忍者ブログ

時代を見通す日本の基礎情報

日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the

大統領、国防費4500億円増額求める米空母3隻が共同演習 北の牽制と同盟国の日韓両国への防衛決意示す狙い

【ワシントン=加納宏幸】米軍の原子力空母3隻が近く西太平洋で共同演習を実施することが6日分かった。ロイター通信が報じ、米政府当局者が確認した。共同演習の具体的な日程や場所については明らかになっていないが、即応態勢にあることを見せることで、核・ミサイルによる北朝鮮の挑発を牽制(けんせい)するとともに同盟国の日本や韓国を防衛する決意を示す狙いがあるとみられる


上から米空母ニミッツ(米海軍提供)、米空母セオドア・ルーズベルト(米海軍提供)、米空母ロナルド・レーガン上から米空母ニミッツ(米海軍提供)、米空母セオドア・ルーズベルト(米海軍提供)、米空母ロナルド・レーガン

 参加するのはニミッツ、ロナルド・レーガン、セオドア・ルーズベルトの3隻で、いずれも現在、神奈川県横須賀市を拠点とする海軍第7艦隊司令部が管轄する西太平洋に展開している。空母とともに行動している艦艇も参加する。


 ロイター通信によると、3つの空母打撃群がともに演習を行うのは2007年、グアム島近海での統合演習「バリアント・シールド」にニミッツなどが参加して以来だという。


これに関連し、トランプ米大統領は6日、米議会に書簡を送り、北朝鮮に対するミサイル防衛能力を強化するため18会計年度(17年10月~18年9月)の追加予算として40億ドル(約4550億円)の拠出を可能にするよう求めた。


 書簡は、伊豆半島沖などで衝突事故を起こしたイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」「ジョン・S・マケイン」の作戦即応性を回復するための改修費として7億ドルも要求。マケイン上院軍事委員長(共和)はトランプ氏の要求を歓迎する声明を発表した。

PR

ダイエット薬最前線飲むだけでやせたきゃトイレは恐怖

 今日も元気だ、ビールがうまい。だけど気になる腹の肉。「○○さんがやせたって」。職場の噂が気にかかる。去年も言った気がするが、正月前に今年も言おう。「来年こそ、やせる!」(きっぱり)。「あなたの肥満はアレルギー?」「満腹中枢を手なずけろ!」「ブル中野さんが60キロやせたワケ」――本気でやせるコツを、AERAが真面目に大特集。

 薄毛やEDにとどまることなく、今やダイエットも薬で対処できる時代。これで、無理な運動や食事制限ともおさらば……なんて考えるのは実は危険だ。ダイエットの薬には、少なからず副作用が存在する。だから、飲む前には、必ず注意が必要だ。今回は、実際に薬を使ったことのある人の体験談を紹介しながら、薬との上手な付き合い方を紹介する。

*  *  *
 つらい食事制限や運動をしなくても、簡単にやせられる薬はないのか──。実は、ダイエットを目的とする「肥満症治療薬」は存在する。

 日本で唯一、食欲抑制剤として承認されているのがサノレックス」だ。ダイエット外来を併設する男性専門クリニック
「ユナイテッドクリニック」の細田淳英院長はこう解説する。

サノレックスは脳の視床下部にある食欲中枢と満腹中枢に働きかけて、食欲を抑える薬です空腹を感じにくくなり、少しの量でも満腹感を得られるようになります。新陳代謝を高める働きもあるので、高いダイエット効果が期待できます」

 ダイエットの最大の敵である食欲を、飲むだけで抑えられるなんて、まるで夢のような薬ではないか!

効果には個人差があり、10キロ近いダイエットに成功した例もありますが、まったく効かないという人もいます」

 ただし、健康保険が適用できるのはBMIが35以上の重い肥満症の場合に限られる。BMI35といえば、身長171センチの人なら体重100キロ以上、158センチの人だと87キロを超えているような場合の数値で、「ちょっと体重が気になる」程度の人には程遠い数値だ。
気分転換なくイライラ

 もちろん、どんな薬もメリットばかりではない。

アンフェタミン(覚醒剤)と似た化学構造を持っているので、依存性が高いという問題があります。長く続けると効き目が落ちるので、3カ月続けたら次の3カ月は必ず休薬する必要があります

 食欲抑制剤はサノレックスのほかに、海外で出回っている薬もあり、個人輸入などで入手する人もいる。実際に食欲抑制剤を飲んだことがあるというユウコさん(女性、42)は、その効き目についてこう振り返る。

「午前中に飲むと、お昼になってもおなかが空かないのでランチを抜いても平気。夜は子どもと一緒なので一応食べますが、普段の半分ぐらいで十分」

 産後、増えたままの56キロの体重はわずか1週間で54キロを切ったが、ユウコさんはそこで飲むのをやめてしまった

一日デスクワークをしているので、ランチを抜くと気分転換の機会がなくてイライラしてくる。おなかは空かないけど、食べる楽しみがないと張り合いがないんです。本気を出せばこの薬でやせられそうだということはわかったので、いざという時に飲めばいいかなと思って

 努力がいらないはずの「やせ薬」なのに、本気を出さないと続けられないとは。ちなみに、飲むのをやめたら体重はあっという間に元に戻り、「いざという時」はまだやってこないという

●べっとり脂が便器に

 一方、食欲ではなく吸収に働きかける薬もある日本では未承認だが、海外では普及している「ゼニカル」という薬だ。
消化管で脂肪の吸収を助けるリパーゼという消化酵素の働きを阻害する薬で、服用すると摂取した脂肪の3割が吸収されずに便と一緒に排出されます」

 細田医師によると、430人の男女を対象にした調査で、4週間で平均4.1%の体重減少がみられ4人中3人が3カ月で平均8キロのダイエットに成功したという結果が報告されているという。

 サノレックスのように依存性はないため比較的安全に飲める薬だというが、日常生活に支障を及ぼしかねない副作用」があるという。

 実際にゼニカルを服用した自営業のヒロシさん(男性、43)は、その体験をこう語る
大便といっしょに大量の脂が出るので、『すごい効果だ!』と感激しました。でも、トイレを流してもラー油のような脂が便器にベットリとこびりついたまま。それを見たヨメに『急にこんなおかしなウンチが出るなんて、絶対悪い病気よ!』と大騒ぎされました」

 さらにヒロシさんを困惑させたのが、ゼニカルの副作用である「便失禁」である。思いがけないときに、脂混じりの水様便が少量出てしまうというのだ。

「こっそりオナラをしたときや、重いものを持ったりくしゃみをしたりしても出ることがあって、そのたびに冷や汗が出ました

 下着を通り越してズボンにまで染み出す量で、外出時は念のため着替えを持参したという。しかも、下着やズボンについたシミは洗濯しても漂白してもきれいにならず、ズボンを何枚もダメにしてしまった。

 それでも、100キロ近かった体重は2カ月で5キロ落ちたという。「この薬があるから食べても大丈夫」という安心感で、この期間は大好物の焼き肉やしゃぶしゃぶを思う存分食べていたとか。

●男性も生理用ナプキン

 こんなにすごい効果を実感したにもかかわらず、ヒロシさんは服用をやめてしまった。

「漏らすのも不安だし、汚れたトイレをそのままにしておくとヨメに怒られるのでその都度掃除するのが面倒で。何より、外出先のトイレは個室に掃除道具も置いてないし、汚したトイレを人に見られないかハラハラしながら逃げるのが嫌になってしまいました

 細田医師は「便失禁対策」についてこう解説する。

慣れるとある程度コントロールできるようになりますが、患者さんにはあらかじめお尻にティッシュを当てておいたり、男性でも生理用ナプキンを利用したりするよう勧めています」

 ちなみに、ゼニカルは脂肪の吸収を抑えることで体重減少が期待できる薬なので、普段から脂っこい料理をあまり食べない人には効果がないという。

 ゼニカルと同じリパーゼ阻害剤としては、武田薬品が「オブリーン」という薬を開発し、2013年に製造販売承認を得たが、中央社会保険医療協議会が薬価収載を見送った経緯があり、販売にいたっていない
海外の食欲抑制剤やゼニカルを個人輸入サイトなどを通して入手する人もいるが、偽物も出回っており、安易な利用は危険を伴うことも肝に銘じておきたい。

 これらの薬に抵抗がある人には、薬局やドラッグストアで入手できるOTC医薬品という選択肢もある。「コッコアポEX錠」(クラシエ薬品)、「ナイシトール」(小林製薬)、「新・ロート防風通聖散錠満量」(ロート製薬)などの主成分である防風通聖散は、脂質の代謝を促し、余分な脂肪を減らす効果がある。

漢方は効果がマイルドで副作用も少なく、肥満症の方でなくても安心して飲んでいただけます」(クラシエ薬品担当者)
●あくまでサポート役

 肝心の効果はどうなのか。

「弊社で17人の成人女性に服用してもらうテストを行ったところ、3カ月の服用で約65%の人に体重減少がみられ、約35%の人は4キロ以上体重が減ったという結果が出ました」(同)

 ただし、漢方には体質との相性があるため、まずは1週間程度試しに飲んでみるのがオススメだとか。体質に合っていれば便通改善や食欲の抑制といった効果が実感できるという

「食事の改善や運動を併用すると、より効果が実感しやすくなります」(同)

「やせ薬」であっても、食事制限や運動からは逃れられないのか。前出の細田医師は最後にこうアドバイスする。

薬はあくまでもダイエットの導入やサポートと考えるべきで、薬だけに頼っていては服用をやめると元に戻ってしまいます。薬の力を借りてドカ食いや大食いの習慣を改め、減った体重を維持できる生活習慣を身につけるのが重要です」(文中カタカナ名は仮名)

(ライター・森田悦子)





六本木の超有名ダンスショー「バーレスクTOKYO」が大阪キタにオープン!

これまで、数多のダンスショーパブを紹介してきた当連載だが、このジャンルで、現在人気ナンバーワンのお店といえば、六本木にある「バーレスクTOKYO」というのに異論を唱える者はいないはず。

 同店は、知名度はもちろん、メディア露出や女のコのレベル、ステージ……そのどれをとっても、業界を牽引する存在。そんなバーレスクTOKYOが2月、ついに大阪に進出するという情報を入手した。

 過去、バーレスクTOKYOに20回以上足を運んでいる編集部きってのパリピおっさんである私が足を運ばないわけにはいかない。知らない街で出会いたい、本当のパリピに! てなわけで、すぐに新大阪行きの新幹線に飛び乗った

ダンサーの右からなつこチャン、まみチャン、りさチャン。「来てくれた人みんなを笑顔にします!」(りさチャン)
ンサーの右からなつこチャン、まみチャン、りさチャン。「来てくれた人みんなを笑顔にします!」(りさチャン)【拡大】

  • 目の前で繰り広げられるポールダンスは圧巻。他にも、ステージに上がれるサプライズ演出あり
  • 水を使った序盤の演出でテンションは急上昇。「この演出が一番好き」という客は多い
  • 客が単にショーを見ているだけではなく、ダンサーと一緒に踊れるのが楽しい
  • MCの煽りで、徐々にパリピ化していく観客たち
  • チップ(10枚1000円)を女のコに渡すことで記念撮影が可能
  • 大阪キタの歓楽街・北新地
 ■会場を包む一体感に全員起立!

 大阪キタの歓楽街・北新地。ここに先月23日、「バーレスクOSAKA」はオープンした。

 21時、店の扉を開けると、早速爆音のEDMとともに、きらびやかなステージが目に飛び込んでくる。天井、壁面に張り巡らされたスクリーンを見ると、一気に非日常へとトリップさせられる。早速、セクシー衣装に身を包んだダンサーたちが迎え入れてくれた。

 「はじめまして! ここを世界一盛り上がる空間にしますので、みなさん応援してください!」

 黒ギャルダンサーのまみチャンはダンサー歴まだ1年。それなのにこの完成されたセクシーさよ! たくましさよ! まみチャン含めてバーレスクOSAKAの女のコも六本木に負けずかわいいよ!

 「ありがとうございます! 日本で一番有名なバーレスクで踊れて、めっちゃうれしいです!」

 こんな調子でダンサーと挨拶を終えると、いよいよショーがスタート。迫力のポールダンスはもちろん、AKBからマドンナまで、充実のセットリストが披露された。特に人気なのはショー中盤で披露された映画『バーレスク』の世界に合わせたステージ。出張の夜にこれを見たら疲れも吹き飛ぶな!

 ショーが後半に差し掛かると、バーレスクOSAKA最大の醍醐味である「オド芸」タイムに突入。これは客とダンサーが曲に合わせて一緒にフロアで踊るというもの。

 MCの煽りにより、この日スーツを着て座っていた客席のリーマンたちは全員起立。あっという間に全員北新地のパリピとなった!

 私ワルヂエも、女のコにネクタイを外され、頭に巻き付けられて完全に調子にのったオッサンに。

 「はいっ! みんなで肩組んで踊りましょー!」

 DJ OZUMAが流れ出すと、ダンサーのまりんチャンに煽られ、自然と表情が綻ぶ。次第に、踊る側と見る側という2つの関係性すらも融解し、最後はフロア内がなんとも言えぬ一体感に包まれる。そう、知らない街で出会ったのは、我を忘れて盛り上がる、まるで別人になったもう一人の自分だと気づいた夜なのでした。

 ■バーレスクOSAKA
(住)大阪府大阪市北区曽根崎新地1-3-8 ぐらんぱれ壱番館4階
(電)06-6345-4567
(営)20時半~翌3時
(休)なし
(料)5000円~(1ドリンク+ショー・税抜き)
 ステージは 20時30分~、22時30分~、24時30分~の3回

 【一行情報】宗右衛門町は下手なキャバクラよりサパーのほうが断然オススメ!
 【スパムの戯言】大阪に限らず日本全国に広がれ「オド芸」の輪

日本料理店を即パクって開店 中国で起業意欲が増加するも動機は不純




中国で、起業を望む若者が増加しているという。大手求人サイト『智聯招聘』が7月に行った調査では、卒業後に起業したいとする現役大学生は6・4%にのぼり、昨年から倍増したと述べた。

 もともと中国人は起業意欲が旺盛で、一流企業の社員よりも零細企業の社長になることを良しとする国民性がある。だが、若者たちの間で高まる起業意欲の動機はやや不純なようだ。中国人ジャーナリストの周来友氏は話す。

 「昨今の就職難に加え、両親から甘やかされて育ち、『人に使われるのが嫌』という若者が増えている。その結果、『自分で会社をつくってしまおう』という短絡的な起業が増えている。また、自分を特別な存在だと思い込んでいる人間が多く、漠然とした自信だけで突っ走ってしまう若い起業家も多い。最近、中国では若者の自殺が増加していますが、行き当たりばったりの起業に失敗して、思いつめた末の死というのも少なくないんです」

 彼らが起業を目指す業種の偏りも気になる。前出の調査によると、回答者の6割が、食品のテイクアウトやデリバリーといった中食産業の企業を目指しているだ。

 その理由について、上海市在住のビジネスコンサルタント・瀧直人さん(仮名・38歳)はこう言う。

 「飲食デリバリーサイト『餓了●(=摩の手がノの右下にム)(ウーラマ)』の大成功が影響しているんでしょう。提携する複数のレストランのデリバリーを注文できるこのサイトは、7年ほど前に上海交通大学の院生が立ち上げたもので、今や飲食デリバリー業界のトップになった。今年30歳になる創業者の総資産はすでに20億円ともいわれ、羨望の的となるのも無理はないのですが、同業界はすでに飽和状態ですからね……勝てるはずがない」

 憧れや模倣ばかりでは、ビジネスで成功を掴むことはできまい。広東省仏山市で貿易業を営む林田岳男さん(仮名・50歳)も、考えが甘すぎる若手起業家たちを何人も見てきたという。

 「キャバクラのホステスでありがちなのがアパレル小売業。当の本人たちはダサくて、ファッションセンスもないのに、ネット店舗を開店しただけですぐに客がつくと思っている。また、自分たちの理想の収入を先に設定し、そこから逆算して利益を乗っけるので、価格設定もメチャクチャ。こんな調子だから、すぐ潰れるのですが、開店資金もどうせどっかの男に出してもらっているので、痛くも痒くもないようです。日本人駐在員も何人か“被害”に遭ってます」上海市内で日本料理店を営む津森隆さん(仮名・45歳)も話す。


 「バイトで入ってきて、1か月くらいしたら辞め、すぐに見かけだけパクった店を開店する若い中国人がたまにいる。日本食もろくに食べたことがなかったにもかかわらず、たった1か月、厨房を覗いただけで日本料理店を始めるのだから、うまくいくはずがない。コックも雇わず、日系スーパーで売ってる和食のお惣菜を買い込み、5倍の値段で店に出していたヤツもいました。後先考えず、『とりあえずやってみる』という気概だけは見習いたいですが……(苦笑)」

 アリババのジャック・マーのような天才的経営者も輩出している中国だが、彼らの成功は、その1億倍ほどの失敗の上に成り立っているようだ。

 ◆2代目社長&同族経営リスク

 事業が軌道に乗っても安泰ではない。民間の7割を占める同族企業でも「後継リスク」が問題に。その失敗例を紹介!

海●(=晶の三つの日を金に)鋼鉄 山西省最大の民営企業だったが、22歳で経営に参画した創業者の息子が資金を浪費し、ついに’14年に破産した

海翔薬業 創業者一族のひとりが博打にのめり込み、創業40年間で積み上げた会社の資産を4 年で使い果たし話題に

真功夫 大手ファストフード。資産分配をめぐり創業者一族の内紛が勃発。双方によるTOBが繰り広げられ株価が乱高下

温州潤矛機器 20代の2代目社長が業績を落とし、工員に賃金を支払わず逃亡。操業停止に陥り、多くの顧客を失ったという

揚協成 200年前に中国で創業された食品メーカー。最近、創業者一族の骨肉の争いが不安定要素となり巨額損失を計上

中国主導インフラ投資銀行は機能しない】~チャイナ・リスクを見極めよ~

中国主導インフラ投資銀行は機能しない】~チャイナ・リスクを見極めよ~
[田村秀男]【中国主導インフラ投資銀行は機能しない】~チャイナ・リスクを見極めよ~

対外純資産のグラフ


2015年3月、英国に続き、ドイツ、フランス、イタリアも、中国主導で設立準備中のアジア・インフラ投資銀行(AIIB)に参加を表明した。

米国の同盟国中の同盟国英国が米国の制止を振り切ったことで、同じく米国から不参加を求められている豪州、韓国も参加に前のめりだ。

そこで、日本政府や産業界内部では一部に欧州への追随を求める声が出ている。メディアでは「流れが変わった以上、現実的な目線で中国の構想と向き合うべきではないか。AIIBの否定や対立ではなく、むしろ積極的に関与し、関係国の立場から建設的に注文を出していく道があるはずだ」(日経3月20日付け朝刊社説)と言い出す始末だ。よく調べてわかるだろうが、中国はアジアのインフラ開発融資で主導力を発揮できるはずはない。「親中派」メディアの無知さ、甘さには目を覆いたくなる。

まず、参加すれば、日経社説の言う通り「日本は注文を出せる」のだろうか。中国はAIIBに50%を出資し、本部を北京に置き、総裁も中国政府元高官。マイナーな出資比率の国の代表がAIIBの運営や事業について意見を表明するなら、理事会の場しかないはずだが、中国側の説明では理事会はほとんど開かず、もっぱら総裁の専決で諸事を決めて行く。

総裁は重要事項については共産党中央委員会にうかがいを立てる。突き詰めると党中央総書記の習近平国家主席が最終決定権限を持つ。つまり、AIIBとは中国政府の各部局と同じように、党の指令下にあると見るべきだ。習総書記名代に過ぎないAIIB総裁に日本代表が物申せば通る、と信じるようなら、北京ではそれこそ物笑いの種にされるだろう。

AIIBは世界一の外貨準備を持つ中国の信用力と国際金融センターロンドンの英国の参加で、有利な条件で資金調達できる、と評価する見方もある。となると、年間で90兆~100兆円のアジア地域インフラ整備が実現するかのような気になり、「参加しないと受注競争で不利になる」というあせりにつながる。日経は上記の社説掲載以降、こうした産業界や政府内部の見方を引き合いに出しながら、暗に政府に参加を促し続けている。

では、中国はそれほど対外資金を提供することができるだろうか。中国の外貨準備は2014年12月末3兆8430億ドルに上るが、同年6月に比べて1500億ドルも減った。不動産市況や景気減速を背景に資本逃避に加速がかかっているためだ。外準を対外融資に役立てるどころか、中国当局は対外借り入れを増やして外準のこれ以上の縮小に歯止めをかけようと躍起となっている。

しかも、外準をおいそれと対外融資の財源に使えるはずはない。中国の金融制度というのは、中国人民銀行が流入する外貨に見合う人民元資金を発行する。外貨を取り崩そうとすれば民元資金供給を減らさざるをえなくなる。すると国内経済にデフレ圧力がかかる。外準は見せ金にしか過ぎなく、惜しみもなく対外信用供与に回すはずはないのだ。

対外資産から対外負債を差し引いたものが「対外純資産」である。純資産が多ければ、それだけ外部からの借金に頼らず、外部により大きな債権を持つのだから「債権大国」と呼ばれる。第1位は日本、第2位が中国、3位がドイツで、3カ国を比べたのが本グラフ(トップ画像参照)である。

中国の対外純資産は14年9月末時で1.8兆ドルの対外純債権を持ち、日本に次ぐが、外準を除くと、負債は資産を2.4兆ドルも上回る。外準も資産には違いないが、融資や証券のような他の金融資産と同列に扱うことはできない。実質的な中身からすれば、中国は「債権大国」どころか、債務大国なのである。

ロンドンなど国際金融市場にとってみれば、資本逃避に悩む中国は国際金融界にとって発展途上国の中で最大の融資先になっている。国際決済銀行(BIS、本部スイス・バーゼル)によると、中国の海外の銀行からの借り入れ残高は14年9月末、1兆700億ドルで、前年比2800億ドル増えた。世界全体での国際銀行融資2700億ドル増をしのぐ。

英国の参加はロンドンが取り仕切る国際金融界が中国の野心の後を押し、その上がりで儲けようという強欲主義そのものだ。それは戦前、ナチスにカネを流した国際金融界の姿とダブる。英国はお得意さん中国のAIIB参加要請に応えたのだろうが、国際金融界はリスクに応じて高い金利を要求するだろう。

巨額のインフラ・プロジェクト融資が北京主導でできるはずはない。日本の金融界は国際金融市場への最大の資金の出し手である。日経新聞など国内の中国に大甘の見方には与せずに、冷静にチャイナリスクを見極めるべきなのだ。