忍者ブログ

時代を見通す日本の基礎情報

日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the

中国系実業家も暗躍する八百長シンジケート…

 日本代表のアギーレ監督が八百長に関与した疑いでスペイン検察当局から告発された問題が波紋を広げている。

 疑惑が持たれているのは、2011年5月21日のスペイン1部リーグ最終節の試合。アギーレ監督が当時率いていたサラゴサ(現2部)がレバンテを2-1で下して1部残留を決めたが、サラゴサの会長ら幹部とアギーレ監督らが試合の結果を操作することで合意し、合計96万5千ユーロ(約1億4千万円)がレバンテの選手らに渡ったとされている。日本サッカー協会はアギーレ監督への聞き取り調査を行うとともに、情報収集。原博実専務理事が記者会見するなどして「現時点でアギーレ監督をどうとは考えてない」と強調したが、早期の監督交代を望む意見や、アギーレ監督を招聘(しょうへい)した日本協会の責任を問う声などが噴出している。

 まさに日本のサッカー界を揺るがす様相を呈しているが、世界の八百長事情を見ると、もっと深刻な事態となっている。

20%が八百長試合でプレーしたフィンランド

 国際プロサッカー選手会(FIFPro)が近年に八百長問題が発生した欧州の国や地域でプレーする選手へのアンケートを行い、今年5月に発表した報告書によると、フィンランドでは20%の選手が八百長と認定された試合でプレーした経験があると答えていた。ギリシャでは13・7%だったが、この1年間に国内リーグで八百長が行われているだろう信じるに足る何らかの証拠を持っていると答えた選手は64%にも上っていた。

フィンランドでは05年に中国系実業家が国内リーグのクラブの株式を取得し、八百長を行ったとされている。07年にはゴシップ紙が故意に試合に負けることによって1万ユーロ(約146万円)を受け取ったことを認めた選手のインタビューを掲載。11年には国際的な八百長シンジケートの黒幕の一人が逮捕されるとともに、トレーニングの最中に選手9人が拘束される事態も発生した。この黒幕は08年~09年シーズンの約30試合で八百長を行おうとしていたことが明らかになっている。

 また、ファンやサポーターの過激さでも悪名高いギリシャでは、国内クラブのオーナーが脅迫や買収の罪で告発され、13年に4年6カ月の実刑判決を受けている。

国際的犯罪シンジケートが暗躍、八百長の脅威 八百長に関与した疑いで告発された日本代表のアギ-レ監督。八百長はサッカー界全体を脅かす問題となっている

 このほか、ブックメーカー(賭け屋)が盛んなイングランドでは13年に6部に相当するリーグで賭博の賭け率が異常な数値を示し、イングランド協会が声明を発表。ハンガリーでも昨年、元選手が八百長に関わったことを認めるとともに、45人が国際的な八百長シンジケートに参加していたことが明らかになった。45人は32試合を操作し、その中にはイタリア1部リーグ(セリエA)やフィンランドリーグの試合も含まれていた。

06年にユベントスの元ゼネラルマネジャー(GM)らによる審判への不正工作疑惑「カルチョス・キャンダル」が発覚したイタリアでも昨年、シンガポールを根拠地とする国際的な八百長シンジケートの一員が逮捕されている。この国際的なシンジケートは捜査機関から「ダン・タン」のコードネームで呼ばれる中国系シンガポール人実業家が黒幕とされ、以前にも書いたことがあるが、昨年2月初めに欧州刑事警察機構(ユーロポール)が「08年~11年に行われた680試合で八百長の疑いがあり、選手や審判など15カ国の425人が不正に関与した」と発表して、その存在がクローズアップされるようになった。フィンランドで逮捕された黒幕の一人も仲間だったとされている。

 アギーレ監督に対する告発が受理され、本格的な捜査が行われるのかどうかは不透明だが、八百長が世界のサッカーをむしばむ脅威となっているのは間違いない。

中国系実業家も暗躍する八百長シンジケート…アギーレ疑惑は序の口、世界サッカー包む深い闇中国系実業家も暗躍する八百長シンジケート…アギーレ疑惑は序の口、世界サッカー包む深い闇

PR
06年にユベントスの元ゼネラルマネジャー(GM)らによる審判への不正工作疑惑「カルチョス・キャンダル」が発覚したイタリアでも昨年、シンガポールを根拠地とする国際的な八百長シンジケートの一員が逮捕されている。この国際的なシンジケートは捜査機関から「ダン・タン」のコードネームで呼ばれる中国系シンガポール人実業家が黒幕とされ、以前にも書いたことがあるが、昨年2月初めに欧州刑事警察機構(ユーロポール)が「08年~11年に行われた680試合で八百長の疑いがあり、選手や審判など15カ国の425人が不正に関与した」と発表して、その存在がクローズアップされるようになった。フィンランドで逮捕された黒幕の一人も仲間だったとされている。

 アギーレ監督に対する告発が受理され、本格的な捜査が行われるのかどうかは不透明だが、八百長が世界のサッカーをむしばむ脅威となっているのは間違いない。

中国系実業家も暗躍する八百長シンジケート…アギーレ疑惑は序の口、世界サッカー包む深い闇中国系実業家も暗躍する八百長シンジケート…アギーレ疑惑は序の口、世界サッカー包む深い闇

PR
" dc:identifier="http://zero.indiesj.com/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E7%B3%BB%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6%E3%82%82%E6%9A%97%E8%BA%8D%E3%81%99%E3%82%8B%E5%85%AB%E7%99%BE%E9%95%B7%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88%E2%80%A6" /> -->

「ミネイランの惨劇」で変質したブラジル 「勝利」だけしか見ないカナリア軍団の“凄み”

 日本戦の後半、2点目のゴールを決め喜ぶブラジルのネイマール(10)=

10月14日、シンガポール(共同)
サッカーのブラジル代表が鬼気迫る快進撃を続けている。自国開催だった2014年のワールドカップ(W杯)準決勝でドイツに1-7で屈する“ミネイランの惨劇”で散った王国は、W杯後の国際親善試合で6戦全勝と威信を取り戻しつつある。ドゥンガ新監督の下、国民の信頼を取り戻すために勝利だけを目指して戦うブラジルほど怖いチームはない。

◆  ◆  ◆

 10月14日にシンガポールで行われた国際親善試合では日本も餌食にした。ネイマール(バルセロナ)やオスカル(チェルシー)といった世界的スーパースターを先発させて、若手中心だった日本を4-0で一蹴。全得点をたたき出したネイマールは「特別な夜だった。4ゴールは初めてで、この喜びは何物にも代え難い」と振り返った。

 日本側の反応がブラジルのすごみを物語っていた。後半途中から出場した武藤は「これほどの差を感じたのは生まれて初めて」とがっくり。フル出場した森重は「力の差を考えたら妥当な結果だった」と白旗を揚げ、アギーレ監督も「強豪と戦った選手が自信を失ってしまったようだ」とうなだれるしかなかった。

 3日前にはブラジルW杯準優勝で国際サッカー連盟(FIFA)ランク2位の宿敵アルゼンチンも2-0で撃破。それ以外の相手も強豪ぞろいで、9月には同3位のコロンビアを1-0で、11月には同23位のオーストリアを2-1で下している。相手もさることながら、全試合をアウェー、または中立地で戦って白星をもぎ取っているのだから恐れ入る。

◆  ◆  ◆

 

 背景にあるのは「ミネイランの惨劇」だ。7月8日にブラジルW杯準決勝が行われたのは、ベロオリゾンテのミネイラン競技場。自国開催で優勝を義務付けられていたブラジルは、最終的に頂点まで駆け上がるドイツに1-7という歴史的大敗を喫した。


この試合を境にブラジル国内の雰囲気は一変。国中に誇らしげに掲げられ、多くの車がたなびかせていたブラジル国旗や、街中にあふれかえっていたチームカラーであるカナリア色のユニホームは激減。優勝以外は敗退と考えるブラジル国民のW杯に寄せる関心は消えうせ、ブラジル代表に寄せる信頼も地に落ちた。

 戦意を完全に喪失したブラジルは4日後の3位決定戦でオランダに0-3で大敗。ミネイランの惨劇後にスコラリ監督が「人生で最悪の日だ。私は1-7で敗れたチームの指揮官として記憶に残るのだろう」と語ったように、サッカーというスポーツが存在する限り語り継がれていく“負の伝説”となった。

◆  ◆  ◆

 国民からはもちろん、世界中から敬意を払われてきたブラジル代表に、15年南米選手権や18年W杯ロシア大会を見据えたチーム作りなどと悠長なことをいっていられる余裕はない。ブラジルW杯後に就任したドゥンガ監督が「ブラジル代表の誇りを取り戻す」と誓ったように、すぐにでも必要なのはサッカー王国の自信と国民の信頼を回復することだ。そのために何よりも求められているのは結果。白星街道を驀進するブラジルの原動力はここにある。

「ミネイランの惨劇」で変質したブラジル 「勝利」だけしか見ないカナリア軍団の“凄み”「ミネイランの惨劇」で変質したブラジル 「勝利」だけしか見ないカナリア軍団の“凄み”「ミネイランの惨劇」で変質したブラジル 「勝利」だけしか見ないカナリア軍団の“凄み”





  • ■ブラジルW杯後のブラジル代表6連勝

試合日      対戦相手       スコア

2014・9・5 コロンビア(3)   1-0

       9 エクアドル(26)  1-0

   10・11 アルゼンチン(2)  2-0

      14 日本(54)     4-0

   11・12 トルコ(49)    4-0

      18 オーストリア(23) 2-1

※丸数字は最新の国際サッカー連盟ランク。ブラジルは6位





  • ■ブラジルW杯後のブラジル代表6連勝

試合日      対戦相手       スコア

2014・9・5 コロンビア(3)   1-0

       9 エクアドル(26)  1-0

   10・11 アルゼンチン(2)  2-0

      14 日本(54)     4-0

   11・12 トルコ(49)    4-0

      18 オーストリア(23) 2-1

※丸数字は最新の国際サッカー連盟ランク。ブラジルは6位

" dc:identifier="http://zero.indiesj.com/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/%E3%80%8C%E3%83%9F%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%83%A8%E5%8A%87%E3%80%8D%E3%81%A7%E5%A4%89%E8%B3%AA%E3%81%97%E3%81%9F%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%AB%E3%80%80%E3%80%8C%E5%8B%9D%E5%88%A9%E3%80%8D%E3%81%A0%E3%81%91" /> -->

W杯惨敗「日本代表」の変化…パスサッカーの“呪縛”は解かれたか

サッカーの日本代表がワールドカップ(W杯)ブラジル大会の惨敗を糧に成長の兆しをみせている。2014年最後の試合となった11月の豪州戦では、柔軟な布陣変更とゲームの流れを読み切る冷静さで序盤の劣勢をひっくり返す勝利。そこに「自分たちのサッカーができなかった」とブラジルW杯の敗因を繰り返した弱々しさはなく、強豪相手にもしたたかに戦っていける可能性を感じさせた。キーワードは臨機応変だ。

  ◆  ◆  ◆ 豪州との国際親善試合で、岡崎は技ありのヒールキックで2点目を決めた=11月18日、ヤンマー

 試合開始直後から豪州に攻め立てられる展開を変えるきっかけとなったのは、前半30分過ぎの布陣変更だった。アンカー長谷部の前に香川と遠藤が並んでいた中盤を、長谷部と遠藤がダブルボランチで並び、前方に香川を置く形に変更。狙われていた長谷部の両脇のスペースを遠藤と2人で埋め、

 W杯惨敗「日本代表」の変化…パスサッカーの“呪縛”は解かれたかW杯惨敗「日本代表」の変化…パスサッカーの“呪縛”は解かれたかW杯惨敗「日本代表」の変化…パスサッカーの“呪縛”は解かれたか

アギーレ監督が基本布陣とする4-3-3は、ザッケローニ前監督時代から採用していた4-2-3-1に近くなった。先発のうち9人がブラジルW杯代表だったこともあり、慣れ親しんだ布陣はスムーズに機能。遠藤は「ハセ(長谷部)の脇を使われていたので修正した」と説明する。

 指揮官の指示を待つのではなく、選手たちがピッチ上で感じた“やりづらさ”を解消したところも頼もしい。長谷部は「ピッチの中で話していて、自分たちからいおうと思っていたタイミングで監督からも指示があった。今までやっていて慣れている部分もあったし、うまく回るようになった」と振り返った。

 アギーレ監督は4-3-3を基本にしながら、攻撃時にはアンカーがDFラインまで下がって両サイドバックを押し上げる3-4-3も多用する。そこにザッケローニ前監督が好んだ4-2-3-1のオプションも組み合わせ、相手の出方をみながら対応できれば試合運びの幅は広がる。ブラジルW杯では見られなかった柔軟さを身につけつつある。

劣勢をはね返すきっかけが柔軟な布陣変更であれば、勝負を決めたのは試合の流れを見極める目だった。豪州の激しいプレスに悩まされてボールを回せなかった前半はロングボールを多用。アギーレ監督は「相手のプレスが厳しいとボールはつなぎにくく、ミスをすればピンチになる。自陣のゴールから遠いところでプレーすることを心がけた」と考えていた。

 勝利への道筋を描いた上での戦い方だった。豪州のハイペースは明らかで、「相手が疲れてきて引いて守るようになり、私たちにボールをつなぐスペースができてきた。こういう形を予想していた」とアギーレ監督。思惑通りに前半を耐えしのぎ、後半に主導権を奪った日本は16分に今野、23分に岡崎が立て続けにゴールを決めてアジアのライバルを沈めた。

 高い技術と敏捷性、組織力を武器とする日本は、ボールを大事にするサッカーを志向してきた。それが勝利への最短距離だと考えたからこそ、ザッケローニ前監督もこだわったのだろう。しかし、強豪相手に主導権を握るのは難しく、状況に応じて戦い方を変える必要性も出てくる。豪州戦ではブラジルW杯で突きつけられた難題に対して1つの解決策を示すことができた。

  ◆  ◆  ◆

 ブラジルW杯ではパスを回してゴールに迫るサッカーを貫いた。思うように主導権を握れずに1分け2敗で1次リーグで散ると、選手の口をついたのは「自分たちのサッカーができなかった」という分かったようでいて実際にはよく分からない敗因だった。

 しかし、日本は苦い経験を生かして前に進もうとしている。劣勢にも戸惑うことなく対応して勝利につなげた豪州戦後、本田と長谷部は「臨機応変に戦えた」と満足感を漂わせた。会心の1試合だけで判断するのは時期尚早であるのは確かだ。それでも来年1月に豪州で行われるアジア杯連覇、18年ロシアW杯でのリベンジに向けて期待を抱かせる1試合だったのもまた事実だ。


大阪で見た! 欽ちゃん“愛弟子”女性監督、片岡安祐美

世の中、女性管理職ばやり。社会人野球も例外ではない。注目の女性監督、茨城ゴールデンゴールズの片岡安祐美(27)は就任4年目の2014年、ついに日本選手権出場を果たした。11月6日の初戦で都市対抗優勝の強豪、西濃運輸に敗れてしまったが、ベンチ最前列で小さい体をめいっぱい動かしてチームを鼓舞。ひときわ注目を集めた。

男のプライド、忘れない 試合中は笑顔で

 野太い男の声に交じって、ひときわ甲高い声が京セラドーム大阪いっぱいに響いた。

 「さあ、チャンスだよ。ここで一発決めよう!」「いいとこ見せようよ。応援、たくさん来てくれてるよ!」

 笑顔を絶やさない。片岡監督を見ていると、リードされている展開でも優位に立っているのか、と錯覚するほど。

 「選手はみんな緊張しています。監督の私が笑ってその緊張をほぐし、のびのびプレーしてくれたらいい」

 監督就任4年目。いい意味で余分な力が抜けている。「一番難しい」と言っていた投手交代も七回、助監督兼任の岩田紀彦投手(33)の球威が落ちたと見ると、すぱっと山本武蔵投手(28)に代えた。

 「お疲れさまでした」

 チーム結成時からのメンバーでもあるベテラン岩田を笑顔でねぎらった。

 「男性選手は年上年下関係なく『たてる』のが基本。絶対にブライドを傷つけてはいけない」

 野球だけに限らない。これは女性管理職の部下操縦法の鉄則

言うべきことは言う

 萩本欽一さん(現在73歳)が2005年に創設した茨城ゴールデンゴールズ。元プロ選手をコーチに迎え、甲子園常連高校出身の有力選手も加わってチーム力をつけ2007、2008年とクラブ選手権を制し、日本選手権にも連続出場した。

 しかし所属選手の淫行事件発覚に加え、不況でスポンサーが相次いで撤退。主力選手も次々と抜け、勝利から遠ざかった。2010年秋。片岡監督が萩本さんから監督に指名されたのはそんなチームがどん底の時期だった。

 最初はどうしても遠慮があった。言いたいことがあっても、言葉にできない。「がんにい(岩兄)」と慕う助監督の岩田に頼りすぎた部分も多かった。

 悩みと挫折の末に出した結論は自らの意識改革だった。

 「もう一度クラブ選手権で勝つために、言うべきことはすべて言う」

 2014年のシーズンが始まる前、片岡監督は心に決めた。選手個々の表情や調子。岩田とともに情報を共有した。その情報を元に打順を組み替えた。投手起用にも迷いが消えた。内野手として選手登録もしているが、選手出場の願望を封印し、監督に専念してチームをまとめた。

 成果はすぐに出た。2014年9月のクラブ選手権決勝は延長タイブレークの末、岩田の決勝打で優勝。「頑張ったごほうびとして」(片岡監督)6年ぶりの日本選手権出場もついてきた。

10年目にダッシュ

 社会人野球といいながら、クラブチームの台所事情は極めて厳しい。以前は萩本さんに経費のほぼ全額を頼っていたが、現在は選手が月2000円の「部費」を払う。選手はパチンコ店、引っ越し業者、ガソリンスタンド、ゴルフ場でアルバイトをしながら野球を続ける。練習時間も限られている。

 「貴重な時間なんだから野球をするときは精いっぱい楽しもうよ」

 片岡監督はいつもナインにそう声をかける。女性監督と男子選手の絆は確実に深まっていた。

 「ここまでこれたのは監督のおかげ。彼女がどんなときも勝つと信じていたから勝てた」

 敗れたナインに無念さはなかった。

 2015年はチーム創設10年目。「そうなんですよ。来年こそ、日本選手権初勝利やりますよ」

 夢への挑戦は続く。

このニュースの写真

  • 大阪で見た! 欽ちゃん“愛弟子”女性監督、片岡安祐美のホンネと夢大阪で見た! 欽ちゃん“愛弟子”女性監督、片岡安祐美のホンネと夢大阪で見た! 欽ちゃん“愛弟子”女性監督、片岡安祐美のホンネと夢大阪で見た! 欽ちゃん“愛弟子”女性監督、片岡安祐美のホンネと夢大阪で見た! 欽ちゃん“愛弟子”女性監督、片岡安祐美のホンネと夢大阪で見た! 欽ちゃん“愛弟子”女性監督、片岡安祐美のホンネと夢
  • 大阪で見た! 欽ちゃん“愛弟子”女性監督、片岡安祐美のホンネと夢
  • 大阪で見た! 欽ちゃん“愛弟子”女性監督、片岡安祐美のホンネと夢大阪で見た! 欽ちゃん“愛弟子”女性監督、片岡安祐美のホンネと夢大阪で見た! 欽ちゃん“愛弟子”女性監督、片岡安祐美のホンネと夢大阪で見た! 欽ちゃん“愛弟子”女性監督、片岡安祐美のホンネと夢大阪で見た! 欽ちゃん“愛弟子”女性監督、片岡安祐美のホンネと夢大阪で見た! 欽ちゃん“愛弟子”女性監督、片岡安祐美のホンネと夢
  • 大阪で見た! 欽ちゃん“愛弟子”女性監督、片岡安祐美のホンネと夢
  • " dc:identifier="http://zero.indiesj.com/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E3%81%A7%E8%A6%8B%E3%81%9F%EF%BC%81%E3%80%80%E6%AC%BD%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E2%80%9C%E6%84%9B%E5%BC%9F%E5%AD%90%E2%80%9D%E5%A5%B3%E6%80%A7%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E3%80%81%E7%89%87%E5%B2%A1%E5%AE%89%E7%A5%90%E7%BE%8E" /> -->