忍者ブログ

時代を見通す日本の基礎情報

日本を取り巻くアジア情勢の変化 世界の情報を辛口で伝える情報部ログ 世の中はめまぐるしくかわっていきます その中で取り残されない為の情報をお伝えします Changing Asian situation surrounding Japan Tell the world information by information Department log The world is rapidly mood In order not to lag behind in its informed the

タタリ? “怪現象”に次々見舞われた歴史事件取材

足利義教(右)と赤松満祐(左)のタタリか…

足利義教(右)と赤松満祐(左)のタタリか
関西歴史事件簿」で室町幕府第6代将軍、足利義教が、赤松満祐に殺害された嘉吉の乱を取材した際に起きたちょっぴり因縁めいた話を。京都で義教の墓と殺害現場を撮影後、義教の首塚のある大阪の寺を参拝し、会社へ向っているときのことだった。

 朝から怪しい雲行きだったが、地下鉄の駅まで歩いている途中で降り出した雨がひどく、まるで川の中を歩いているよう。ズボンはびしょぬれで、靴の中も水であふれかえった。

 会社に入る前、数枚のタオルと替えの靴下、スリッパを買い込む予定外の出費となった。

 そして9月12日。幕府軍に追われた満祐が最期を遂げる兵庫の城山(きのやま)城のあった亀山をのぼる。脚力に自信はあったので一番険しいが、目標までの距離が一番短いコースを選んだ。

 だが予定時間を過ぎても着かない。「おかしい」と思い後ろを向くとすでに後戻りできるような状態でなかった。どうやらコースから外れたようだ。このため危険な場所を避けつつ進み何とか到着するも、今度は持病が出て活動はここで中止し、下山した。

 さらに起こる“怪”事件。その極めつけが翌日にあった。手首に巻いていた数珠のひもが切れ、ひとつの玉の中にあった仏の写真が消えていたのだ

 職業柄、非科学的な現象の存在を信じていいのかとも思うが、50歳を過ぎてからというもの、不気味とか不吉といった感覚は次第に薄れている。「こういった因縁とのおつきあいも悪くない」と思っている自分がいるのである

PR