忍者ブログ

時代を見通す日本の基礎情報

日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the

北の核保有固執は「政権維持のため」 ペトレイアス元CIA長官一問一答

デービッド・ペトレイアス元CIA長官との単独インタビューの一問一答は次の通り。


産経新聞の単独インタビューに応える、元CIA長官デイビッド・H・ペトレイアス氏(元米中央情報局長官)=23日、東京都港区(春名中撮影)産経新聞の単独インタビューに応える、元CIA長官デイビッド・H・ペトレイアス氏(元米中央情報局長官)=23日、東京都港区(春名中撮影

 --北朝鮮への外交的、経済的圧力の効果は


 「経済的、外交的圧力を北朝鮮に加えることによって、北朝鮮が挑発的な形でミサイル、核実験を行うことを一時的にでも思いとどまれば、次に交渉のステップにいくことができる」


 --北朝鮮はなぜ核保有に固執するのか


 「(金正恩朝鮮労働党委員長)自らが政権の座に居続けることと、抑止力をつけるためではないかと思われる。金委員長は南北の統一を考えているわけではないと思う」


 --どう対応するべきか


 「マティス米国防長官は、米国の核戦力の3本柱(大陸間弾道ミサイル、潜水艦発射弾道ミサイル、戦略爆撃機)を改善していくことを明らかにしている。日本、韓国などが、追加的にどのように防衛能力を強化していくのかということを協議することが大切だ」


 --中国による南シナ海などでの現状変更について


 「台頭する中国は米国にとって一番の貿易パートナーであるが、摩擦や考え方の違いが出てきている。その一つが南シナ海の問題だ。米国は周辺国とともに断固たる対応をとるが、挑発ではない形で行うことになる」


 --米国はアフガニスタンでの戦いにどう幕を引くべきなのか


 「アフガニスタンが自ら防衛し、統治できるようにすることが大切だ。(過激派は)パキスタンなどアフガニスタン国外に拠点を作っており、圧力をかけて交渉で解決するということを困難にしている。米国が取り組みを続けることは重要で、短期ではなく10年以上の長期にわたってサポートしていく『持続可能な関与』を支持する」(聞き手 住井亨介)

PR