忍者ブログ

時代を見通す日本の基礎情報

日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the

裏金発覚軍用機もヘリも賄賂の材料?

韓国の防衛態勢が揺らいでいる。韓国防衛産業最大手の「韓国航空宇宙産業」(KAI)が、巨額の裏金作りと政官界への賄賂工作などの疑いで7月14日に韓国検察の一斉捜索を受けたのだ。現地メディアによると、KAIは軍用練習機や軍用ヘリコプターの製造原価を実際より高く偽って軍に納品し、差額を裏金にしていた疑いがもたれている。疑惑の背景には朴槿恵(パク・クネ)前大統領や前政権の高官の名も挙がっており、混迷は深まるばかりだ。(岡田敏彦)

 韓国放送局KBSなど地元メディアによると、捜索はソウル中央検察庁の防衛事業捜査部が実施した。慶尚南道(キョンサンナムド)泗川(サチョン)市のKAI本社とソウル事務所を14日に捜索。19日には関連会社5カ所を捜索した。検察が立件へ向け狙いを定めている“第一候補”は、空軍用練習機T-50だという。


フィリピン空軍が運用する韓国のFA-50、T-50の姉妹機だが、たびたび墜落事故を起こしている(ロイター)フィリピン空軍が運用する韓国のFA-50、T-50の姉妹機だが、たびたび墜落事故を起こしている(ロイター)

軍にからむ錬金術


 T-50は、軍用練習機の国産化を望んだもののジェット機の開発経験すらない韓国の実態に即し、韓国側が米ロッキード・マーチン(LM)社に設計と開発を依頼して開発計画が始動した。エンジンを除く機体の製造は韓国が行う形で量産化された。スマートフォンの「アイフォーン」が米アップル社の設計開発で、中国が生産していることを考えれば、軍用航空機の“国際分業”も驚くにあたらない。ただし、米国メーカーの軍事技術が使われているため、輸出には米国の承認が必要という制限が付く


 結局、純国産とは言えない「国産練習機」だが、軍用機関連産業では名門の米LMの設計開発という売り文句が効き、武装を設け軽攻撃機とした派生型(FA-50)がフィリピンやインドネシアなどに採用されている。


輸出を視野に戦車や自走砲など様々な兵器の国産化を目指す韓国にあって、ほぼ唯一の成功作といえなくもない。しかし現地紙の中央日報(電子版)によると、この成功作が不正の舞台になったという。


 韓国検察は、KAIが協力会社からT-50の部品を実際より高い値段で購入し、その見返りに協力会社から「支援金」を受け取り、裏金として秘密の銀行口座にプールしていたとの情報を得たという。


 こうした裏金作りの材料にされたのはT-50だけではなく、ヘリコプター「スリオン」も“錬金術”に利用されたとみられている


欠陥だらけで採用の“怪”


 軍用ヘリ「スリオン」は韓国初の国産ヘリを目指し06年に開発計画がスタート。KAIとS&T重工業という韓国の2社が、仏エアバスヘリコプターの技術移転を得て開発するとされた。つまり部品の作り方をエ社がKAIなどに教えるという契約だったとされる。


 ところが技術移転を受けることと、実際に作れることの間には大きな差があった。ヘリの開発で最も重要な動力伝達装置については、KAIと関連企業の技術力では手にあまり、エアバス社から完成品を購入していたことが判明。14年には現地紙の中央日報が「(韓国)監査院は1兆3千億ウォン(約1300億円)が投入されたヘリコプター国産化事業が事実上失敗したとみて調査に着手した」と報道した


国産という当初の「高い理想」とはかけ離れてしまったが、ヘリの構成要素のなかで最も設計・製造の困難な動力伝達部分を完成品輸入の形で済ませたことで、全体の製造開発は滞りなく終わるはずだった。ところが本当のトラブルは軍への納入後に発生した。


 現地メディアによると、操縦席前方の透明部分(風防=ウインドシールド)が割れる事故が13年2月から16年1月までの間に5回発生。14年8月には、電線にぶつかったときに電線を切断して墜落を防ぐ役割を持つ「ワイヤカッター」と、ヘリのプロペラがぶつかり、エンジンが止まるという信じがたい重大事故が発生した。


 15年初めには空気取り入れ口の防氷装置が故障し、気温の低い高空域を飛行中に空気取り入れ口周辺で結氷が発生し、風圧で崩壊。エンジンが氷を噛んで緊急停止事故や墜落事故を引き起こした。今年7月には機体内部への水漏れも見つかり、韓国監査院が「基本的な飛行の安全性すら確保できないまま運営されている」と、軍用機として絶望的ともいえる評価を下した。



 開発当初は韓国メディアがこぞって「国産の名品」と褒めたたえたスリオンも、実態は不良品だったのだ。こうした欠陥が早くから指摘されながら、スリオンは約60機が製造され、軍に納入、運用された。検察はスリオンでも部品原価の水増しにより約547億ウォン(約55億円)の裏金作りが行われてきた実態を明らかにするとともに、欠陥問題が見逃されてきた理由についてもメスを入れつつある。


フィリピン空軍が運用する韓国のFA-50、T-50の姉妹機だが、たびたび墜落事故を起こしている(ロイター)ィリピン空軍が運用する韓国のFA-50、T-50の姉妹機だが、たびたび墜落事故を起こしている(ロイター)

裏金の行方


 実はKAIに疑惑が浮かんだのは、これが初めてではない。中央日報(電子版)によると、韓国監査院は15年2月に検察に捜査を依頼するとともに、KAIの河成竜(ハン・ヨンソン)社長を含む、KAIの現・元関係者13人を告発していたというのだ。


 この際に提出された資料には、河社長が為替差益11億ウォン(約1億1千万円)を無断で引き出した疑いが記されていたほか、「スリオン」製造をめぐりKAIの職員が親戚(しんせき)の名義でダミー会社をつくるなどして雇用費118億ウォン(約12億円)をだまし取った疑いがあることも記されていたという。


 この報告から、実質的な捜査開始まで実に2年5カ月。この期間、捜査が“塩漬け”だったのは、前政権首脳部の圧力があったからではないかと一部の韓国メディアは注目している。防衛事業を進める立場だったチャン・ミョンジン防衛事業庁長(当時、辞任済み)が、前大統領の朴氏と大学(西江大電子工学科)の同期生だったというのが、その根拠だ。また朴政権がT-50とその武装型(軽攻撃機)「FA-50」の輸出に力を入れていたのが怪しいとの声もある。


 こうした疑惑を解明するため、検察ではチャン氏がスリオンの致命的トラブルを知りながら、欠陥にまつわる違約金支払いなどをKAIが逃れられるよう、不正に擁護していた可能性を調べると共に、金の動きについても分析している。


KAIの裏金疑惑はほかにもあり、韓国通信社の聯合ニュース(電子版)は、KAIが13年から14年にかけて従業員用に購入した商品券のうち、17億ウォン(約1億7千万円)が使途不明であると指摘。この商品券が政官界の大物に渡ったのではないかとの疑惑を指摘している


ちゃぶ台返し


 一方で、こうした動きの背景には、前政権の軍事産業にまつわる不正の「精算」を主張する文在寅(ムン・ジェイン)大統領の意向があると中央日報(電子版)は指摘する。


 同紙によると、文氏は過去に対談集で「安保能力を蚕食(さんしょく)する巨大な不正はすべて海外武器導入不正だ」と主張していたことから、文氏の真の狙いは練習機やヘリではなく、新戦闘機として導入を決めた米国製ステルス機「F-35ライトニング2」にまつわる不正ではないかというのだ。


 この新戦闘機決定をめぐっては米欧の複数の戦闘機が候補にあがり、14年に入札でF-15イーグルの発展型「F-15SEサイレントイーグル」がいったん決まった。ところが韓国の防衛事業庁は直後に入札結果を反故(ほご)にしてF-35を選んだという不可解な経緯がある。また韓国向けF-35の組み立てを任されているのもKAIなのだ。
F-35の選定過程にも不正が見つかれば、韓国は主力戦闘機の選定を白紙からやり直す必要性に迫られそうだ

PR