忍者ブログ
日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the
大韓航空を中核とする財閥、韓進グループを率いる趙亮鎬会長は5日、海外口座の未申告や横領、背任などの容疑で検察が請求した逮捕状の発付の是非について審査を受けるため、ソウル南部地裁に出頭した。趙会長は、大韓機内で乗務員のナッツの出し方に怒り離陸を遅らせた事件で「ナッツ姫」と呼ばれた趙顕娥・前大韓航空副社長の父親。

 趙会長は5日、詰め掛けた報道陣の質問には一切答えず、地裁に入った。審査は6日未明までかかる可能性がある。韓国メディアによると、趙会長は容疑の大部分を否認している。


 報道によると、趙会長は海外の金融口座に韓国国税当局への申告義務がある10億ウォン(約1億円)超を保有しながら、申告しなかった疑いが持たれている。また、顕娥氏の「ナッツ事件」の裁判を巡る弁護士費用を会社に負担させた容疑などもある。


 趙会長はグループ創業者である父(故人)の海外保有資産を譲り受けた際に申告せず、相続税を脱税した疑いも持たれているが、検察はさらに捜査が必要だとして今回の逮捕状の容疑には含めなかった。(共同)

PR

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今週初めから、相次いで公式日程をキャンセルしたことが波紋を広げている。「疲労からくる風邪のため、休暇を取った」とされているが、朝鮮半島情勢が注目されるなか、同盟国である米国のジェームズ・マティス国防長官との会談まで中止となったのは尋常ではない。政界では、文氏の健康状態について深刻ではないかとの分析・憶測も流れている。

 《4日間公式席上に姿を見せない文大統領、何があった?》(中央日報、28日)


 《米国防長官との会談も中止、心配される文大統領の健康状態》(朝鮮日報、28日)


 文氏について、韓国メディアはこう報じている。


 中央日報の記事では、文氏が27日、モムサル風邪(=疲れによる風邪)で週末までのすべての日程を取り消したと報じた。青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は同日、「文大統領がロシア訪問など過密スケジュールと累積した疲労により、モムサル風邪をひいた」と説明し、29日までの日程が中止、延期になったことを明らかにした。


 文氏は先週、ロシアを訪問し、22日にはウラジーミル・プーチン大統領と首脳会談を行っている。朝鮮日報によると、文氏は24日にロシアから帰国して以降、公式のスケジュールをこなしておらず、25日に予定されていた首席・補佐官会議は開催されず、翌日に釜山で開かれた26日の朝鮮戦争関連行事についても、天候悪化を理由に参加を取りやめた。


27日には、サッカーW杯ロシア大会で、韓国が、前回優勝のドイツを相手に歴史的な勝利を挙げたにもかかわらず、文氏のメッセージは発表されなかった。28日に予定していたマティス氏との会談も中止となった。


 北朝鮮情勢が激動するなか、米国防長官との会談までキャンセルするのはただごとではない。


 朝鮮日報は、政界に「経済や北朝鮮問題など国内外で至急の懸案が山積している中、1週間も公式スケジュールをこなしていないということは、文大統領の健康状態が思ったより深刻なのではないか」との憶測が流れていると伝えている。


 


細野豪志元環境相(46)=衆院静岡5区、無所属=の「裏金疑惑」がくすぶっている。都内の証券会社が、親会社の自然エネルギー開発会社から得た増資資金の一部を提供した疑いがあり、証券取引等監視委員会(SESC)などが調査を続けているのだ。永田町で流れる「旧民主党政権幹部が本丸では」との衝撃情報。「モナ男」の政治生命は大丈夫なのか。夕刊フジでは元同僚らを直撃した。

記者団の質問に答える細野氏。たった8分間では説明責任は果たされていない=28日、国会記者団の質問に答える細野氏。たった8分間では説明責任は果たされていない=28日、国会

 「(昨年10月の)選挙後に(所属していた)希望の党の運営に使う可能性に備えて、個人の判断で借りた」「自分も(同党の)他の候補者も選挙資金には使っていない」


 細野氏は28日、国会内で記者団にこう答えた。たった8分間の対応だった。


 公職選挙法では、選挙資金だった場合、借入金でも選挙運動費用収支報告書への記載義務がある。細野氏側は「個人的な借入金」と説明しており、今年4月になって資産報告書を訂正し、借入金として5000万円を記載、同月9日に全額返金したという。つまり、違法性を否定している。


 ただ、証券会社が5000万円を貸したのは、昨年10月の衆院選投開票の3日前。直前に、親会社の自然エネルギー開発会社から約2億5000万円の増資資金を得ており、その一部が細野氏へ渡ったとみられている。細野氏は当初、利子の一部も払っていなかった。


 この開発会社は、投資募集会社に依頼し、バイオマス発電や太陽光発電の事業目的で資金集めをしていた。SESCでは、開発会社が別の目的に使った疑いがあるとみて、資金の流れや使途の解明を進めている。


この疑惑については、永田町ではさまざまな情報が飛び交っている。


 旧民進党関係者は「問題の証券会社には、旧民主党の元国会議員が名を連ねている。資金の流れが明らかになれば、疑惑は拡大する恐れがある旧民主党政権幹部が本丸ではないかという情報もある」と語る。





 細野氏と同じ、希望の党の結党メンバーで、元東京地検特捜部副部長でもある若狭勝弁護士も直撃した。希望の党は「隠蔽ゼロ」を掲げていた。


 若狭氏は「本来は、金融機関から借りるべきだ。正当な手続きを踏んでいなければ『何か裏事情があるのでは』と疑念を持たれる恐れがある。そうした『負の作用』を生みかねないため、私は個人的な借り入れで対応することは反対だ。私からは『説明責任を果たしてほしい』としか言えない」と語っている。


 




韓国の現代(ヒュンダイ)自動車グループの乗用車3車種が、米国の自動車購入者を対象にした新車の品質に関する満足度調査で1~3位を占めた。韓国のマスコミは“大はしゃぎ”だ。

 しかし、韓国の証券会社は、現代自の2018年4~6月期の営業利益を前年同期比32・9%減と予測し、「満足度調査で1~3位」という好材料にもかかわらず、「買い」を勧めていない。何だか、おかしい。


 現代自グループの乗用車(=ブランド名では『ジェネシス』『ヒョンデ』『キア』)が米国の購入者の満足度調査で上位を占めたのは今回が初めてではない。


 14年の同じ調査でも、ポルシェやジャガーといった高級車種を除く一般ブランドでは、ヒョンデ1位、キア2位だった。15年はキア1位、ヒョンデ2位。


 16年は高級車種も含めた全ブランドの中で、キア1位、ヒョンデ3位になり、中央日報(16年6月24日)は「ベンツ・BMWの品質上回った…格が変わった現代・起亜車」との大見出しを打った(=満足度が品質にすり替わった)。


 17年は現代自の高級バージョンであるジェネシスが1位になった。これを取り上げた中央日報(17年6月23日)社説の見出しは「ポルシェを抜いた現代自と、東芝を買収したSK(=韓国の財閥)に拍手を」。脇道にそれるが、この時点で韓国人の脳内は、SKが東芝を買収したことになっていたとも言える


 そして、18年の「1~3位独占」だ。韓国経済新聞(18年6月21日)は「『品質経営』の結実」との見出しで、現代自グループの品質改善への取り組み姿勢を絶賛した。朝鮮日報(18年6月22日)も「世界的なブランドに成長した現代自動車」と大いに持ち上げた。


では、米国での韓国車のシェアは大幅に伸びたのか。


 13年は8・1%だった。17年は7・4%まで落ちたが、18年1~5月は8・6%。


 一時は落ちたが、また盛り返しているように見えるが、実は18年4月からGMが月間販売数を公表しなくなったため、シェアを計る分母が変わっている。GMの国内シェアは17%程度あるから、この影響は大きい。GM分を含む18年1~3月の現代自グループのシェアは7・7%だった(=シェアの数値はMARKLINESより)。


 素晴らしい調査結果の連続にもかかわらず、現代自グループの対米販売は低迷を続けているのだ。


 そもそも、この満足度調査は、新車のさまざまな評価ポイントを科学的に比較した結果ではない。ある車種を買った人物の主観をまとめたに過ぎないだから、「こんなに安い車なのに、マアマアではないか」と思う人がたくさんいれば、その車種に対する満足度は高まるのだ。

–– ADVERTISEMENT ––


 しかし、多くの韓国人は、そうは思うまい。


 愛国心の強い韓国に日本で売れないのは、安倍晋三政権が韓国車を差別的に扱っているからだ」と話を転がしていくことだろう人なら「わが国の乗用車の品質は世界一だ」「それは米国人が認めている事実だ」と状況を把握し、次は「それなのに日本で売れないのは、安倍晋三政権が韓国車を差別的に扱っているからだ」と話を転がしていくことだろう。





サッカーW杯で前回王者のドイツを相手に歴史的勝利を挙げた韓国だが、「反則大国」としても不名誉な歴史を刻んでしまった。現時点で、韓国のイエローカード数、ファウル数は出場32チーム中最多となっている。反則の目立つ韓国に対しては批判の声も上がっていたが、最後まで改められることはなかった。



 《太極戦士、世界最強ドイツに完勝》


 《私たちはあなたたちが誇らしい》


 ドイツ戦終了後、韓国メディアのサイトには、韓国の勝利に狂喜乱舞する見出しが並んだ。決勝トーナメント出場こそならなかったが、前回大会で優勝し、FIFA(国際サッカー連盟)ランキング1位のドイツに2-0で勝利したのだから、無理はない。


 だが、フェアプレー精神が尊ばれるなかで、韓国サッカーは極めて異質だ。ドイツ戦でのファウル数は16に上り、4枚のイエローカードを乱発したのだ。ドイツのファウル数7、イエローカード0と比べると、悪質性は際立っている。


 韓国の反則の多さは大会を通じて問題となっていた。2戦目のメキシコ戦では、ファウル数24、イエローカード4枚を記録。メキシコのオソリオ監督が試合後、「審判の判定については話したくないが、韓国のファウルは24回もあった。予防措置が取られることを願っている」と不満を漏らしたほどだった。


 韓国のラフプレーは最後まで改善されず、1次リーグ3試合合計でファウル数は63、イエローカードは10枚に上り、現時点で出場32チームの中で最も多い。まだ3戦目を控えるチームはあるが、ファウル数で30以上の差があり、韓国が「反則王者」として歴史に名を残す可能性は高い。


 せっかくの大金星も台無しだ



  • ドイツに勝って名を残した韓国だが、反則数も記録的だった(AP)ドイツに勝って名を残した韓国だが、反則数も記録的だった(AP
・・・
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
2 3 4 6
10 11 13 14
16 17 18 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
ふるさと納税
旅に出よう
最新TB
プロフィール
HN:
sansiro
性別:
非公開
ブログ内検索
バーコード
忍者アナライズ
カウンター
アクセス解析
暮らし健康ネット館
暮らし健康ネット館 キッチン・日用品・食品・洗濯用品・浴用品何でも揃います! http://www.rakuten.co.jp/kurashikenkou/ http://www.rakuten.co.jp/kurashikenkou/
ping
currentBlogList
currentBlogList
新着記事
忍者ブログ [PR]