忍者ブログ

時代を見通す日本の基礎情報

日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the

大会史上初 400メートルリレーで日本が銅メダル ボルトは途中棄権

男子400メートルリレー決勝で3位になり日の丸を掲げる日本の選手たち=12日、ロンドン(ロイター)男子400メートルリレー決勝で3位になり日の丸を掲げる日本の選手たち=12日、ロンドン(ロイター)


陸上の世界選手権第9日は12日、ロンドンで行われ、男子400メートルリレー決勝で多田修平(関学大)飯塚翔太(ミズノ)桐生祥秀(東洋大)藤光謙司(ゼンリン)の日本は38秒04で3位に入り、大会史上初の銅メダルに輝いた。昨年のリオデジャネイロ五輪銀メダルに続く表彰台で、今大会の日本勢で男女を通じて初のメダル獲得となった



 

  • 大会史上初 400メートルリレーで日本が銅メダル ボルトは途中棄権
  • 大会史上初 400メートルリレーで日本が銅メダル ボルトは途中棄権
  • 大会史上初 400メートルリレーで日本が銅メダル ボルトは途中棄権
  • 大会史上初 400メートルリレーで日本が銅メダル ボルトは途中棄権

ジャマイカは現役最後のレースで第4走者を務めたウサイン・ボルトが脚を痛めてゴールできず、5連覇はならなかった。英国が37秒47で初優勝し、米国が37秒52で2位だった





 


PR