忍者ブログ

時代を見通す日本の基礎情報

日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the

三重・伊賀に引っ越してきたポニーぽっちゃりで気付かず「予期せぬ出産」

伊賀の里モクモク手づくりファーム(三重県伊賀市西湯舟)に4カ月前にやってきたポニーの「ホップ」16日に赤ちゃんを産み、24日に一般公開が始まった。飼育員によると、おなかに赤ちゃんがいることに誰も気づかず、「予期せぬ出産」に驚いたという。急遽(きゅうきょ)、名前を募集して「いろは」と命名された。「いろは」と命名されたポニーの赤ちゃん(中央)と母親の「ホップ」=三重県伊賀市「いろは」と命名されたポニーの赤ちゃん(中央)と母親の「ホップ」=三重県伊賀市


 母親のホップは5月末、長野県の牧場から同ファーム内の「のんびり学習牧場」にやってきた。その半年前に妊娠したとみられるが、元の牧場の飼育員も気づいていなかった。


 乗馬などが楽しめる学習牧場に仲間入りしてからも、「どのポニーもおなかがぽっこりしており、『ちょっとおなかが大きい子』ぐらいにしか思っていなかった」と飼育員。台風18号が近づいていた16日にメスの赤ちゃんを出産し、「緊急企画」と銘打って同ファームのインターネットサイトで名前を募集した。いろは」は、誕生日にちなんだ「い(1)ろ(6)」に、母親の「ホップ」が植物名であることにちなんで「は(葉)」を合わせた名前という。


いろは」は「動物愛護DAY」の一環で23日夕に開かれたイベントで名前の発表とともにお披露目され、子供たちがふれあいを楽しんだ。やさしく背中をなでていた京都市伏見区の大野稜空(りく)君(5)は「ほわほわしてかわいい」とうれしそうに話した。


 「いろは」は母親の乳ですくすく成長し、体重は18キロに。学習牧場で成長の様子を見ることができる。




PR