忍者ブログ

時代を見通す日本の基礎情報

日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the

北朝鮮外務省、米韓の合同軍事演習をけん制

 北朝鮮の外務省は2日、今月4日から行われるアメリカと韓国の空軍による合同演習について、「アメリカが一触即発の朝鮮半島情勢を爆発へと追い込もうとしている」と非難する声明を発表しました。
 アメリカ軍と韓国軍は4日から5日間の日程で定例の合同演習を行います。ロイター通信などによると、演習には、アメリカ空軍の最新鋭ステルス戦闘機F22など、およそ230機の航空機が投入される予定です。

 北朝鮮に対し圧倒的な航空戦力を見せつける狙いがあるとみられますが、この演習について北朝鮮外務省の報道官が2日、国営メディアを通じて声明を発表しました。声明では、「アメリカは先鋭化した一触即発の朝鮮半島情勢を爆発へと追い込もうとしている」と非難し、「朝鮮半島と全世界が核戦争のるつぼの中に巻き込まれるなら、その責任は全面的にアメリカが負うべきだ」とけん制しています。

 北朝鮮は先月29日に新型のICBM=大陸間弾道ミサイル、「火星15型」の発射実験を行っていますが、米韓両軍の合同演習に反発する形での新たな挑発が懸念されています
PR