忍者ブログ

時代を見通す日本の基礎情報

日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the

習氏に釈明行脚?正恩氏、3度目訪中の怪 「米中貿易戦争」で板挟み

TBSグループのオフィシャル通販サイト


http://www.rakuten.co.jp/tbsshopping/







中国・国営メディアは19日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が20日まで、中国を訪問すると報じた。正恩氏が乗ったとみられる専用機は19日午前、北京国際空港に到着した。シンガポールで12日に行われた、ドナルド・トランプ米大統領との米朝首脳会談について、習近平国家主席と協議するとみられる。識者からは「朝鮮半島の完全非核化」を約束させられた、正恩氏の「釈明行脚」との指摘が浮上している。

  • 習近平

 正恩氏は3月に北京、5月に大連を訪れ、習氏と会談している。正恩氏が習氏と会えば、わずか4カ月間に3回の首脳会談を行うことになる。


 訪中の目的だが、「朝鮮半島の非核化」に向けた米朝の高官協議が週内にも始まる予定となっており、対米交渉方針について、中国側と事前に擦り合わせたい狙いがありそうだ。


 北朝鮮の非核化問題に加え、米中が「貿易戦争」に突入したことも、正恩氏の訪中に関係している可能性がある


 トランプ政権は15日、中国による知的財産権侵害に対抗するためとして、計約500億ドル(約5兆5000億円)相当の中国からの輸入品に25%の追加関税を適用すると発表した。中国も翌16日、約500億ドル分の米国産品に25%の追加関税を課すことを明らかにしている。


国際政治学者の藤井厳喜氏は「経済面から始まった『米中対決』のなか、北朝鮮は板挟みになっている。米朝首脳会談の共同声明は『朝鮮半島の非核化』、つまり核放棄を原則認めたということで、事実上、北朝鮮が降伏文書に署名したようなものだ。米国主導の非核化は中国には面白くなく、今回の訪中は、正恩氏が習氏に釈明しにいくという意味があるのではないか」と話す。


 今後、正恩氏はどう行動するのか。


 藤井氏は「米国の要求を聞かないと経済制裁は解除されず、北朝鮮はじり貧になる。基本的には非核化を進めていく可能性が高い。正恩氏が何度も訪中するなど、北朝鮮は中国のメンツを形式的に立ててはいるが、実質、中国は米国に押されている」と分析した。



PR