忍者ブログ

時代を見通す日本の基礎情報

日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the

ここまで無能とは呆れる韓国大統領。。北朝鮮が平昌五輪を“人質”に文在寅政権を揺さぶり

ソウル=桜井紀雄】北朝鮮が来年2月開催の平昌五輪の出場枠を獲得したフィギュアスケートのペアについて、期限までに出場の意思を示さなかったと韓国メディアなどが1日までに報じた北朝鮮が11月29日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射したことで欧州で五輪参加を危ぶむ声も広がっており、北朝鮮に五輪参加を求めてきた文在寅政権の“対話構想”も暗礁に乗り上げている。


 北朝鮮は9月、リョム・テオク、キム・ジュシク組五輪競技で唯一の出場枠を得たが、10月末の期限までに国際スケート連盟(ISU)出場通知をしなかったという。米メディアは、日本に出場権が移る見通しだと伝えた。


 文大統領は対話の足掛かりにと、北朝鮮に一貫して五輪参加を求めてきた。だが、今回のICBM発射が冷や水を浴びせた。


 文氏は、トランプ米大統領が11月30日の電話会談で、五輪への高官級の代表団派遣を表明したのに謝意を示し、「各国に安全な大会との確信を与えるだろう」と述べた。一方で、29日の国家安全保障会議(NSC)では「米国が先制攻撃を念頭に置くような事態は防がなければならない」との懸念も示していた


 米国がこれ以上、対北強硬に傾くことを文氏が警戒するのは、北朝鮮の五輪参加が頓挫するとの危惧があるためだと指摘される政府や与党内からは来年3月のパラリンピック開催期間にぶつかる米韓軍事演習を中止または先送りすべきだとの声まで上がっている。


 金正恩朝鮮労働党委員長はスポーツ強国建設」を掲げており、五輪はまたとない国威発揚の舞台のはずだ。ただ、参加の可否を明らかにしないことで、韓国が対北圧力に及び腰になり、日米との足並みが乱れれば、思うつぼでもある。


 国際オリンピック委員会(IOC)は、北朝鮮にワイルドカード(推薦枠)を与えることを検討しており、五輪出場の道は残されている。同時にまた、北朝鮮が参加の意思について沈黙を守ることで、五輪を“人質”に、米韓の出方をうかがう状況は続きそうだ。

PR