忍者ブログ
日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the
2018年1月6日、米ボイス・オブ・アメリカによると、米紙ワシントン・ポストは5日、記事「中国は本当に台湾を奪取できるのか?」を掲載した。 

蔡英文(ツァイ・インウェン)政権誕生以来中国本土は台湾にさまざまな圧力をかけている。昨年末には李克新(リー・カーシン)駐米中国公使が「米軍艦艇が高雄に寄港することがあれば、その日こそ人民解放軍によって武力統一が行われる時となる」と発言し、注目を集めた。 

しかし本当に人民解放軍には台湾を奪取する能力があるのだろうか。米国の専門家はさまざまな課題を指摘している。侵攻作戦を行った場合、中国は初日に2万6000人、以降1日ごとに1万5000人を上陸させる能力があるが、台湾は15万人の陸軍を速やかに動員することが可能で勝利は難しい。また米軍が参戦した場合、原子力潜水艦は中国の揚陸艦艇にやすやすと大打撃を与える力を持つという。 

中国メディアの環球網は6日、ワシントン・ポストに反論する記事を掲載した。台湾政府ですら中国軍の能力を正確に測る力を持っていないのに、米国の専門家がどこまで理解しているのかと指摘した上で、中国統一を阻害し中台の対立を煽る記事だと批判している
PR

【上海=河崎真澄】中国の習近平指導部が推進する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」が難航している。パキスタンやネパール、ミャンマーで中国が関与するインフラ建設案件が、相次いで中止や延期に追い込まれた。明らかになっているだけでトラブルは4案件で、建設費用は総額761億ドル(約8兆6千億円)に上るパキスタンなどにとり、支援の見返り条件が厳しすぎる上、軍事転用の疑念もぬぐえず、中国の“ゴリ押し”に不信感を抱いた点が背景にある


習近平総書記(新華社=共同)習近平総書記(新華社=共同)

 香港の鳳凰衛視(フェニックステレビ)などによると、中国が総額で140億ドルの資金援助と建設作業を申し出たインダス川上流のダムと水力発電所の建設案件で、対象国のパキスタン側が受け入れを断った。


 完成後のダムの所有権や運営権を中国側に譲渡することが支援の条件だったため、パキスタン側は「国益に反する」と判断した。また、中国企業が参加して工事が始まっているパキスタンでの鉄道やパイプラインなど総額560億ドルの大型案件も、複数の建設地点で中断が確認されている。


 ネパールは総額25億ドルの水力発電所の建設で「重大な疑念がある」との理由で中国の支援受け入れを断念した。年明けにも正式契約の予定だったが、中国企業による不正な資金の流れが発覚したもようで、発注先変更のため延期された。ミャンマーでも、中国の支援で始まっていたダムと水力発電所の総額36億ドルの建設が中断した。環境問題など住民の反発が強く、ミャンマー当局は工事は再開しないと表明している。


 このほかバングラデシュでの港湾、インドネシアでの高速鉄道なども計画通りに建設が進まず、「一帯一路」に連なる多くの案件が暗礁に乗り上げている。


 こうした事態に対し専門家は、「国際ルール無視で中国方式のみで対外支援を強行し軋轢を生んだ」と指摘中国企業の多くは、入札時は低価格で落札しながら着工後に理由を付けて追加費用を要求したり、政治先行で契約交渉を進めて法的な裏付けを後回しにしたりするなど独善的な姿勢が目立ち、反発を招いた


 日中関係筋は、「中国企業が今年7月、スリランカ南部のハンバントタ港で11億ドルで99年間の長期貸与という事実上の租借契約を結び、この港湾を軍事拠点化する疑念が強まったことをみた周辺国、中国からの支援受け入れに拒否反応を示した」と考えている。


 中国の「一帯一路」構想は軍事転用だけが目的ではないにせよ中国が支援先から信頼を得られていないことは事実。このところの中国の対日接近も、日本政府や民間が長年積み重ねたODA(政府開発援助)などの対外支援ノウハウの吸収や、日本の信用力を利用する狙いがありそうだ。

  • 中国ゴリ押しに不信感、「一帯一路」難航 パキスタン、ネパールなど建設案件キャンセル8・6兆円




US President Donald Trump talks to reporters as he departs the White HouseImage copyright Getty Images

US President Donald Trump has backed a beleaguered Alabama Senate candidate who is accused of preying on teenagers.


He pointed out that Roy Moore "totally denies" sexual misconduct with a string of teenage girls, including a 14-year-old, when he was in his 30s.


"We don't need a liberal person in there, a Democrat," Mr Trump said of next month's election.


The White House previously said Mr Trump thought the Moore allegations were "extremely troubling."


Senate candidate's accuser: I was a child

On Tuesday, Mr Trump also assailed Mr Moore's Democratic rival Doug Jones, who is currently ahead in opinion polls by 47% to 42%.


I've looked at his record, he's terrible on the border," Mr Trump said as he left the White House for a five-day holiday in Florida.


He also voiced support for the scores of women who have felt emboldened to level sexual misconduct allegations since last month's downfall of Hollywood producer Harvey Weinstein.


"Women are very special," Mr Trump said.


"I think it's a very special time, a lot of things are coming out and I think that's good for our society and I think it's very, very good for women and I'm very happy."


Mr Trump himself faced multiple sexual assault allegations during last year's election campaign, but he denies those claims.


The Republican president's legislative agenda could be imperilled if Mr Moore is beaten on 12 December - Republicans only hold a slim 52-48 majority in Senate.


Yet a number of Senate Republicans, including majority leader Mitch McConnell, have called on Mr Moore to quit the race.


The 70-year-old former Alabama supreme court judge and firebrand Christian conservative has refused to stand aside.


Seven women have accused Mr Moore of pursuing sexual relationships with them when they were teenagers and he was a 30-something prosecutor.


Two of them allege he assaulted them.


Two other women who were in their 20s at the time accuse him of making unwanted advances.


He denies the allegations.



A political dilemma

Analysis by Anthony Zurcher, BBC News, Washington


After having been burned by backing the establishment-endorsed candidate in the Alabama Senate primary over Roy Moore, Donald Trump isn't making the same "mistake" twice.


His loyal supporters in Alabama largely continue to stand by the former judge, despite multiple allegations of sexual misconduct - and so does the president.


Mr Trump signalled his implied preference for Mr Moore by condemning the Democrat, whom he says is soft on crime and immigration.


It mirrors White House adviser Kellyanne Conway's warning of the dangers of electing a liberal to an important political office.


It's a rationale not unlike the one used by some uneasy Republicans last year to justify voting for Mr Trump following the Access Hollywood tape revelations and allegations that he had harassed or assaulted more than a dozen women.


Yes, Mr Trump's behaviour was inappropriate, but electing Hillary Clinton as president would be much, much worse.


Democrats face a similar dilemma with Senator Al Franken's admitted misdeeds. At what point must one put aside party loyalty and conclude that some alleged actions - and actors - cannot be condoned?


For Mr Trump, who notes that Mr Moore has repeatedly denied the allegations, the line has not yet been crossed.


Related Topics

「そろそろ始めなければいけない。つぶれた組織をまた作っている」。旅行会社を経営する筆者の友人はこう語った。中国人観光客を迎える準備をしているということだ。THAAD(高高度防衛ミサイル)問題の余波中国人団体観光客が途絶えて1年4カ月、観光業界に活気が戻りつつある。

筆者はその兆候を会社の前にある「高麗参鶏湯(サムゲタン)」の店で知ることができる。THAAD問題で消えた行列が最近また登場したのだ。会社の正門前にあるこの店にしばらく見えなかった観光バスが現れ始めた。ソウル明洞(ミョンドン)、ロッテ免税店、そして空港でも感知される雰囲気だ。

我々はすぐに忘れてしまう。中国から数日前までひどくやられていたが、業界はいつそんなことがあったのかというように中国人観光客に焦点を合わせている「組織をまた作っている」という友人は中国人観光客の財布を開くことにまた興奮している。

政府も同じだ。これほどやられても事態を繕いながら「封印」という話をする。これだから中国人が「韓国は中国の経済報復にお手上げした」と嘲弄する。中国は内心、快哉を呼んでいるはずだ。経済的に屈服させ、米国との距離を広げたと考えるからだ。政府がこれだから業界の反応は当然のことかもしれない。

THAAD事態が発生した当時、筆者は「ちょうどいい。この際、観光環境を変えよう」と主張した。ダンピング観光の慣行を正し、付加価値を高める商品を開発し、ソウル-済州(チェジュ)に限られた観光地を全国に拡大するための戦略を開発し…。中国人観光客が訪問しない間が最も改善しやすい時期だったからだ。1年半の間、我々はどれほど変わったのか。何が変わったのか。変わったものはない。したことも何もない。中国人観光客がまた押し寄せれば過去の積弊がまた出てくるに違いない。

どんな積弊か。筆者が2016年3月16日に中央日報「チャイナインサイト」で書いた「中国人観光客1人あたり5万ウォン…現代版人頭税?」というコラムを見ればよい。中国人観光客をお金を払って買ってくる「人頭税」慣行を取り上げた。韓国の旅行会社は中国人観光客を1人あたり5万4000ウォン(約5530円)ずつ支払って買ってくる。中国旅行会社からお金を受けても足りない状況で、むしろお金を払って連れてくる。このため観光客をショッピングセンターに連れていくしかない。「現代版人頭税?」と題した理由だ。政策当局者は必ず一度読んでほしい。韓国ダンピング観光の歪んだ姿を確認できる。

この積弊をどう清算するのか。私は難しいと考える。公務員はただ観光客数が何人増えたかという点だけに関心があり、業界はどうすれば中国人観光客の財布を開くことができるかを考える。韓国観光産業がどう崩れているかには関心がない。官僚は昇進に関心を持ち、旅行会社は中国人観光客の財布に目を向ける。さらに一部の朝鮮族旅行会社が業界をかき回す。このため変わるはずがない。

残された方法は一つだ。中国人団体観光客の入国を制限することだ。団体旅行客を処理する旅行会社に与えるビザ発行に上限を設けて、それ以上は入国できないようにすることだ誤解しないでほしい。個人で来る自由旅行客を減らそうというわけではない。むしろ自由旅行客をどう増やすかを悩まなければいけない)。

台湾ですでに施行している政策だ。今では過去の話になったが、台湾もかつて中国人観光客のため業界が動き出した。島に人が怒涛のように流れ込むと問題が生じるしかなかった。それで出した政策が団体観光客の入国制限だった。

大韓貿易投資振興公社(KOTRA)台北貿易館のパク・ハンジン館長が送ったリンク(https://www.immigration.gov.tw/ct.asp?xItem=1277044&ctNode=29711&mp=1)だ。開いてみれば台湾の大陸団体観光客制限規定が分かる。具体的な内容も出ている。2014年9月1日に発表(修正案)された資料はシーズン別に観光客数をどれほど制限するのかを規定している。

一部の人は「市場経済で可能なのか」と話すかもしれない。

台湾のようにしなければ市場が死ぬというのに、できないとはどういうことか。観光産業が崩壊し、韓国のイメージが安モノになっているが、しない方が馬鹿ではないのか。

南北朝鮮の会談場がある板門店で北側の兵士が脱北した。韓国軍の発表によると、兵士は軍用車で北側が管理する「統一閣」という建物の前まで乗り付けた。側溝にはまったため車を乗り捨て、哨所の脇から南側に逃げてきたという。

 だが、統一閣前の道路に側溝はなく、そもそも南側から見えない場所にあるゆえに韓国軍の発表をうのみにできない。なぜ車を乗り捨てたのかは謎だ。


 兵士がすり抜けた哨所は韓国側に向かって下り坂で植木も多く、見通しが悪いので、脱北しやすい地形になっている。そもそも、幾重ものゲートがある板門店に車で入れる人物は限られる階級が高い将校ではないだろうか。


 将校であれば「腹減った」「南で豊かな暮らしがしたい」という単純な理由ではなく、複雑な事情を抱えて脱北した可能性が高い。ヘリで病院に運ばれた兵士は危篤というが、奇跡の回復を遂げて、北の最前線部隊で起きた事情を明かしてほしい。(北朝鮮ウオッチャー、金正太郎)

・・・
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
2 3 4 6
10 11 13 14
16 17 18 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
ふるさと納税
旅に出よう
最新TB
プロフィール
HN:
sansiro
性別:
非公開
ブログ内検索
バーコード
忍者アナライズ
カウンター
アクセス解析
暮らし健康ネット館
暮らし健康ネット館 キッチン・日用品・食品・洗濯用品・浴用品何でも揃います! http://www.rakuten.co.jp/kurashikenkou/ http://www.rakuten.co.jp/kurashikenkou/
ping
currentBlogList
currentBlogList
新着記事
忍者ブログ [PR]