会員となることは、高い外科技術を持っていることが国際的にも認められたことを示し、美容外科医としての力量を判断する基準にもなる。会員数は中国が21人、韓国が43人だが、日本は103人。日本はアジアのトップレベルにあると言っていい。

毎日少なくとも1人は中国人患者の手術を行っているという東京都内の美容外科の院長は、日本の美容整形は「ナチュラルさ」と「安全性」だと話す。従業員の1人は「中国人患者への治療は日中友好への貢献でもあると考えている」という。

日本の美容整形は技術の高さや安全性が確保されているが、それでも100%はありえない。だからこそ施術するクリニックは慎重に選んでもらいたいと記事は伝えている。(翻訳・編集/岡田)
An undated handout photo made available by the Argentine Navy on 17 November 2017 shows the ARA San Juan submarine.Image copyright EPA
Image caption The vessel is the newest of the three submarines in the Argentine navy's fleet


Argentina's navy says its ARA San Juan submarine, which has been missing since Wednesday, reported a mechanical breakdown in its last communication.


The submarine, with 44 crew on board, disappeared 430km (270 miles) off the Argentine coast.


"The vessel surfaced and it reported a breakdown," naval commander Gabriel Galeazzi said.


Argentina's navy said a "noise" picked up by sonar on Monday during the search did not come from the vessel.


It is the second false alarm in the hunt for the submarine.

Capt Galeazzi, who heads the naval base in Mar del Plata, south of Buenos Aires, said that the fault reported earlier related to a "short circuit" in the sub's batteries.

The brother of a crew member earlier told local media that in a message before communications were lost his sibling had mentioned that the vessel was having problems with its batteries.


This is the first time that an official has mentioned the sub encountering mechanical problems.


However Capt Galeazzi said that mechanical problems were not uncommon and rarely posed a risk.


"A warship has a lot of backup systems, to allow it to move from one to another when there is a breakdown," he said.


The naval commander said that the submarine had been asked to cut short its mission, which was originally due to last until Monday, and go directly to Mar del Plata.


Map of the area where the submarine disappeared

According to local media, the captain of the ARA San Juan contacted the naval base again after reporting the mechanical problem.


In the message, he reportedly said the sub was heading towards Mar del Plata with all 44 crew members in perfect health.

Signals not from sub

The navy also announced on Monday that seven signals picked up at the weekend were not from the missing submarine's satellite phone.


The failed calls, lasting between four and 36 seconds, had been received on Saturday. They had raised hopes that the crew members were alive.

ARA San Juan submarine

Missing since 15 November


  • Built in Germany: 1983


  • Length: 66 metres


  • Crew: 44


  • Top speed: 45 km/h


  • Range: 22,224 km

Reuters

A huge search and rescue operation is continuing in the South Atlantic.


Specialist underwater rescue equipment has arrived in Argentina from the United States and more boats and planes have also joined the search, which has been hampered by heavy winds and high waves.


The ARA San Juan was returning from a routine mission to Ushuaia, near the southern-most tip of South America, towards Mar del Plata.


Related Topics

 
・・・
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
2 3 4 6
10 11 13 14
16 17 18 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
ふるさと納税
旅に出よう
最新TB
プロフィール
HN:
sansiro
性別:
非公開
ブログ内検索
バーコード
忍者アナライズ
カウンター
アクセス解析
暮らし健康ネット館
暮らし健康ネット館 キッチン・日用品・食品・洗濯用品・浴用品何でも揃います! http://www.rakuten.co.jp/kurashikenkou/ http://www.rakuten.co.jp/kurashikenkou/
ping
currentBlogList
currentBlogList
新着記事
忍者ブログ [PR]