忍者ブログ

時代を見通す日本の基礎情報

日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the

敗戦後の日本の復興は改めてスゴイ!やっぱり奇跡としか言いようがない!=中国


日本は第2次世界大戦で敗戦し、本土の空襲などを受けたことから各都市は焼け野原となった。しかし、終戦から19年後にあたる1964年には東京五輪を開催したほか、世界初の高速鉄道である新幹線も同年に開業するなど、目覚ましい復興を遂げた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 日本は第2次世界大戦で敗戦し、本土の空襲などを受けたことから各都市は焼け野原となった。しかし、終戦から19年後にあたる1964年には東京五輪を開催したほか、世界初の高速鉄道である新幹線も同年に開業するなど、目覚ましい復興を遂げた。

 中国メディアの今日頭条は28日、空襲と敗戦によって焼け野原になった日本が極めて短期間で復興を遂げたことは日本人が起こした奇跡」であると伝える記事を掲載した。

 記事は、日本が戦争中に本土の爆撃を何度も受け、非常に多くの死傷者が出たと紹介する一方、国の次世代を担う少年少女は都市部から地方へと疎開していたと紹介。終戦を迎えた時の日本は物資はもちろん、食べ物にも困るような状況で、流通システムも機能していなかったため、日本各地に闇市が誕生したほどだったと伝えた。

 一方、日本は敗戦から20年もかからずに東京五輪を開催させ、東京を国際都市として世界にアピールすることに成功したのは奇跡としか言いようがない」と指摘特に1964年の東京五輪はアジアで初めて行われた五輪であり、新幹線のみならず日本は五輪までに羽田空港や東京港の拡張整備なども行ったと伝え、これらがすべて敗戦から20年以内に行われたのだと驚きを示した。

 さらに記事は、日本が奇跡と称される復興を成し遂げたのは米国の援助や米ソ冷戦という外部環境を活用しつつ、日本人自身が努力した結果であると伝え、中国は当時の日本から学ぶべき点は数多くあるはずだと伝えている。(編集担当:村山健二

PR

ここまで無能とは呆れる韓国大統領。。北朝鮮が平昌五輪を“人質”に文在寅政権を揺さぶり

ソウル=桜井紀雄】北朝鮮が来年2月開催の平昌五輪の出場枠を獲得したフィギュアスケートのペアについて、期限までに出場の意思を示さなかったと韓国メディアなどが1日までに報じた北朝鮮が11月29日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射したことで欧州で五輪参加を危ぶむ声も広がっており、北朝鮮に五輪参加を求めてきた文在寅政権の“対話構想”も暗礁に乗り上げている。


 北朝鮮は9月、リョム・テオク、キム・ジュシク組五輪競技で唯一の出場枠を得たが、10月末の期限までに国際スケート連盟(ISU)出場通知をしなかったという。米メディアは、日本に出場権が移る見通しだと伝えた。


 文大統領は対話の足掛かりにと、北朝鮮に一貫して五輪参加を求めてきた。だが、今回のICBM発射が冷や水を浴びせた。


 文氏は、トランプ米大統領が11月30日の電話会談で、五輪への高官級の代表団派遣を表明したのに謝意を示し、「各国に安全な大会との確信を与えるだろう」と述べた。一方で、29日の国家安全保障会議(NSC)では「米国が先制攻撃を念頭に置くような事態は防がなければならない」との懸念も示していた


 米国がこれ以上、対北強硬に傾くことを文氏が警戒するのは、北朝鮮の五輪参加が頓挫するとの危惧があるためだと指摘される政府や与党内からは来年3月のパラリンピック開催期間にぶつかる米韓軍事演習を中止または先送りすべきだとの声まで上がっている。


 金正恩朝鮮労働党委員長はスポーツ強国建設」を掲げており、五輪はまたとない国威発揚の舞台のはずだ。ただ、参加の可否を明らかにしないことで、韓国が対北圧力に及び腰になり、日米との足並みが乱れれば、思うつぼでもある。


 国際オリンピック委員会(IOC)は、北朝鮮にワイルドカード(推薦枠)を与えることを検討しており、五輪出場の道は残されている。同時にまた、北朝鮮が参加の意思について沈黙を守ることで、五輪を“人質”に、米韓の出方をうかがう状況は続きそうだ。


なぜか浮かぬ顔平昌まで高速鉄道完成

 韓国の鉄道が来年2月の平昌五輪に向け高速鉄道「京江(キョンガン)線」を完成させた。首都ソウル(京)と東海岸の江陵(カンヌン)市をつなぐのでこの名称となったが、こうした路線名は日本方式を踏襲したかたちで面白い。


来年2月の開幕に向け、建設が進む平昌五輪スタジアム=韓国・平昌(共同)来年2月の開幕に向け、建設が進む平昌五輪スタジアム=韓国・平昌(共同)

 この結果、在来線で6時間かかったところが2時間足らずで行けるから実に便利になる。沿線はほとんど山間部でトンネルが多いが、趣味の渓流釣りの現場がこのあたりなので、いったん高速鉄道で東海岸に出てから山に向かえば、かなり時間節約になりそうだ。


 これまで東海岸方面は冬より夏のリゾートとして知られてきた。そこで地元の人に「高速鉄道は夏の海水浴客にも人気が出るだろうね」と元気づけたところ、「韓国人は家族連れなどみんなでマイカーというのが多いから五輪後はどうかな?」と意外に浮かぬ顔だった。


 韓国の鉄道も車に押されて苦戦が続いている。日本を参考に観光列車や駅ビルビジネスなどで集客に努力しているが、高速鉄道化も人気挽回策というわけだ。


 ところで歴史的に日本モデルでやってきた韓国鉄道なのに高速鉄道をはじめ機関士や駅員が帽子をかぶっていないのは不思議だ「制帽は安全と信頼のシンボル」なのだからぜひかぶってほしい、と日本人の鉄道ファンは思うのだった。(黒田勝弘)



 豪政府今さながら中国の内政干渉に対抗外国人政治献金など禁止へ

【シンガポール=吉村英輝】オーストラリア政府は、中国を念頭に、不当な内政干渉を阻止するため、年内に法案を議会に提出する外国人からの政治献金を禁止するほか、国外から資金提供を受けて活動する国内組織に登録を義務づけて監視を強化する。豪州では、政治家や留学生を利用した中国による政治工作が活発化しているとされており、法整備を通じて対抗措置を講じる。


 豪州のブランディス司法長官は14日の連邦議会で、「スパイ活動や内政干渉の工作は、深刻な主権侵害を引き起こす」と述べた。そして問題は「最悪の状況にあり悪化している」と指摘した。現地メディアによると、ブランディス氏は今年7月に渡米し、米国の安全保障当局から、海外からの内政干渉対策についてのアドバイスを受けた。その際、中国共産党が豪州でロビー団体や財界人などを駆使し、地方や連邦政府に組織的な工作を仕掛けている実態についても、情報提供を受けたという。


 豪州では近年、中国出身の富豪や実業家が政党などに巨額献金を行い政治家に圧力をかけて南シナ海問題に関する発言を封じた疑惑が報じられるなど経済力を背景にした中国による内政干渉が問題視されている。


 豪州の外国人留学生は今年9月、対前年同月比13%増の約59万人で、中国出身者は29%と2位のインド(11%)を大きく上回る。市民権を得た学生や移民2世らを加えれば、中国人学生は各キャンパスの一大勢力となっている。


だが、豪州の大学では、これら中国人学生が、在豪の中国大使館や領事館から指示を受け、中国に不利な内容の授業内容に集団で抗議を展開するなど露骨な中国擁護活動を頻繁に展開している中国に関する書籍出版が中止に追い込まれたケースもある。


 実態報告を受けたビショップ外相は先月「言論の自由を制限するいかなる活動にも、留学生や外国人研究者は参加してほしくない」と、間接的ながら中国に対し警告を発した。