忍者ブログ
日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the
西日本豪雨の被害で断水が続く広島県呉市。13日から徐々に水の供給が再開されたが、本格的な復旧までにはなお時間がかかる。断水で困っている住民に水を届けようと、広島市など各地の被災者らが協力し、資金提供や調達、宅配など役割分担して飲料水などを届ける“善意のリレー”を続けている。受け取った住民からは感謝の声が聞かれた。(山本尚美)

 届ける水の調達資金など150万円を出したのは広島市安佐南区の会社経営、浜博昭さん(71)。友人でボランティア活動に熱心な区内の福祉施設経営、大上正城さん(60)が、西日本豪雨で断水した被災地に水を届けようとしているのを聞き、即座に資金を提供した。依頼した親子に水を届ける半田浩士さん(左)=広島県呉市]
依頼した親子に水を届ける半田浩士さん(左)=広島県呉市


 大上さんは断水した被災地で高齢者が給水所の列に並んでいる姿を見て、断水地区に水を届けてきたが、「量がないと焼け石に水」と痛感。複数の飲料水メーカーなどに協力を依頼したが、「まずは市場の流通量を安定させたい」などと次々断られた。


 そんな大上さんの苦境を社員から聞いた県内の飲料メーカーの社長が直々に協力を申し出た。ただし、水は提供できても、メーカー自体が被災していて運搬はできないという。大上さんは自分でメーカーに水を引き取りに行くことにした。


 その水の宅配役をかって出たのが呉市倉橋町の半田浩士さん(56)だ。
半田さんは約10年前、広島市から夫婦で呉市倉橋町に移住し、農業と漁業に挑戦。収穫した農水産物を個人販売して生計を立ててきた。しかし今回の豪雨で畑や水槽が被害を受け、収穫前のトウモロコシや出荷前のオコゼなどが全滅。被災を心配して電話をかけてきた大上さんに、「当面は他の被災者の役に立つことをするつもり」と伝えた。


 そんな“善意のリレー”をつなげるため、大上さんは、飲料メーカーから1200ケース(2リットル容器6本入り)を調達。宅配役の半田さん宅まで、片道70キロ以上もある距離を何度も往復して届けた。豪雨被害の影響で交通渋滞が激しく、届けて帰宅すると明け方になったことも。


 大上さんらはSNS(会員制交流サイト)を通じて、呉市で水が必要な家庭には届けるので名乗り出てほしいと呼びかけた。


 水を受け取った半田さんは、SNSの呼びかけに応じて依頼を寄せてきた呉市中央の主婦、沖原由佳子さん(36)宅に車で2ケースを届けた


 沖原さんには生後8カ月と5歳の息子2人がいる。自宅は断水エリアではないが、水道から出る水が泥臭く、飲ませるには不安があったという。水を受け取ると、「これで安心して離乳食が作れます」と笑顔をみせた。

届けた終えた半田さんは「自分の復興が1カ月先になっても、今は喜んでくれる人がいればいい」と汗をぬぐい、次の届け先に向けて急いだ。


 SNS上では、自分も細い路地を上がった高台の高齢者宅に宅配したい、などと手伝いを申し出る呉市民もいて、リレーはさらに広がりをみせている






PR
  • 尖閣諸島の大正島北東の接続水域外を航行する中国海軍の病院船=6月29日(海上保安庁提供) 尖閣諸島の大正島北東の接続水域外を航行する中国海軍の病院船=6月29日(海上保安庁提供)
  • トランプ氏と習氏による貿易戦争は、尖閣諸島情勢に影響を与える可能性がある
  • 沖縄県・尖閣諸島の周辺海域で「異常事態」が起きている公船侵入を続けてきた中国海警局が軍の指揮下に入り、中国海軍は病院船を接続水域で航行させたのだ。米国と中国の「貿易戦争」が過熱する陰で、「有事」を意識した動きの可能性もあり、米軍は警戒を強めている。専門家は、国内不満が高まり、貿易戦争で苦境に立たされた中国共産党が、尖閣強奪で活路を見いだす危険もあると分析した。日本固有の領土への侵略を許してはならない。

     「(北朝鮮の)金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、われわれの署名した契約(=共同文書)、さらに重要である、われわれが交わした握手を尊重すると信じている。その一方で、中国は貿易に関するわれわれ(米国)の態度を理由に、合意に悪い圧力をかけている可能性がある。そうではないことを望んでいる!」


     ドナルド・トランプ米大統領は9日、自身のツイッターにこう投稿した。北朝鮮の非核化をめぐり、正恩氏を評価しながら、中国に対する不信感をにじませていた。


     米中両国は6日、「貿易戦争」に突入した。年間500億ドル(約5兆5000億円)相当の製品を対象にした制裁措置(追加関税)のうち、340億ドル(約3兆7400億円)分について、先行実施したのだ。


     世界経済の最大リスクとなった「米中貿易戦争」について、トランプ米政権の暴走を指摘する向きもあるが、それだけではない

  • 習近平国家主席率いる中国の覇権拡大を阻止しようとする、トランプ米政権の「世界戦略」も見え隠れする。経済面だけでなく、両国は軍事面でも対峙(たいじ)しており、その最前線は、南シナ海と台湾、尖閣諸島を含む東シナ海となる。

     台湾国防部(国防省に相当)は7日、米海軍のイージス駆逐艦「マスティン」と「ベンフォールド」が同日、台湾海峡に進入し、東北方向に向かったと発表した。台湾への軍事的圧力を強める中国への牽制(けんせい)といっていい行動だ


     中国の触手は尖閣にも及んでいる。そのゆがんだ野望を感じさせる組織改編が1日、行われた。


     閣周辺の接続水域や領海への侵入を繰り返してきた中国海警局(海警)が、中国共産党の最高軍事指導機関・中央軍事委員会指揮下の人民武装警察部隊(武警)に編入されたのだ。軍事組織に位置づけられた海警は4日、編入後初めて、公船3隻を尖閣周辺の日本領海に侵入させた。


     評論家で軍事ジャーナリストの潮匡人氏は「これまでは、警察の『警』という文字を使って、『これは軍隊ではない』という隠れみのを付けていたが、(尖閣強奪への)本音をさらし出したのだろう。そもそも、中国海軍の船を改装して、海警局の船として利用しているという指摘もあった」と語る。


     組織改編直前、看過できない動きがあった

  • 防衛省によると、中国海軍の病院船が6月29日、尖閣諸島・大正島周辺の領海外側にある接続水域を航行したのだ。海上保安庁の巡視船が無線で呼び掛けるなどして、約1時間後、接続水域の外に出たという。

     この異常行動は、何を意味するのか。

     潮氏は「中国は、有事とは言いにくい『グレーゾーン事態』を狙って、揺さぶりをかけてくる可能性がある。例えば、尖閣諸島に中国人を漂着・上陸させて、『わが人民を保護する』と主張して、五星紅旗(中国国旗)を掲げた病院船を尖閣諸島に横付けさせるつもりではないか。病院船は有事の際、攻撃を受けず、国際法上保護される」と語る。


     習政権が「戦争」も意識しているとみる意見もある。


     評論家の石平氏は「病院船を出してきたのは、この海域で戦争が起きて死傷者が大量に出ることを想定した動きだろう。海警が軍の所属になったことも、尖閣周辺での日本との対峙について、中国が軍事レベルに引き上げたことを意味する。習政権は尖閣戦争を強く意識しているのではないか」と指摘する。


     米中貿易戦争が激化するとの見方から、すでに人民元の急落傾向がみられている。


     石平氏は「中国にとって、米国は最大の輸出相手国であり、米中貿易戦争の激化は中国経済に甚大なダメージを与える。すでに、中国国内では、退役軍人やトラック運転手の抗議デモなど不穏な動きが起きている。内憂外患のなか、習政権は突破口として尖閣有事を仕掛ける可能性がある。尖閣周辺での一連の動きは、米中貿易戦争とは無関係ではないだろう」と語っている。



立憲民主党の姿勢が問われている。「平成30年7月豪雨」の対応をめぐり、蓮舫副代表ら幹部が、5日夜に自民党の懇談会に参加した安倍晋三首相らを批判する一方、同じ日に、立憲民主党議員のパーティーが開かれ、同党幹部がズラリと出席していたことについては、公式に説明していないのだ。夕刊フジの第一報(11日)は大きな反響を呼んだ。今回の豪雨で、地元・大阪などが被災した「国会の爆弾男」こと、日本維新の会の足立康史衆院議員(52)が一刀両断した。

 「災害や被災者を『政争の具』に使う、悪逆非道な振る舞いだ」


 足立氏は開口一番、こう言い切った。


 蓮舫氏は10日、安倍首相らが、「赤坂自民亭」と呼ばれる5日夜の懇談会に参加したことを「責任感が欠如している」などと猛烈に批判した。


 だが、同日夜、立憲民主党の手塚仁雄(よしお)衆院議員(51)が、都内で「手塚よしお政治活動25周年感謝の集い」というパーティーを開いていた。来賓者リストには、何と蓮舫氏をはじめ、枝野幸男代表や菅直人元首相、長妻昭代表代行、辻元清美国対委員長らが名を連ね、ビールなども出ていた。


 夕刊フジは11日、手塚氏を電話で直撃した。同氏の「文書で対応する」との説明を信じ、
(1)気象庁が5日昼、西日本に大雨洪水警報を出したが、党幹部らから日程変更を求められなかったか
(2)パーティーで、西日本豪雨は話題に上ったか
(3)出席者がネットに投稿した画像にはビール瓶が写っているが、ほかにどのような食事が出たか
(4)ネット上の批判をどう思うか-などの質問状を送ったが、手塚氏からは12日朝までに回答はない。



 国会議員として堂々と回答しないのか? 豪雨対応などで多忙なのか?


 足立氏は「5日夜の時点で、(豪雨被害は見通せず)懇談会などを中止すべきだと判断できる状況だったとはいえない」と指摘し、続けた。


 「自分たちに都合の悪いことは説明せず、政権を一方的に批判するのは、立憲民主党の悪しき習性といえる。いつまで政争に明け暮れているつもりなのか。今回ばかりは、私も『被災当事者』の一人として許せない。立憲民主党とは、政治生命をかけて闘う覚悟だ」

安倍晋三首相は11日、岡山県を訪れ、未曾有の被害が出た「平成30年7月豪雨」の被災地を初めて視察。立憲民主党など左派野党は、災害の危険が迫る5日夜に、安倍首相や自民党議員が衆院議員宿舎で懇談会を開いたことを猛烈に批判しているが、実は、立憲民主党の衆院議員も同日夜、枝野幸男代表や、蓮舫副代表らも出席したパーティーを開いていた。ネット上は「ブーメラン直撃」と炎上している。
蓮舫
2018.7.12

 

     
  • 5日の手塚議員のパーティーには枝野氏(左)や蓮舫氏(右)らも参加したという
  • 5日の手塚議員のパーティーには枝野氏(左)や蓮舫氏(右)らも参加したという

     「ライフラインの早期復旧へ、スピード感をもって取り組む。全力で対応する。自治体が安心して復旧に当たれるよう、財政措置を講じる」

     安倍首相は10日、自民党広島県連所属の国会議員と官邸で面会した際、被災地支援策について、こう強調した。11日の岡山視察に続き、広島県や愛媛県も近く訪問する方向だ。

     こうしたなか、他人の批判だけは天下一品といわれる立憲民主党の蓮舫氏は10日、「赤坂自民亭」と呼ばれる5日夜の懇談会に、安倍首相や小野寺五典防衛相ら約50人が参加したことを、「責任感が欠如している。気象庁が警戒を呼び掛けていた夜だ。まさかと思った」と、国会内で記者団に語った。

     政権・与党は常に緊張感を持ち続けるべきであり、批判は当然だ。

     ただ、立憲民主党が災害への危機感を持っていたのか、疑問を感じる事実がある。何と、「赤坂自民亭」と同じ日に、同党の手塚仁雄(よしお)衆院議員(51)=比例東京=が、東京・永田町の憲政記念館で「手塚よしお政治活動25周年感謝の集い」というパーティーを開いていたのだ。



    手塚氏のブログによると、来賓者には、枝野代表や蓮舫氏のほか、長妻昭代表代行、辻元清美国対委員長、野田佳彦前首相や菅直人元首相ら、旧民主党政権をほうふつさせる面々が名を連ねていた。

     出席者がネットにアップした写真には、壇上で挨拶する枝野氏らとともに、多数のビール瓶が写っていた。

     夕刊フジは11日朝、手塚氏を電話で直撃した。

     手塚氏は、5日夜にパーティーを開いた事実を認め、「乾杯用にビールとかは出ていると思う」と話した。ただ、ネット上で疑問・批判が出ていることなどについては、「文書で対応する」として詳細な回答を避けた。

     政治評論家の伊藤達美氏は「まさにブーメランだ。災害発生後に、政府・自民党の対応を批判する野党の理屈は、結果論に過ぎない。前のめりになって、いつものブーメランが直撃する事態になっている。大災害をここぞとばかりに政権批判に利用する姿勢はどうか。ここは与野党が結束して、被災者の救出と復旧、対策などに全力を尽くすべきだ」と話している。
 https://www.sankei.com/west/news/180621/wst1806210019-n1.html )でご紹介したように、昨2017年12月15日に全世界で封切られた米SF映画の金字塔「スター・ウォーズ」(SW)のシリーズ8作目「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(ライアン・ジョンソン監督)で、レジスタンス側の女性整備士、ローズ・ティコを演じたベトナム系米国人女優ケリー・マリー・トランさん(29)が、交流サイトのインスタグラム上で、SW8での彼女の活躍や、その存在を嫌うファンから度重なる中傷や人種差別を受け、自身のインスタグラムの投稿を全て削米ディズニーが自社映画作品で進める、主人公や登場人物の人種・性別の「多様化」に反対する団体の事実上の“犯行宣言”。フェイスブックに投稿された(ヤフー・ムービーズ6月11日付。現在は削除されている)除したことが6月5日に分かったのです。米ディズニーが自社映画作品で進める、主人公や登場人物の人種・性別の「多様化」に反対する団体の事実上の“犯行宣言”。フェイスブックに投稿された(ヤフー・ムービーズ6月11日付。現在は削除されている)

▼【エンタメよもやま話】スター・ウォーズ曇らせる“有毒”ファン シンデレラ女優インスタ閉鎖


 SW8の公開以降、彼女のインスタグラムには映画での彼女の役柄に対する誹謗(ひぼう)中傷や、露骨な人種差別の投稿が相次いだほか、彼女の容姿をバカにする投稿や、SWでの役柄に対してではなく、彼女自身に対する誹謗(ひぼう)中傷も。


 さらに昨年12月には、SWに関するオンライン上の百科事典(SW版ウィキペディア)「ウーキーペディア」で、彼女が演じたローズ・ティコの項目が何者かによって極めて悪質な人種差別的内容に書き換えられたのでした…。


 この一件、欧米では大きな非難の声が挙がり、SW8を執拗(しつよう)に「駄作」と攻撃し続ける一般のSWのファンが白い目で見られています。


 そんな中、この一連のネット上での人種差別的人格攻撃について“俺たちがやった”と事実上の“犯行宣言”を行った団体が現れたのです。というわけで、今回の本コラムでは、SW8に絡む騒動の続報についてご説明いたします。


■“フェミナチ計略”と非難…あの驚異的ヒット作をも攻撃


 この団体、交流サイトのフェイスブックで「ディズニーの(自社)映画シリーズに対する扱いを撲滅(ぼくめつ)する熱狂的なファンたち」と名乗り、2012年にSWシリーズの生みの親、ジョージ・ルーカス監督の映像製作会社「ルーカスフィルム」を傘下に収め、SWを手中に収めた米ウォルト・ディズニーに対し、露骨な敵意をむき出しにします。

そして、ケリー・マリー・トランさん(29)がインスタグラムの投稿を全て削除したことが明らかになってから3日後の6月8日、フェイスブックで、前作のSW7や、シリーズの派生作品「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(2016年)のプロデューサーを務めたハリウッドの大物女性プロデューサー、キャスリーン・ケネディさんについてこう激しく非難します。


 「銀河系の賞金稼ぎと、彼らの話し相手であるロボットをフィーチャーするなど、SWの規範の曲解を招く“フェミナチ計略”を追求した」


 さらに「われわれの目的は、SWが“多様性の押しつけ”を逆転させる映画スタジオによってコントロールされるとともに、(ディズニーのように)腐敗した企業が製作していない“同性愛者ではない白人の男性ヒーロー”を(ハリウッド映画に)取り戻すことである」と宣言したのです。


 6月11日付の英紙ガーディアン(電子版)やヤフー・ムービーズなどが報じたのですが、さらに、この団体、ケリー・マリー・トランさんに組織的な差別的投稿を行ったことも認めたのです。


 それだけではありません。メディアの映画評や一般の映画ファンの評価を集計する米映画批評サイト「ロッテントマト」を標的に、SW8だけでなく、先ごろ公開されたハリウッド映画「ブラックパンサー」(ライアン・クルーガー監督)に対しても、故意に評価を下げて投稿する“組織的ネガティブキャンペーン”を行ったと公言したのです。


 米で2月、日本では3月に封切られた「ブラックパンサー」は、「スパイダーマン」や「バットマン」でおなじみ「マーベル・コミック」のヒーロー漫画の実写版で、製作は、こちらもディズニー傘下となった「マーベル・スタジオ」が手がけました。


 アフリカの秘境にある架空の小国を舞台に、特殊能力を持つ黒人のヒーローが大活躍する物語で、監督をはじめ、製作スタッフも出演者も大半が黒人。無論、物語も黒人社会からの黒人目線で描かれたにも関わらず、北米で史上最高の興行収入を記録するなど、欧米では驚異的なヒットになりました。


 この団体はそれが気に食わなかったようで、ネガティブキャンペーンに走ったのでした。
また、この団体かどうか定かではないですが、お笑い俳優ダン・エイクロイドらが出演し、全世界で爆発ヒットした1984年のハリウッド映画「ゴーストバスターズ」のリブート作品「ゴーストバスターズ」(2016年)でも、同じ「ロッテントマト」を標的に、故意に評価を下げる組織的なネガキャンが展開されました。


 なぜか。オリジナルと違い、幽霊退治に乗り出すゴースバスターズの4人は全員女性。さらに、うち1人は黒人のレスリー・ジョーンズさんだったからです。実際、ネット上ではジョーンズさんへの人種差別や誹謗中傷も目立ちました。


 ここまで読めばお分かりかと思いますが、SW8を何だかんだと屁理屈をこねて、執拗(しつよう)に非難する連中は、結局のところ、SW8がアジア人や黒人といった“非白人”と女性が大活躍する作風だったことがいたく気に入らなかったのです。


 前々回の本コラムでもご紹介したように、SW7で、シリーズ初の女性主人公レイを演じた英女優デイジー・リドリーさんも、2016年8月、米での拳銃乱射事件といった“銃の暴力”の被害者を支援する投稿が執拗な攻撃を受け、一時期、自身のインスタグラムのアカウントを削除しました。これも彼女がSWで活躍する初の女性だったからです。ちなみにキャスリーン・スミスさんも女性…。


 それにしてもガッカリですね。前述したような事柄に腹を立て、SW8などで組織的なネガティブキャンペーンが成立してしまうとは…。


 そして、こうしたキャンペーンが成立するということは、非白人や女性が活躍する“多様性”を認める社会を望んでいない層が実は想像以上に多く存在するということの証明のような気がします。だからトランプ大統領(保守・共和党)が大方の予想を裏切って当選したとも言えるわけですが、77年の1作目から一貫して宇宙への憧れや自由への渇望、より良き師弟関係のあり方を大スケールで描いたSWが、いつの間にか、新しい価値観や、新たに変わろうとする事を認めない内向きの超保守的な映画ファンを生み出す土壌を作り出していたことに、ダイハードなSWファンとして悲しい気持ちになりました。そして「ロッテントマト」のような映画評のサイトの評価も全く信用できなくなりました…。   (岡田敏一)


【岡田敏一のロック講座】白人ブルース・ギタリスト最高峰…エリック・クラプトン波乱の人生を語る 7月28日「ブルースの源流に向かう旅」


 名実ともに白人ブルースギタリストの最高峰と言われる英のエリック・クラプトン。1963年からプロ活動を始め、ヤードバーズやクリームといった英バンドで名演を披露。とりわけクリーム時代の激しいギターソロには多くの人々が衝撃を受け“ギターの神様”と呼ばれました。


 70年代になるとソロ活動を本格化させ、米南部のアーシーなサウンドを標榜(ひょうぼう)。同時に米の黒人ルーツ音楽、ブルースの“伝道者”として名声を高めます。いぶし銀のようなブルースギターは日に日に、磨きがかかります。


 その一方、アルコールや違法薬物におぼれるなど、波瀾万丈(はらんばんじょう)な私生活を送ったほか、大の日本通としての顔も持っています。


 そんな彼の歩みやロック界における評価・功績、音楽性の特徴などについて、音楽誌「レコード・コレクターズ」( http://musicmagazine.jp/rc/ )の常連執筆者で、産経新聞文化部の岡田敏一編集委員が解説します。


     ◇


 ■時と場所: 7月28日(土)午後2時~3時半、サンケイカンファレンス大阪桜橋(西梅田)


(大阪市北区曽根崎新地1-4-12 桜橋プラザビル9階 http://www.sankeiconference.com/sakurabashi/ )


 ■参加費: 3000円


 ■問い合わせ・申し込み: ウェーブ産経(電)06・6633・9087(平日の午前10時~午後5時 http://wave.sankei-kansai.com/ )



・・・
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
2 3 4 6
10 11 13 14
16 17 18 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
ふるさと納税
旅に出よう
最新TB
プロフィール
HN:
sansiro
性別:
非公開
ブログ内検索
バーコード
忍者アナライズ
カウンター
アクセス解析
暮らし健康ネット館
暮らし健康ネット館 キッチン・日用品・食品・洗濯用品・浴用品何でも揃います! http://www.rakuten.co.jp/kurashikenkou/ http://www.rakuten.co.jp/kurashikenkou/
ping
currentBlogList
currentBlogList
新着記事
忍者ブログ [PR]